【職種】弁理士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

弁理士の基本情報

仕事内容 特許の出願・申請など手続きの代理人
平均年齢※ 40.9歳
平均年収※ 1000万円以上1200万円未満
弁理士に関連する資格 【資格】弁理士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (14件) 3.2000 [3.2点]
給料 3.6000 [3.6点]
やりがい 3.5000 [3.5点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.9000 [2.9点]
安定性 2.9000 [2.9点]

その他の法律に関わる仕事

弁理士の仕事の本音一覧

全部で14件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2     次へ>>
投稿者名 りょう        投稿日時:2019/09/16 13:34:47
年齢・性別 42歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 外国の仕事のみしているが、外国法の知識が仕事を通じて得られる。周りと比べて給料は低いが残業も少ない。企業がコスト削減で事務所を使わずに外国案件を扱うケースが増えており、品質の高い海外の翻訳会社も増えているので将来性が微妙。
この職業・職種のここが良い デスクワーク中心で黙々と仕事やりたい人や、細かい所に注意が向く人に向いてる。顧客に信頼される分、日ごろ知識の研鑽が必要。
この職業・職種のここが悪い 逆に、周りとワイワイ仕事したい人には向かない。プライド高い人が多くパワハラも多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中0人
投稿者名 さくらこ        投稿日時:2019/08/20 15:04:06
年齢・性別 46歳(女性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 明細書の作成、中間処理など特許事務所の弁理士の一般業務、若手の指導、事務所運営
この職業・職種のここが良い 弁理士になっていなければ、今の年収は稼げていなかったと思います。会社より勤務時間など自由です。
この職業・職種のここが悪い 休みはほぼありません。年中忙しい状態です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中0人
投稿者名 独立開業弁理士        投稿日時:2019/08/08 11:15:25
年齢・性別 36歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 特許庁への手続き代行と海外代理人への指示。
この職業・職種のここが良い 実力主義なので頑張れば頑張った分だけ収入が得られる。
この職業・職種のここが悪い 頑張りすぎると時々とんでもなく忙しくなる時がある。
期限が絶対の業務なので休暇中も仕事を完全に忘れることができない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 社畜        投稿日時:2019/06/20 22:59:47
年齢・性別 40歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 超大手事務所は、薄給激務
この職業・職種のここが良い 付き合い残業が無い
人間関係が楽
この職業・職種のここが悪い クライアントにノーは言えない
発明者の法の不理解に対して、知財部に変わり一々説明しないとだめ
出願件数減少
レッドオーシャン
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中1人
投稿者名 さかもと        投稿日時:2018/10/02 14:40:22
年齢・性別 46歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 特許、商標の権利取得の代理
顧客営業
この職業・職種のここが良い 大手の顧客を獲得できれば、かなり儲かる。若手弁理士を安く雇って使い倒せば、寝てても金が入ってくる。かわいい秘書を雇ってイチャイチャできる。
この職業・職種のここが悪い 新規参入してきた弁理士が不当に安い料金で仕事を受けている。業界全体にとってよくない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中5人
投稿者名 もんどう        投稿日時:2018/01/28 12:59:21
年齢・性別 48歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 国内外の特許出願・中間、異議・無効、鑑定・各種相談、情報提供など
この職業・職種のここが良い 弁理士の良い点/悪い点は勤務形態、勤務先、ポジションにより全く違う。小生は中小事務所勤務、パートナーでは無いけど、管理職・リーダクラスですが、以前の勤務先(大手事務所やメーカーなど)や事務所内でのポジションの違う知り合い弁理士のとの比較で、顧客・仕事の取捨選択権や仕事の進め方、勤務時間など、色々と裁量の幅が多く自由度が一番高いポジションではないかと思います。もっと仕事をこなすとか、パートナーなどの役職を目指すとか、外内中心の事務所などの単価の良い案件の多い事務所に移るなどすれば、給与はもっと上がるけど、やりがい・経験を積む機会、収入、職位に伴う責任・束縛、勤務時間とプライベートの割合等の全体のバランスを考えると、これぐらいが丁度いいかなと思ってます。

その他、事務所勤務全般ですが、実力があれば、事務所間の転職は容易、実質的な定年無しに働ける(というか、職人の世界なので実力あって経験豊富だと年を取るほどに重宝される)
この職業・職種のここが悪い ・一人前になるのに時間がかかる。人により異論はあろうが、10年前後は必要だと思う。
・資格だけでは食えない。あくまでも実力が必要(特に、なんでも幅広くが求められる中小事務所、独立した場合)。
・尊敬は受けるだろうが、大手事務所やメーカーで弁理士というのは、高位の役職に付かない限りあまり無資格者とやってることに差が無く、資格取得の意味が無い
・脳ミソへの負担が重い。経験を積んでベテランになるほど、難易度の高い案件が集まるので厳しいです。
・年中期限に追われるので、先々の予定を立てた上でまとまった休みが取りにくい
・独立した場合や人材に厚みの無い中小事務所だと、自分の仕事を肩代わりしてくれる人が居ないので仕事が集中すると悲惨なことになる。
・事務所によっては薄給激務や売り上げノルマの厳しいところも結構多い。しょせん大手でも事務所は中小企業なので、ブラックなところはとことんブラック。こういうところは何かと組織や制度がしっかりしている上場メーカーで技術者や知財やってるよりも辛いと思う。
・顧客(メーカー知財)に使われる立場なので、顧客が取捨選択できない立場(大手の平所員など)で、モンスター知財担当者にあたると苦労する。
・大手事務所は大手顧客からの値下げ要求や国内出願件数減少でジリ貧傾向のところが多い。仕事がパターン化、マニュアル化できるような単調なものが多いので楽ではあるが、この類の仕事はAI技術との親和性が高いので、将来、AIが進化・普及すれば顧客が内製化して仕事が激減する可能性もありそう。
・実力があれば1000万以上も可能だけど、税負担などの増額で引かれる分や、収入に伴う仕事量・責任の増大も考慮すると、アクセクせずにまったり働きながら700-1000万ぐらいがベストではないかと思う。1000万以上は税負担を考慮すると株で稼いだ方が効率良いと思うし。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人
投稿者名 通りすがり        投稿日時:2017/11/29 19:40:40
年齢・性別 35歳(男性)
年収 1500万円以上2000万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 知財全般に関するコンサル
特許・商標の出願、中間、その他諸々
この職業・職種のここが良い 主に個人プレーなので、できないやつに足をひっぱられることが少ない。
技術・法律・英語・日本語すべてにおいて深い知識が必要なので参入障壁が高い。
この職業・職種のここが悪い 大手事務所で特定企業の特定製品だけ担当している人は楽なもの。
10人未満の事務所だと担当案件の技術分野が多岐におよぶ。妥協せずにこだわり続ければやがてスーパーマンになれるが寝ても覚めても勉強漬け。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中4人
投稿者名 べんりし        投稿日時:2017/07/14 01:31:46
年齢・性別 57歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 典型的なデスクワークです。弁理士でも企業内弁理士、事務所経営弁理士、勤務弁理士、一匹狼弁理士などいろいろいます。
この職業・職種のここが良い 実力次第で稼げる(青天井)。先端研究所の未公開技術についてタダで話が聞ける。他人に気を使う必要があまりない。会議が殆ど無い。自分のペースで仕事ができる。働く時間は基本的に自由。能力が維持できれば事実上定年がない。
この職業・職種のここが悪い 実力がないと露頭に迷う。弁理士は増えすぎで出願は減る方向なので単価は下がる傾向にある。仕事中会話が殆ど無い。「期限」「納期」は絶対なので時間にルーズな人にはムリ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中9人
投稿者名 大石 圭一郎        投稿日時:2017/04/25 19:39:10
年齢・性別 47歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 主は国内出願です。
この職業・職種のここが良い ・私の場合は歩合性です。弁理士も技術者も待遇は基本的に同じです。年齢も関係ありません。つまり、ベテランも新人も年収は実力に応じます。
・仕事場所や仕事時間は自由です。好きな時に起きて、好きな場所で好きな時に仕事して、好きな時に寝ます。自分で決めた仕事量を、自分で決めた期間内にこなせば、自分の時間を昼夜関係なく自由に使えて、好きな場所へ自由に行けます。
・1件を2日で作成して3日目をオフにするのを基本にしています。土日や祭日も休みます。がんばれば12-13件/月で、年収2000も可能ですが、無理せずに6-8件/月でのんびりやっています。
・年収も休みも自由にコントロールできるのは魅力です。
・この仕事ほど自由人な職業人を、私は知りません。
この職業・職種のここが悪い ・深く集中します。脳内に深くダイブする感覚です。その感覚も楽しいのですが、それゆえか、精神を病む人がいます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中6人
投稿者名 ぷるるん        投稿日時:2017/04/21 23:37:02
年齢・性別 44歳(女性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
弁理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 特許系出願手続、係争、その他知財関連コンサル。
この職業・職種のここが良い ・自分は特許事務所勤務ですが、一人作業が多く、理系の職業の中では時間に融通が利きやすい(研究開発従事等に比べて)。企業知財部だと事情は違うと思います。
・発明者以外知らない最先端技術に接することができる(ほとんど毎回、世界初です。常に最先端。毎回驚き、素晴らしい!)。
・考えられるあらゆる職業の中でも、客層が最も良いと言えるかもしれない(例外なく知的。ハイレベル。低俗で困った人は皆無)。
・常に前向き、ポジティブでいられる。
・基本、やったらやっただけ報われる(ただし実力がある場合)。


この職業・職種のここが悪い 良いところと表裏一体です。
・一人作業が多いので、人と情報のネットワークの中で成長したい人には向かない。引きこもりネクラオタクが多い。
・常に最先端技術なので頭脳負荷が大きい。体調悪い時は本当に苦しい。精神を病む同僚が結構いる。
自分はオフの日は疲れ切ってひたすらアナログな暮らしをしている。
・常に勉強しなければならず、走るか辞めるかしかないプレッシャーを感じる。
・産業の発展の影響をダイレクトに受ける業界なので、少子化で先細り感。値下げ要求&仕事の奪い合いで、労働負荷がきついのに給与は下がり気味。将来的に特許事務所で働くのはあまり良い選択ではないかもしれない。実務をある程度身に着ければ転職自体はまだ容易。事務所によってカラーがあるので、コツコツ実務を着実に身に着けながら、自分に合ったポジションで働くのが良いと思います。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
1  2     次へ>>

弁理士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※弁理士として現在仕事をしている方、もしくは過去に弁理士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
弁理士のここが良い
弁理士のここが悪い
仕事内容の詳細
弁理士に対するあなたの状況

弁理士とは

弁理士(べんりし)とは、知的財産権等に関する業務を行うための国家資格者または国際資格者(欧州特許弁理士などの場合)をいう。 日本の弁理士制度 ドイツの弁理士 ドイツの弁理士(Patentanwalt)は、特許、商標等の専門性の区別がなく、日本と同様すべての業務が可能である。さらに、特許の有効性に関するドイツ特許商標庁の審決に対する訴え(連邦特許裁判所の専属管轄)の訴訟代理権を有するなど日本弁理士に近い権限を有している。ただし、以下の点で日本弁理士と相違する。会員数は約2,300人である。 日本弁理士と違って、民事訴訟の訴訟代理権を有していない。 ドイツでは、Patentanwalt(事務所弁理士)とPatentassessor(企業弁理士)とは称号自体から区別されて、独特の代理人制度を構成している。1994年までは、Patentanwalt を名乗って企業に雇用されることはできなかったが、現在は一定の制限のもとで可能になっている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、弁理士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。弁理士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。