【職種】入国警備官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

入国警備官の基本情報

仕事内容 不法に入国・滞在する外国人を調査し、摘発、送還する仕事
平均年齢※ -
平均年収※ -
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の公務員・政治に関わる仕事

入国警備官の仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

入国警備官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※入国警備官として現在仕事をしている方、もしくは過去に入国警備官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
入国警備官のここが良い
入国警備官のここが悪い
仕事内容の詳細
入国警備官に対するあなたの状況

入国警備官とは

入国警備官(にゅうこくけいびかん)とは、法務省入国管理局に所属する公安職の国家公務員で、不法入国者・不法滞在者の調査、摘発、収容した場合の処遇、送還などを行うことを職務とする。旧・入国管理庁時代の英語庁名 Immigration Agency に由来する I.A. の文字の入った略旭日章を徽章とする。制度の発足した1950年(昭和25年)10月1日から1951年(昭和26年)11月30日までの間は司法警察職員としての権限を持っていた。その後は刑事訴訟法上の司法警察職員ではなくなったが、国家公務員法等では「警察職員」として扱われ、現在に至っている。 法務省の施設等機関である入国者収容所と、地方支分部局である地方入国管理局に配置されている。 霞が関にある法務省入国管理局は、入国管理政策(入国審査・警備政策)の頂点の組織であるが、官職は法務事務官あるいは検察官である。 他官庁からの出向者などごく一部の者を除き、基本的に入国警備官採用試験(難易度は国家公務員III種程度)の合格者の中から任用される。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、入国警備官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。入国警備官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。