施設警備(商業施設)なので、開館・閉館・巡回・受付・出入管理な...(警備員の本音)

職業 警備員
投稿者名 打たれ強いが必須        投稿日時:2020/02/24 20:28:05
年齢 50歳
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
警備員に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 施設警備(商業施設)なので、開館・閉館・巡回・受付・出入管理などが主な業務内容です。
急病人等の初期対応等も行います。
基本的には「契約」で委託を受けている内容の業務を行えばいいのですが、それ以外にも「委託内容外」の業務も「言われれば」やらざるを得ない状況ではあります。
たいていは「下請け」「下請けの下請け」の契約ですので、立場的には弱いです。
委託してくる企業(依頼主)も「コスト削減」のために「安いところ安いところ」で業務委託契約するので、必然的に現場の警備員への負担は大きく一方賃金面は低水準です。ゆえに、現場で働く警備員の年齢層は必然的に高くなります。
一方で、課せられた仕事の内容は煩雑なので「やってられない」という方も多く、さらに「仕事が覚えきれない」という方も多く定着率は低いままで流動的、そのため現場の警備そのものの水準もなかなか上がらなく、当然、業務委託契約の金額も上昇しないですので、その悪循環で閉塞感すら感じられます。
ですので、どんな仕事業種でも同じかもしれないですが、じぶんで努力して力をつけてより良い環境(待遇・賃金)のところへ移る気でやるのが望ましいと思います。
そうでなければ、悪条件でも現状で満足するしかないです。
この職業のここが良い いいこと…
自分自身で探すしかないですね、いいことは。
「警備『士』」という「サムライ業」だと思って、「腕一本で稼ぐ」くらいの感性で実力を自分自身でつけていくことは可能ですね。
会社が費用負担して「受けてもらいます」という講習や「取得してもらいます」という「資格」も、会社によるとは思いますが「アテ」にならなかったりします。会社に費用負担してもらうと、その分会社に縛りをかけられますし、要は「自分でどうにでも力をつけられる」ということ、ですね。
それ前提に考えると、自分で努力して(警備員としての)力をつけてLVUPしたら、よりよい条件や環境(いろいろな意味で)のところへ移ることも。採用自体は「欠格要項」に該当なければ大体大丈夫ですし。
この職業のここが悪い 「おまえ警備員だろ!」とか「警備員のくせに、何言ってんだ!」とか、まるっきりあたかも「人権すらない」ような扱いを受けがち。一般人は「警備員は特別な権限持っている」くらいに思っているのかもしれない感じです。
商業施設などでは「こっちは客だぞ!」とか、ショップモールなどのテナントのスタッフ(それも「長」のつく立場の方)ですら「恫喝」めいたことも言ってきます。
例ですが
商業施設内で「ご遠慮ください」という行為をしている方へ「ご遠慮下さい」とかなり下から「むしろこちらが申し訳ないくらいの態度で」お声がけしたら、「わかってるわよ!!」と恫喝され(わかっていてやっている=悪意)、そのまま頭を下げて引きさがると、その方は即その商業施設の代表電話へクレーム。「あんな警備員やめさせてしまえ!!」的な内容だったようで、後刻上席より「たしなめ」を受ける…
といったことすらありました。(これ、こちら悪いですか?)
「言い方が悪い」と最後に言われると、すべて「警備員」が悪いことになるように扱われます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人

honne.bizでは、警備員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。警備員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。