【職種】義肢装具士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

義肢装具士の基本情報

仕事内容 全国にたった5000人。義手・義足づくりの専門家
平均年齢※ 32.4歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
義肢装具士に関連する資格 【資格】義肢装具士<国> 福祉用具専門相談員
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (24件) 2.8000 [2.8点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 4.0000 [4点]
労働時間の短さ 2.3000 [2.3点]
将来性 2.4000 [2.4点]
安定性 2.5000 [2.5点]

その他の医療をサポートする仕事

義肢装具士の仕事の本音一覧

全部で24件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3     次へ>>
投稿者名 Tストラップ        投稿日時:2017/09/29 11:53:00
年齢・性別 41歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
義肢装具士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院の営業と製作
この職業・職種のここが良い あまり苦労しないでも、営業いけばある程度仕事が貰える。
いろんな病院まわるので、運転中はドライブ気分。
まれにやってくる、やりがいを感じる仕事が楽しい。
この職業・職種のここが悪い 病院の拘束時間が長い。ゆえに、帰社後の残業多い。
おいしいのは経営者とその家族や取り巻きたち。
今後ますます既製品適合士になっていくような予感がする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 かい        投稿日時:2017/08/14 22:35:55
年齢・性別 33歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
義肢装具士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 営業、修正、製作など全般を理解して仕事を進めていく。
かいしゃによって分業、半分業など様々な働き方があるが、病院での仕事、営業をメーンに行う。
この職業・職種のここが良い 人と人とのコミニュケーションと、人間関係の構築などただのものづくりとは違う視点、考え方が必要。工夫をする事、チャレンジする事、失敗反省する事、色々な事を改善、より良い物にしたいと言う意欲のある方にはもってこいの仕事。
この職業・職種のここが悪い 様々な医療スタッフ、患者、社員などコミニュケーションが必要なので、板ばさみになりストレスが溜まる方もいる。物の考え方、原理など知識が必要で、ものづくりが苦手な方はより困難な仕事。
この職業はちょっと変わった人が多く、職人の方もいるので色々と難しい事もある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中4人
投稿者名 両足底A-1        投稿日時:2017/08/07 14:56:25
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
義肢装具士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院での採型採寸及び適合、義肢装具の作成
この職業・職種のここが良い 直接患者さんとやり取りするので、たまに感謝される。
この職業・職種のここが悪い 義肢装具士は常にドクター、患者さん、会社の製作作業員からの板挟み状態。患者さんを優先するのが最善なんでしょうが正直難しい。
労働時間は兎に角長いし休み時間は少なく、休日も少ない。一人で決まった時間に決まった場所に行くことが殆どなので有給など取れるはずがない。
営業なので殆どの場合残業代が出ない。
これから義肢装具の需要は減るばかりだし、義肢装具も保険適用の対象ですが立て替え過払いの制度は無くなりませんし、薬など以上に保険会社からお金を縛られる事も多くその対応も大変。
中には給料の良い会社もありますが、多くの会社が個人事業でありまともな条件の所は少ないですし、あったとしても上記の労働環境はほぼ変わりません。
更に転職しようとしても特殊な仕事な為、手に職付けてたとしても他業種に移ることは難しいです。
国家資格を手に入れてなった義肢装具士ですが、大手や公務員が羨ましい。転職出来ることならしたいです。
高卒の友達の方が給料同じでも労働環境はよっぽど良いです。大手に行けた一部の高卒の友達は給料労働環境共に良いです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中6人
投稿者名 たー        投稿日時:2017/06/08 01:03:15
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
義肢装具士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 義肢、装具、車椅子、座位保持装置の採寸、採型、設計、適合。
この職業・職種のここが良い この職業への就職、転職等をお考えの方へ。
軽い気持ちでこの仕事をするならしない方がいいです。
必ず後悔します。
"やりがい"だけで満足できる方ならいいかもしれません。
この職業・職種のここが悪い 業界の雰囲気、方向性、将来性どれを鑑みてもオススメはできません。
まず、雰囲気。これは私の偏見かもしれませんが、まだ医療業界の仲間入りができていません。例えばですが骨折をしました。→病院へ行って医師に診てもらう。看護師に手当てをしてもらう。理学療法士に指導してもらいリハビリをする。→回復へ
医療従事者の義肢装具士としては医師と、看護師、家族と理学療法士と話し合いながら装具を作りフォローするというのが理想ですが、現状は義肢装具士ではなく、装具屋さんというレベルです。この感覚は最近、変わりつつあります。年配の医師や医療スタッフが退職し、装具の有効性が若干認められ始めた証だと思います。

次に方向性について。一応、医療や研究分野では学会なるものがあり何に何度か研究などの発表があります。義肢装具にも学会があり様々な研究の発表などがされています。他業界の学会がどうかは知りませんが、発表者が一緒。発表する事はすごい。尊敬に値しますが、何処か偏りがちどれも自身の技術や能力を自慢するような内容ばかり。業界の発展や革命には及ばないものが多い。有資格者が少なく、コミュニケーションを取るのが下手な人が多い業界ではありますが仕方ないとか言ってられますか?生活がかかってるんですよ?
閉鎖された集落の教祖様の自己満足にしか見えません。

最後に将来性。
これは特に若い世代に向けて。
いずれこの業界は(このままだと)完全に無くなることは無くとも再生医療の波が打ち寄せられ島は小さくなるはずです。
ヨーロッパでは脊髄損傷者の首から上を別の脊髄損傷していない体にくっつけるアンパンマンか!!とツッコミたくなる様な事までまってます。一方義肢装具業界では20年前から全く変わらないものなどザラです。
今のペースでいけば突然、え?明日から装具なんて要らなくね?なんて日が来るかもしれません。

もし義肢装具になったとして義足のお客様がいたとして、再生医療で足が元どおりになるより高くてもこの義足がいいんや!と言ってもらえるものを作れる人になってください。

本当に最後、余談です。
ここまでは仕事、業界の事に関して言いましたが
給与面です。初任給としてはまあまあ今のご時世ではもらえる方やと思います。ただ拘束時間はながいです。残業も結構あります。月100時間以上なんて人もザラにいます。私が在籍していた会社は昇給が恐ろしく少額であまりにも自分の理想将来像と重なる事が出来なかったので別の働き方を選ぶ事にしました。
養成校の大学の講師や教授になり自分の会社を持ってもいいとこ1500から2500が限界ラインです。
このラインに行くには相当のセンスや技術が必要です。
繰り返し作業する事による慣れとかでどーにかなる問題では無いです。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中12人
投稿者名 POPO        投稿日時:2017/05/08 17:36:04
年齢・性別 30歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
義肢装具士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 営業職として採用
社用車を一台与えられているので、朝から夜まで一人で病院を回っています。
朝早いと6時出発、平均して7時半には家を出て仕事先の病院へ向かいます。
病院では義肢装具士として採型、納品、集金といった通常業務プラス医師、コメディカルスタッフへのアプローチ、勉強会など行います。
1日2、3件回るので、間が15分でもあけばお昼ご飯や休憩ができますが、ほとんど休憩もなくご飯が食べられない日も多いです。
病院での仕事が終了後は直帰できず、帰社します。
残務処理には社内メンバーとの打ち合わせ、製作作業、事務作業などがあり、おおよそ1、2時間掛かります。
自宅に戻るのは大体22〜24時頃になります。
(因みに私は通勤時間短縮のため、会社のすぐ近くに引っ越してまし
た。)
病院から勉強会がしたいといってくれた時、信頼を得られたと嬉しく思う反面、残業が増えると考えてしまったりします…

自己研鑽や交流の場として学会参加もしますが、土日開催が多いので、学会シーズンは大変です。
代休、有給はあっても使用できる環境ではありません。

それ以外の日曜祝日は休みなので、旅行に出かけたりできますが、最近は体を休めてゴロゴロ家で過ごすことが多くなりました。
この職業・職種のここが良い 義肢装具士はとにかくコミュニケーション能力が必要です。
物を作る技術も大事ですが、意思疎通の方が重要になることが多々あります。
それらを乗り越えて、『良い義肢/装具』が納品できて患者の良い治療成績を得られた時、生活がより良いものとなった時など、この仕事に誇りを感じます。
この職業・職種のここが悪い 仕事に対するやりがい、自分にしかできな仕事をしているという誇りはありますが、一般的な生活は送れません。
世に聞くブラック会社ほどではありませんが、今の時代に則さない勤務体系です。
体調が悪くても休むことは、簡単ではないです。残念ながら今の状況では、子供を産みたいと思っても仕事をしながら正社員で働くことは難しいです。

また、義肢、装具の多くは健康保険に依存するため、現在の健康保険制度が変わった時には業界全体で売り上げが大きく減少すると考えられます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中11人
投稿者名 KK        投稿日時:2017/05/03 03:52:59
年齢・性別 30歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
義肢装具士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院訪問、採寸・採型。
販売に伴う事務処理、顧客管理。
製造全般。
(養成校での指導)
この職業・職種のここが良い やりがいしかないとも言えますが、患者さんの身体状況を確認して、よりよい生活が送れるように考えて、思った通りの結果が出たときはやはり嬉しいです。
採型~製作~納品まで一貫して行っている場合、自分のスキルや知識のフィードバックが得やすく刺激的です。
既製品のサポーターもたくさんの種類の中からその人のための1枚を選ぶ楽しさがあります。

転職がしやすいです。
特に中途であればなおさら。人材が不足しているため会社側から勧誘がくることも。
給料は下がったとしても復職しやすい安心感はあります。
この職業・職種のここが悪い とにかく労働時間が長い。
月残業は80時間ほど。
夜診もあるため頑張れば帰れるという問題でもなく…昼ご飯も移動中運転しながらとる感じで休憩としてはとれません。もちろん有給もとれません。
業界全体のコンプライアンス意識は低いといえます。

装具代金の請求・集金を自分で行うが、保険の制度上、医療費(=装具費)全額支払いが必要なため高額になってしまいすぐ支払えない方も…。その場合催促が必要になり集金作業に時間をとられます。逃げられると完全に赤字です。
行政や保険会社への見積書作成請求処理、各種保険申請など事務仕事が多く、医療専門職なのになんだか一般事務みたいだなぁと思うことも。
同じ装具でも会社ごとに値段が違ったり、こと「お金」問題についてはこの仕事はグレーゾーン多いです。

従業員のモチベーションに差があります。
有資格者の誇りをもって働く人と、コルセット屋さんに甘んじてしまう人。
後者が頑張ってくれないとこの職業の社会的地位は低いままです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人
投稿者名 u        投稿日時:2017/03/03 21:29:02
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
義肢装具士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 義肢装具全般の製造販売(営業)とそれに伴う事務作業。
メーカーとの商談。
工作機械・ミシンのメンテ、修理、新規購入の算段。
現在中堅のため、上司後輩らのフォロー。
この職業・職種のここが良い ものを作ることが大好きな人間にとってはまったく飽きてこないもの作りの現場。
同じ型式の義肢装具であっても同じものは出来上がらないし同じものになるわけがない。その場その場での最良を目指す仕事。
この職業・職種のここが悪い 個々のモチベーションの方向性の違いと熱量の差。
会社の為に働くのか、自分の為に働くのか、利用者のみなさんの為に働くのか、個々の違いが大き過ぎてまとまりなどは皆無。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 落武者        投稿日時:2017/02/08 19:18:33
年齢・性別 40歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
義肢装具士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 病院回り、製作。
この職業・職種のここが良い 思うように仕上がった時が満足。
職人のほうになれば良かったかも。
この職業・職種のここが悪い まず、社内はセクハラ三昧。

そうでなくても労働時間の長さは主婦を兼ねるのは無理。荷物も思いし、エレベーター使わず階段ってのも多いし体力も要る。
お弁当を作る暇も余力もない上、昼も残業前の夕食も外の物になるので、お金がかかる。給料高くても意味が無い。
合併や分裂を繰り返す業種で、騙し合い状態。
とにかく女性はならないほうがいい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中9人
投稿者名 海月        投稿日時:2017/01/30 16:41:38
年齢・性別 29歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
義肢装具士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 義肢装具の採寸採型、製作および適合。
ときには病院内における勉強会講師。
この職業・職種のここが良い 医学と工学に携わる、やりがいのある仕事です。

病院での仕事は基本医師の処方に基づいて行われるため、義肢装具を必要とされる患者さんがいらっしゃらなければその待ち時間は読書をするなど自由に使えます。

職場によって待遇は大きく違うと思われ、わたしの勤め先では車を1台支給されます。

また今後数年で世の中の仕事の多くをAIやロボットが担うようになるかと思われますが、義肢装具士の仕事はこれらに代替される可能性が低いと考えます。
この職業・職種のここが悪い 他の方も書かれているとおり労働時間は比較的長い傾向にあるかと思います。
有給も取りやすくはないです。
しかしこれらの問題は時代の流れ的にも改善されていくかと考えます。
また勤務先により長所短所はありますので、雇用待遇については問題を回避できるかもしれません。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
投稿者名 ハム        投稿日時:2017/01/05 15:11:42
年齢・性別 28歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
義肢装具士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 採型
採寸
適合
この職業・職種のここが良い 医療、福祉領域を両方支えることができる

患者さんに感謝されること
この職業・職種のここが悪い 周りが勉強しない

ただの御用聞きで終わってるやつが多すぎていらいらする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
1  2  3     次へ>>

義肢装具士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※義肢装具士として現在仕事をしている方、もしくは過去に義肢装具士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
義肢装具士のここが良い
義肢装具士のここが悪い
仕事内容の詳細
義肢装具士に対するあなたの状況

義肢装具士とは

義肢装具士(ぎしそうぐし、英: Prosthetist and Orthotist, PO)は、厚生労働大臣の免許を受けて、義肢装具士の名称を用いて、医師の処方の下に、義肢及び装具の装着部位の採寸・採型、製作及び身体への適合を行うことを業とする者をいう。 義肢装具士の役割 採寸・採型→組立(製作) → 仮合わせ(中間適合) → 仕上げ(完成) → 最終適合(納品)の順序で行われる。また仮合わせ(中間適合)を省略する事もある。 義肢装具士の業務 採寸・採型、製作、身体への適合はもちろんのこと、適合に際して、義肢の場合の不安定さをなくしたり、患者に対するつけたときの恐怖心を取り除くなどの心のケアも含まれる。(医師の指示の下、診療の補助行為として認められている。)また他の医療関連職(医師をはじめとして、看護師、PT、OTなどコ・メディカルスタッフ)と連携を取りチーム医療に貢献する専門職である。 対応する学校 下記の養成校(義肢装具学専攻)や大学学科内の義肢装具コースで専門的知識・技術を修了することで、義肢装具士国家試験への受験資格を得て、試験に合格することで資格取得する。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、義肢装具士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。義肢装具士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。