当時は電気工事会社に従事していました。現場代理人として、...(電気工事士の本音)

職業 電気工事士
投稿者名 電気屋        投稿日時:2017/09/15 12:53:40
年齢 32歳
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
電気工事士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 当時は電気工事会社に従事していました。
現場代理人として、新築工事の原価・安全・品質・工程管理をしていました。

平日
6:00起床(現場事務所で)
7:00現場巡回 作業員が来るので今日の仕事説明
8:00全体朝礼 TBM・RKY 現場での作業指示
10:00他職との打ち合わせ
11:00ゼネコンとの打ち合わせ
12:00昼飯
13:00設計者との打ち合わせ
15:00設計変更箇所の図面描き。見積業務。
16:00終業現場巡視 進捗状況確認
17:00作業員が帰ってくるので終業報告を受ける
18:00ゼネコン・他職と設計変更に関する取り合い調整
22:00取り合い調整箇所の図面修正 これをしないと明日職人が仕事出来なくなる

早ければ24:00
大体26:00
大変だと30:00 業務終了


休日
8:00 停電作業の為、停電操作をする もし間違えたら首が飛ぶ

12:00 昼飯

13:00 現場進捗確認
その間に図面描いたり見積もり作ったり

17:00 復電 試験確認 試運転調整

18:00 自分の現場に戻る

19:00 図面描いたり見積もり作ったり

22:00 休日だから今日は帰ろうと思う。
この職業のここが良い 経験と技術があれば伸し上がっていける。

自分で旗揚げしやすい。
この職業のここが悪い 休日・残業が多い。
停電が必要となる仕事なので避けられない。

中小企業だと給料が上がらない。

会社を興しても、大手サブコンの若手社員にこき使われる。

ミスって電気事故を起こすと被害が甚大。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中4人

honne.bizでは、電気工事士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。電気工事士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。