【職種】土地家屋調査士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

土地家屋調査士の基本情報

仕事内容 土地・家屋の登記の手続きを行う
平均年齢※ 41.4歳
平均年収※ 800万円以上900万円未満
土地家屋調査士に関連する資格 【資格】土地家屋調査士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (20件) 2.2000 [2.2点]
給料 2.3000 [2.3点]
やりがい 2.1000 [2.1点]
労働時間の短さ 3.0000 [3点]
将来性 1.9000 [1.9点]
安定性 1.8000 [1.8点]

その他の不動産に関する仕事

土地家屋調査士の仕事の本音一覧

全部で20件の投稿があります。(31~40件を表示)
<<前へ   1  2  
<<前へ   1  2  

土地家屋調査士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※土地家屋調査士として現在仕事をしている方、もしくは過去に土地家屋調査士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
土地家屋調査士のここが良い
土地家屋調査士のここが悪い
仕事内容の詳細
土地家屋調査士に対するあなたの状況

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)とは、測量及び不動産の表示に関する登記の専門家のことであり、他人の依頼を受けて、土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査して、図面の作成や不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う。業務独占資格の中でも職務上請求書(戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書)の使用が国家から認められている8士業のうちの一つ。土地家屋調査士の徽章は、五三の桐の中央に「測」の文字。 制度の概要 土地家屋調査士法を根拠とし、監督官庁は法務省である。土地家屋調査士となる資格を得るには、法務省の職員として登記事務に関わった経験を基に法務大臣の認定を受けるか、法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格する必要がある。土地家屋調査士となる資格を有する者が土地家屋調査士となるには、事務所を設けようとする地を管轄する都道府県内に設立された「土地家屋調査士会」へ入会して、日本土地家屋調査士会連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録を受けなければならない。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、土地家屋調査士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。土地家屋調査士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。