【職種】麻薬取締官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

麻薬取締官の基本情報

仕事内容 麻薬・覚せい剤等の薬物犯罪を取り締まる特別司法警察員
平均年齢※ -
平均年収※ -
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の公務員・政治に関わる仕事

麻薬取締官の仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

麻薬取締官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※麻薬取締官として現在仕事をしている方、もしくは過去に麻薬取締官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
麻薬取締官のここが良い
麻薬取締官のここが悪い
仕事内容の詳細
麻薬取締官に対するあなたの状況

麻薬取締官とは

麻薬取締官(まやくとりしまりかん)は、麻薬取締や薬物の不正ルートの解明などの薬物犯罪の捜査や正規麻薬(医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される麻薬)の不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う厚生労働省の職員である。俗に麻薬Gメン、マトリと呼ばれる。具体的には、厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局(地方厚生支局を含む)に設置されている麻薬取締部(沖縄麻薬取締支所を含む)に配属されている。 麻薬取締官は、麻薬及び向精神薬取締法(以下、麻向法)により、特別司法警察職員としての権限が与えられている。ただし俸給は、公安職でなく、行政職のものが支給され、職務に対する特別手当が付されている。麻薬取締という危険な職務であるため、司法警察員としての職務を遂行する場合に限り、「小型武器での武装」(拳銃・特殊警棒等の携帯)が認められている他、警察官と同様の逮捕術の訓練も受けている。 また、麻向法第58条とあへん法第45条の規定に基づき、麻薬取締官及び麻薬取締員は厚生労働大臣の許可を得て犯罪捜査において違法に流通している麻薬やアヘンを譲り受けるおとり捜査が可能と明記されている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、麻薬取締官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。麻薬取締官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。