公立教育相談員(週4日)、公立学校スクールカウンセラー(週1...(臨床心理士の本音)

職業 臨床心理士
投稿者名 教育領域の臨床心理士        投稿日時:2015/05/21 17:58:15
年齢 42歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
臨床心理士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 公立教育相談員(週4日)、公立学校スクールカウンセラー(週1日)、公立看護学校非常勤講師(時間休利用)。



医療機関の常勤心理職は年収300万円~であり、転職すると却って年収が下がる。



それなりの年収を得るためには、平日の夜や土日祝日も仕事をしないと、厳しい…。
この職業のここが良い やりがいがある。
この職業のここが悪い ①専門医と同じ資格更新要件(5年おきに審査があり、そのためには職能団体主催の研修や学会に参加し、所定のポイントを獲得しなければならない)だが、年収や待遇は雲泥の差。(医学生が専門医になるまでのトレーニングと臨床心理士になる為のトレーニングでは比べようもないが…)



②「公認心理師」が国家資格になれば、臨床心理士とダブルホルダーにならざるを得ない。



③公立学校のスクールカウンセラーは、臨床心理士の仕事の中では一二を争うくらい時給が高いが、週に1~3校しか勤務できないし、特別職非常勤職員の扱いなので、「職業」にはなり得ない。臨床経験がまだ浅いのに、時給につられてスクールカウンセラーだけで生計を立てている若者もいるが、スクールカウンセラーしかしたことがない人は、学校現場ではほとんど役に立たない。勤務評価が悪ければ、年度末でクビになる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中25人

honne.bizでは、臨床心理士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。臨床心理士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。