【職種】検察事務官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

検察事務官の基本情報

仕事内容 検察官をサポートし、事件捜査も行う
平均年齢※ 36.8歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (38件) 2.8000 [2.8点]
給料 3.2000 [3.2点]
やりがい 2.6000 [2.6点]
労働時間の短さ 1.9000 [1.9点]
将来性 2.3000 [2.3点]
安定性 4.1000 [4.1点]

その他の法律に関わる仕事

検察事務官の仕事の本音一覧

全部で38件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4     次へ>>
投稿者名 ストレス過多        投稿日時:2016/10/10 10:53:25
年齢・性別 34歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の人と同じ。
この職業・職種のここが良い 元々は警察官志望。
でも、こちらの方が警察官になるよりもたくさんの事件に携われることができる。
この職業・職種のここが悪い まあ、聞いてはいたことだが……
誰かを嵌めて注目して眺めて、面白がっている人たちが、上司や先輩たちに多い。若いのも悪乗りする奴は加わっている。
他人の不幸や失敗を話題にして、「面白いことが起きたぞ」と遠巻きにしながら嘲り笑っている雰囲気が、こちらとしてはかえって腹立たしくなる。
上の連中に、困った奴というよりも、頭も悪く人間性も悪いくせに、態度ばかりでかいのが結構いたりする。
愚痴ばかり喋っている奴や、周囲への当て付けのように仲良い振りをするのも、見ていて不愉快。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中24人
投稿者名 頑張ってください        投稿日時:2016/09/10 10:00:43
年齢・性別 40歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の人と同じ。
私の場合は他庁からきました。
この職業・職種のここが良い 格式が高そう。
聞こえがいいこと。
頭を下げてくる人ばかり。(私なんかは逆にこれがプレッシャ)
この職業・職種のここが悪い 雰囲気が陰湿。これは心の病気になる人が出るわ。
一見当たり障りがない振る舞いをされても、腹で何を考えているんだか。(本音が陰口で出ていたりする)
重苦しい雰囲気。息が詰まる。HEROの職場の明るく軽い雰囲気は完全なウソ。
ネットでよく言われるように、どの部署・場所でも、孤立者の出現を陰で望んでいる節がある。その幼稚な意識に意識が気疲れする。
他人を上から見て、そこから見下すように喋る態度が板に付いた人が多い。(人間性に対する関心はゼロ)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中17人
投稿者名 40代の立会事務官        投稿日時:2016/09/01 05:03:55
年齢・性別 45歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 検事の立会事務官、録音録画の設定や検事が口述する調書の作成で取調べが優先で昼食抜きは日常茶飯事。一回りも下の検事の小間使い。何でも屋。
この職業・職種のここが良い 安定していることのみ。
この職業・職種のここが悪い ピラミッド型の年齢構成で45歳前後にはお先真っ暗。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中18人
投稿者名 主任捜査官        投稿日時:2016/08/11 13:02:36
年齢・性別 51歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 事件管理
この職業・職種のここが良い 安定している
聞こえが良い
二年毎に異動出来る
この職業・職種のここが悪い 検事が上にいるし、所詮、事務官は事務官
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中13人
投稿者名 検察ちょうかつ        投稿日時:2016/07/17 23:37:40
年齢・性別 36歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 事務局
この職業・職種のここが良い 安定以外にない
この職業・職種のここが悪い 次長検事も以前は不倫でやめているし、事務官の幹部も不倫で降格していたが、内部職員は何もしらされない
裏金や空出張も世間に謝罪なし
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中10人
投稿者名 克雄        投稿日時:2016/06/28 21:38:59
年齢・性別 50歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の皆さんとほぼ同じですが,一応,管理職です。
この職業・職種のここが良い 国家公務員なので,収入は安定している。
司法試験を経ないくても,内部の試験に合格すれば検察官(副検事)に任官できる道があり,副検事から検事(特任)に任官できる道もある。
この職業・職種のここが悪い 検察事務官は所詮のところ事務官に過ぎず,ほとんどの事項についで,判断・決定権がなく,不本意な仕事でもそれなりの結果が求められ,事務官として上位のポストに就けば就くほど,ストレスを感じる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中13人
投稿者名 さと        投稿日時:2016/05/26 19:38:52
年齢・性別 43歳(女性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 様々な部署があり、人事や総務などの一般的な業務から捜査公判部門、検務部門など検察庁独自の仕事がある
この職業・職種のここが良い 安定ぐらい
この職業・職種のここが悪い 捜査公判部門の立会となれば、検事とペアで仕事をすることになるが、すべては一緒に働く検事次第
いい歳したオジサンオバサンが若い検事に使われ、出張では荷物持ち、仕事は残業しても終わらないような大量のコピーといったものも多い
仕事内容的にやりがいなどというものは感じられない
いきなりの休日出勤も当たり前である
そのせいか、メンタル面や体を壊す事務官も多い
検察庁に勤めるなら、検事として勤務することをオススメする
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中10人
投稿者名 もへじ        投稿日時:2016/03/31 20:34:45
年齢・性別 40歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の人と同じ
この職業・職種のここが良い 有名な職業になったところ
刑事の仕事に就きたいのであれば悪くはない
若い事務官に常識があったりまともなのが増え始めている兆候がある
40後半から50代の事務官(2005年くらいより前に入庁している事務官)がいなくなれば、かなりよくなるかもしれない
総じてお勧めはしない
この役所に入るならば、他の人の意見を総合して内容を理解してからにしないと、後悔して辞めることになりかねない
批判ばかりされているが、内容は大きく外れてもいないし、確かに経験者が書いたものと言える
この職業・職種のここが悪い パワハラの大殿堂みたいなところ。
職場のいじめが確信的に行われている(無視、必要な情報を伝えない、結婚式には理由をつけて呼ばない、同じように飲み会には誘わない)
ここでしか通用しない常識があり、ある意味でそのことに甘えたような共通意識がある。
男社会の中で、嫉妬や恨み辛みが水面下で渦巻く社会。
実はヒステリックなほど非常に感情的。
自分への批判を逸らすために、他の人が書いているような「職場内の生贄」を犠牲者として必要となる
。ことあるごとに、都合の悪いことはそいつのせいにされる。
隙を見せると他の事務官に付け込まれるため、背中を見せたら刺されるような雰囲気がある。
窮屈で堅苦しく、息が詰まりそう。
暗くて重くて、いかにも「負」の雰囲気がある。(特にどの地検も支部や区検より本庁)
次に生まれ変わったら、ここでは二度と働きたくない。
子供がこの仕事に就くことは絶対に勧められない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:46人中41人
投稿者名 みぃ        投稿日時:2016/03/18 22:56:32
年齢・性別 42歳(女性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 所属によって全く違います。普通の企業と同じように総務や人事もありますので、必ず捜査部に配属されるわけではないです。
この職業・職種のここが良い 安定くらいですか。
この職業・職種のここが悪い 視野が狭くなる気がします。職業柄、仕方ないかも知れないけど、閉鎖的。そのせいか、内部不倫も多いし、デリヘルでバイトしてる噂のある職員もいた。この間も不倫、情報漏えいで二段階降格した職員もいたし、社会の常識が通じないのかな?と思う職員が一定数いる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中29人
投稿者名 擬制者        投稿日時:2016/01/12 18:32:29
年齢・性別 34歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 今までの人と大抵同じ。
今は事務局にいて会計とかの仕事をしているから、普通の民間会社とさほど変わらないよ。

ただ、組織の体質というものが前提となっているから、世間で普通に通用するようなバランス感覚やら常識に従った考え方を失いたくないなら、入庁前に考え直した方がいいかもしれない。
警察官や刑務官志望で、他の職種を考えていないなら、実情は予想を裏切らないかもしれない。
この職業・職種のここが良い 体面が良い。
聞こえが良い。
公務員全般そうだが、縁談の話は来やすい。
給与に関しては下には下がいる。
余り考えなくてもよい。
事務官が考えていることは案外単純。
捜査の仕事自体は、人によっては好きになるかもしれない。それなりにやりがいはある。
中身が伴わないが、警察官よりも立場だけ上。それは正検事様も同様。
「いじわる」という見方はここでは「しっかりしている」に変換される。
この職業・職種のここが悪い とにかく噂で作られた世界観の中で生活する組織。
悪口や噂話はものすごいスピードで広がる。池のエサに群がるコイやフナよりもすごい!!
相手の落ち度やミスは、「さっぱり」という感じではなく、とにかく「ひっぱる」。
言ったもの勝ち。
総じて事務官の性格は悪い。
立場の弱い者には重圧だらけの社会。弱者は底辺の住民に追いやられて、エタ非人のような扱いとなる。ここでは強くて恐い者に道は開かれて、弱い者は大した理由もなく攻撃される。(しゃべり方、靴の履き方、電話の持ち方、歩き方までとやかく言われる)
パワハラは日常茶飯事で、それが発生すると、事務官同士で話はもちきりとなり、遠巻きにして面白がってみている。
女はセクハラを許容したら、そこに便乗したがる男のバカ事務官もいるから、女も大変。特に猥談は当たり前。でも基本は弱い相手から出ない限りは逆らえんよ。思想や発想やら仕事内容からして、もともと女には不向きな職場。
上司に共通するものは…アクの強さ、ダミ声、酒臭い息、事務官でなければ、ただの威張った性格の悪いクソ親父たち。研ぎ澄ますとか、洗練とは正反対。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:44人中41人
1  2  3  4     次へ>>

検察事務官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※検察事務官として現在仕事をしている方、もしくは過去に検察事務官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
検察事務官のここが良い
検察事務官のここが悪い
仕事内容の詳細
検察事務官に対するあなたの状況

検察事務官とは

検察事務官(けんさつじむかん)は、日本の国家公務員(公安職)の官職である。 検察庁法第27条第1項、第2項の法律規約により、検察庁に検察事務官を置く。検察事務官は、二級又は三級とするとされる。 検察事務官の職務義務は、検察庁法第27条第3項で、 と規定されている。 上官の命を受けて検察庁の事務を掌り、検察官を補佐し(検察官一人に最低一人が“副官”として必ず随行する)、又はその指揮を受けて捜査を行うことを職務とする(検察庁法第27条第3項)。 検察庁の事務を行うほか、捜査機関の一として、被疑者の取調べ、令状の請求・執行、取調べや鑑定の嘱託などの基本的な捜査を行うこととなっている(刑事訴訟法第198条第1項、第199条、第210条、第218条、第223条)。 大日本帝国憲法下の奏任官・判任官の名残で、二級と三級の別があり、検察事務官二級となって3年を経過した者は考試の上、副検事となることができる。また、副検事から考試を経て検事(特任検事)になる者もいる。なお、この二級・三級は、俸給(給与)の級とは全く別のものである。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、検察事務官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察事務官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。