急性期・慢性期・回復期リハ、外来リハに従事している。(理学療法士の本音)

職業 理学療法士
投稿者名 さすらいのPT        投稿日時:2014/11/01 15:59:02
年齢 47歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
理学療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 急性期・慢性期・回復期リハ、外来リハに従事している。
この職業のここが良い 運動療法等を実施することにより、患者さんが元気になり、身体機能もよくなる場合があり、充実感を得られる。
医療知識においても医師ほどではないが、かなりのレベルを身につけられる(自己研鑽は必須)。リハビリ仲間と知識の向上が図れる。Goal設定→訓練プログラムを立案・実施できること。
この職業のここが悪い 「名称独占」の枠にはめ込まれていて、誰がやってもリハビリといわれる。(点数は違うが)「業務独占・開業権」がない。海外では理学療法で開業して利益を得ているが、日本では、「医師の指示のもと」の文言の縛りがあり、医師のレベルによって大きく活動が制限される。昨今の医療費抑制・新卒PTの量産により地位は急落してきている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中9人

honne.bizでは、理学療法士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。理学療法士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。