【職種】行政書士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

行政書士の基本情報

仕事内容 行政と市民の架け橋となる「街の法律家」
平均年齢※ 37.6歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
行政書士に関連する資格 【資格】行政書士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (24件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.5000 [2.5点]
やりがい 3.6000 [3.6点]
労働時間の短さ 2.8000 [2.8点]
将来性 2.6000 [2.6点]
安定性 2.1000 [2.1点]

その他の法律に関わる仕事

行政書士の仕事の本音一覧

全部で24件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3     次へ>>
投稿者名 水戸納豆        投稿日時:2017/11/18 17:10:55
年齢・性別 42歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 在留ビザ関係
帰化許可
建設業許可
介護事業所指定申請
NPO設立,一般社団法人設立、医療法人設立
離婚協議書、公正証書作成
示談書作成、なんかの契約書等作成
産廃収集運搬許可
相続手続、遺言書作成
などなど。色々やります。
この職業・職種のここが良い 色んなジャンルの仕事があるので、知識が増える。

元々司法書士補助者をしていて、司法書士試験の腕試し的な意味で資格を取得しました。
正直、開業するまでは行政書士ってなにするんだろう?って思ってましたが、今はすごい仕事だと思っています。単なる書類作成ではないです。総合コンサル業務です。

世間では、言われた書類作るだけのように思われていますけど、それぞれの業種の仕事をある程度理解しないと書類が作れません。それだけに色々な仕事の知識が身につきます。

AIの発達で無くなる仕事と書かれていますけど、やれるもんならやってみろと思います。

ある程度の営業力があればメシは普通に食えます。
この職業・職種のここが悪い 書類が難しいため作成の効率が悪い。

司法書士業務と比べて、許認可関係は5倍くらいの労力がかかる気がします。一日で完成する書類がほぼない。

登録者は、社会不適合者が多いので絡むとしんどい。そういう方は大体仕事していません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 わさん        投稿日時:2017/11/16 23:33:04
年齢・性別 43歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 自動車ディーラーさんからの車庫証明
この職業・職種のここが良い ディーラーの営業マンさんから、先生ちょっと教えてあげてきださいと頼りにされる。
時間が経つにつれ、店舗の付き合いから営業マンさんとの付き合いになり、関係が深くなり切っても切れない関係になっていく。
この職業・職種のここが悪い 土曜日日曜日にも電話がある。
休み(土日)でも依頼のFAXはピーピー鳴り、休みなのに気が休まらない。
月曜日休みのディーラーは、日曜日の夕方に書類を取りに行かなければならない。そのため、嫁子供からブーイング
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人
投稿者名 ひろ        投稿日時:2017/11/07 00:57:41
年齢・性別 29歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 色々、何でもやる
この職業・職種のここが良い 私にはこの資格で食えない意味が分からない。他士業と比べて簡単とはいえ合格率一桁の国家資格。行政書士で食えない人は結局他のビジネスでも無理だと思う。そういう人は結局起業そのものが向いてないんだよ。
この職業・職種のここが悪い 忙しい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人
投稿者名 トム        投稿日時:2017/07/07 19:51:33
年齢・性別 40歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 外国人の在留資格(ビザ)申請手続き。
日本に在留する外国人、またはこれから来日しようとする外国人の、入国管理局への申請業務。
この職業・職種のここが良い 世間では、「行政書士は年収300万円以下。」などと言われているが、まったくその通り。
周りを見る限り、ほとんどの行政書士は仕事がなく、「先生ごっこ」をしているだけ。
しかしながら、全体の1割くらい、補助者や使用人を雇っている行政書士は皆稼いでいるように思える。
基本的に労働集約のため3~4人の事務所規模で年商2~3000万円程度は狙える。
逆を言うと、補助者すらいない行政書士は食えていないはず。
自分もやっている外国人関係の仕事は新人も参入しやすく、コミュニケーション能力が高くて独自の人脈を築くことができるなら、仕事に困ることはない。
また、外国人にとって在留資格(ビザ)は人生を左右するものであるため、非常にやりがいがある。
なお、他士業との比較はまったく意味がない。ダブルライセンスは基本不要であり、行政書士業務で稼ぐ方法を探すことが大切。
この職業・職種のここが悪い 虚偽申請に加担させられるリスクがある。
外国人の中には少なからず悪意を持って依頼してくる者がいるため、面談時の聞き取り、確認が重要。
また、労働時間が長くなりがちで、土日もクライアントの対応に追われることが多々ある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中30人
投稿者名 行政書士        投稿日時:2017/03/14 00:09:05
年齢・性別 38歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
行政書士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 相続、離婚など本来弁護士や司法書士がやる仕事を横取りする。
この職業・職種のここが良い 非常に浅い法律知識で法律家と言っている。
この職業・職種のここが悪い 何ら専門職でない。
相続、離婚、会社設立、交通事故など本来弁護士等のみが扱う仕事を違法にこなしてる者が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中6人
投稿者名 ハゲ        投稿日時:2017/02/05 23:22:36
年齢・性別 44歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 農地転用の届出・許可
古物商の許可
建設業の許可
運送業の許可
遺言、遺産分割協議書の作成
この職業・職種のここが良い 簡単な仕事は本当に簡単。
それでいて、報酬が良い。
役所で聞きながら頑張れば、素人でも簡単にできるような書類が多い。
この職業・職種のここが悪い 難しい仕事は、とても難しく、成功の可否や所要時間、条件等が良く分からなくて怖い。
それでいて、失敗したら、とんでもない損害賠償がかかりそう。
行政書士会に支払う会費が高い。
しょせん、マイナーな資格のため、社会的認知が低く評価や報酬も低い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人
投稿者名 マーフィル        投稿日時:2016/11/27 00:04:16
年齢・性別 40歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 社内で行政書士のような仕事をしています。
・契約書作成
・社内規則作成
・社内コンプライアンス教育
・役所対応
この職業・職種のここが良い 私は会社員(総務部勤務)で、開業したことはありません。が、自己啓発の一環で数年前に行政書士資格を取得しました。法律の基礎知識が勉強できたうえに、社内でこの資格を持っているのは私しかおらず、頭が良いと一目置いてもらえるようになりました。その結果、社内の法務的な仕事(各種契約書や就業規則作成等)はすべて私の責任で担当させてもらっています。また、結果として社内評価、収入も上がりました。自分には営業センスがないので、開業は考えられませんが、このまま社内で行政書士的な仕事を続けられたらと思います。サラリーマンで資格取得を目指されるのなら、資格取得がどのような効果があるのかをよく考えてから取得された方がよいと思います。
自分はたまたま所属部署、仕事と資格の関連があったので、ラッキーだったと思いますが、サラリーマンの場合はせっかく資格をとっても無意味になってしまうケースも多いので、気を付けた方が良いかと思います。なお、私は総務部門の責任者として、弁護士、社労士、税理士等を「使う」立場になっています。士業に「なる」のではなく、士業を「使う」というのもなかなかやりがいがありますよ。
この職業・職種のここが悪い サラリーマンをやめてまで開業して、生活できるような資格ではないです。おそらく、100人開業して、世間的な成功とよばれる実績をあげられるのはそのうちの1人いればよいかと思います。私が付き合っている士業の方々を見ていてもそう思います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中6人
投稿者名 自殺したい        投稿日時:2016/09/09 21:16:57
年齢・性別 33歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 社労士の知人からたま〜に細かい契約書だの、細かい手続きだのを頂いている状況。自分で仕事を取るのが難しい。
この職業・職種のここが良い まあ、曲がりなりにも自営業だから色々な意味で自由がある。
この職業・職種のここが悪い 弁護士にも司法書士にも公務員にもなれず、止仕方なくなった。
行政書士という職業は社会的地位も評価も低いし、収入も低い。専門性が低いんだからいっそ、アメリカみたいに弁護士と会計士だけになれば良いと思う。行政書士になる位なら、コネで公務員になった方がはるかにマシ。正直自殺して今の人生を終わらせたい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中8人
投稿者名 3年目        投稿日時:2016/06/05 22:45:53
年齢・性別 36歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 主に在留許可、帰化申請
この職業・職種のここが良い 同業者はコミュ障が多いので、普通のコミュ力があれば結構簡単に食えるラインまでいける。(因みに他士業の方もコミュ障多し)
この職業・職種のここが悪い 正直、山師のような先輩行政書士など、?が付く同業者は多いです。

あとここにも投稿している人が結構いますが、自分の能力のせいではなく、行政書士という資格のせいで稼げない(かった)と思い込み、アンチ行政書士となってネット上で暴れている廃業者がかなりいる。(2chで暴れているのもその類い)
そういう人はどんな資格持っていようが稼げませんから。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:32人中30人
投稿者名 自由主義        投稿日時:2015/07/11 10:57:06
年齢・性別 43歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
行政書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 クライアントの許認可手続が主力業務

農地法の手続

相続や内容証明など少々



固定客(風俗営業法でいうパチンコ店、建設業者など)が無いと、経営が厳しいと思います。

逆に固定客が付くと、事業は軌道に乗るので、どの分野を専門とするかが非常に重要です。

どの業界でもその分野の許認可などに精通することで定期的に仕事が入り、また、関連分野の依頼も入るので、勉強も必要ですが業務は広がっていきます。

以前は税理士・司法書士などからの紹介が多かったのですが、最近は税理士・司法書士などを紹介することも多いです。



独立開業前に、社会人経験があった方が有利です。

(クライアントは事業者なので、何に困っていて何をして欲しいのか、理解しやすい)
この職業・職種のここが良い 自営業が基本なので、全て自分の判断で業務ができる。

税理士や司法書士より話しやすいらしいので、相談が多く感謝される。

専門性が低い為(知識レベルが低くて良いということでは無い)、自分次第で業務範囲が広がる



この職業・職種のここが悪い 他士業よりも問題を起こす人が多いような気がする

仕事が無いという人が多い

どんな仕事をしているのか、一般に認知されていない

税理士資格を持っているだけで、全く分野が違うのに行政書士になれる(司法書士資格者ならまだ解る)

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中15人
1  2  3     次へ>>

行政書士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※行政書士として現在仕事をしている方、もしくは過去に行政書士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
行政書士のここが良い
行政書士のここが悪い
仕事内容の詳細
行政書士に対するあなたの状況

行政書士とは

行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づく国家資格であり、官公署に提出する書類および権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理または代行、作成に伴う相談などに応ずる専門職である。 行政書士法には、平成9年(1997年)に目的規定(1条)が追加され、行政書士制度の目的が明確化された。 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(電磁的記録を含む)及び権利義務・事実証明に関する書類に関して、法律に基づき作成、作成・提出を代理または代行し、加えて、当該書類作成に伴う相談に応ずることを業とする。 行政書士が作成する書類は、簡単な届出書類から複雑な許認可手続きに至るまで多岐にわたり、3000種類に及ぶと言われる。許認可などの申請書・添付書類など行政機関に提出する書類のほかに、契約書など権利義務・事実証明に関する書類を代理人として作成する。また、それらの書類を作成する際の相談にも応じる。代表的な例としては、新車を購入した際の登録手続き、飲食店や建設業を開業する際の許認可手続き、法人設立手続き、外国人の在留資格の更新および変更手続きなどが挙げられる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、行政書士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。行政書士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。