【職種】社会教育主事が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

社会教育主事の基本情報

仕事内容 教育委員会に籍をおき、公民館や博物館、図書館など社会教育を行う機関への助言や指導を行う。
平均年齢※ -
平均年収※ -
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 -
給料 -
やりがい -
労働時間の短さ -
将来性 -
安定性 -

その他の保育・教育の仕事

社会教育主事の仕事の本音一覧

まだ、投稿がありません。

社会教育主事の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※社会教育主事として現在仕事をしている方、もしくは過去に社会教育主事をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
社会教育主事のここが良い
社会教育主事のここが悪い
仕事内容の詳細
社会教育主事に対するあなたの状況

社会教育主事とは

社会教育主事(しゃかいきょういくしゅじ)は、都道府県及び市町村の教育委員会の事務局に必ず置かれる社会教育の専門職員である(社会教育法第9条の2第1項)。なお、社会教育主事の職務を助ける者として、社会教育主事補を置くことができるとされる(同法第9条の3第2項、第9条の2第2項)。一般的に「社教主事(しゃきょうしゅじ)」と略して呼称される事が多い。 職務 法的性格(根拠) 社会教育主事は、社会教育法第9条2に「都道府県及び市町村の教育委員会の事務局に社会教育主事を置く。」と必置規定されている。その職務については、同法第9条3に「社会教育主事は、社会教育を行う者に専門的、技術的な助言と指導を与える。 但し、命令及び監督をしてはならない。」とされている。 「社会教育を行う者」とは、社会教育施設職員、社会教育関係団体や民間における指導者等である。また、「専門的技術的」とは、地域の社会教育計画、学習計画の作成と必要な教育方法・教育技術に関する知識等、教育に関する見識をその範囲に含むものである。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、社会教育主事の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。社会教育主事の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。