【職種】検察事務官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

検察事務官の基本情報

仕事内容 検察官をサポートし、事件捜査も行う
平均年齢※ 36.9歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (41件) 2.8000 [2.8点]
給料 3.2000 [3.2点]
やりがい 2.6000 [2.6点]
労働時間の短さ 2.0000 [2点]
将来性 2.3000 [2.3点]
安定性 4.1000 [4.1点]

その他の法律に関わる仕事

検察事務官の仕事の本音一覧

全部で41件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5     次へ>>
投稿者名 もへじ        投稿日時:2016/03/31 20:34:45
年齢・性別 40歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 他の人と同じ
この職業・職種のここが良い 有名な職業になったところ
刑事の仕事に就きたいのであれば悪くはない
若い事務官に常識があったりまともなのが増え始めている兆候がある
40後半から50代の事務官(2005年くらいより前に入庁している事務官)がいなくなれば、かなりよくなるかもしれない
総じてお勧めはしない
この役所に入るならば、他の人の意見を総合して内容を理解してからにしないと、後悔して辞めることになりかねない
批判ばかりされているが、内容は大きく外れてもいないし、確かに経験者が書いたものと言える
この職業・職種のここが悪い パワハラの大殿堂みたいなところ。
職場のいじめが確信的に行われている(無視、必要な情報を伝えない、結婚式には理由をつけて呼ばない、同じように飲み会には誘わない)
ここでしか通用しない常識があり、ある意味でそのことに甘えたような共通意識がある。
男社会の中で、嫉妬や恨み辛みが水面下で渦巻く社会。
実はヒステリックなほど非常に感情的。
自分への批判を逸らすために、他の人が書いているような「職場内の生贄」を犠牲者として必要となる
。ことあるごとに、都合の悪いことはそいつのせいにされる。
隙を見せると他の事務官に付け込まれるため、背中を見せたら刺されるような雰囲気がある。
窮屈で堅苦しく、息が詰まりそう。
暗くて重くて、いかにも「負」の雰囲気がある。(特にどの地検も支部や区検より本庁)
次に生まれ変わったら、ここでは二度と働きたくない。
子供がこの仕事に就くことは絶対に勧められない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:51人中45人
投稿者名 みぃ        投稿日時:2016/03/18 22:56:32
年齢・性別 42歳(女性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 所属によって全く違います。普通の企業と同じように総務や人事もありますので、必ず捜査部に配属されるわけではないです。
この職業・職種のここが良い 安定くらいですか。
この職業・職種のここが悪い 視野が狭くなる気がします。職業柄、仕方ないかも知れないけど、閉鎖的。そのせいか、内部不倫も多いし、デリヘルでバイトしてる噂のある職員もいた。この間も不倫、情報漏えいで二段階降格した職員もいたし、社会の常識が通じないのかな?と思う職員が一定数いる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中29人
投稿者名 擬制者        投稿日時:2016/01/12 18:32:29
年齢・性別 34歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 今までの人と大抵同じ。
今は事務局にいて会計とかの仕事をしているから、普通の民間会社とさほど変わらないよ。

ただ、組織の体質というものが前提となっているから、世間で普通に通用するようなバランス感覚やら常識に従った考え方を失いたくないなら、入庁前に考え直した方がいいかもしれない。
警察官や刑務官志望で、他の職種を考えていないなら、実情は予想を裏切らないかもしれない。
この職業・職種のここが良い 体面が良い。
聞こえが良い。
公務員全般そうだが、縁談の話は来やすい。
給与に関しては下には下がいる。
余り考えなくてもよい。
事務官が考えていることは案外単純。
捜査の仕事自体は、人によっては好きになるかもしれない。それなりにやりがいはある。
中身が伴わないが、警察官よりも立場だけ上。それは正検事様も同様。
「いじわる」という見方はここでは「しっかりしている」に変換される。
この職業・職種のここが悪い とにかく噂で作られた世界観の中で生活する組織。
悪口や噂話はものすごいスピードで広がる。池のエサに群がるコイやフナよりもすごい!!
相手の落ち度やミスは、「さっぱり」という感じではなく、とにかく「ひっぱる」。
言ったもの勝ち。
総じて事務官の性格は悪い。
立場の弱い者には重圧だらけの社会。弱者は底辺の住民に追いやられて、エタ非人のような扱いとなる。ここでは強くて恐い者に道は開かれて、弱い者は大した理由もなく攻撃される。(しゃべり方、靴の履き方、電話の持ち方、歩き方までとやかく言われる)
パワハラは日常茶飯事で、それが発生すると、事務官同士で話はもちきりとなり、遠巻きにして面白がってみている。
女はセクハラを許容したら、そこに便乗したがる男のバカ事務官もいるから、女も大変。特に猥談は当たり前。でも基本は弱い相手から出ない限りは逆らえんよ。思想や発想やら仕事内容からして、もともと女には不向きな職場。
上司に共通するものは…アクの強さ、ダミ声、酒臭い息、事務官でなければ、ただの威張った性格の悪いクソ親父たち。研ぎ澄ますとか、洗練とは正反対。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:48人中45人
投稿者名 辞め事務官        投稿日時:2016/01/06 02:07:00
年齢・性別 28歳(女性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 事務局、捜査公判など多岐にわたる。
この職業・職種のここが良い ネームバリューが大きく、会社がつぶれることもないので、安定性がある。
この職業・職種のここが悪い 私が働いた期間は、約2年間でしたが、男優遇の会社だと思いました。
同期の男性職員は、事件係や証拠品かかりなど捜査に直結するような部署に対し、女性職員は総務や会計など事務局へ配属されることが多かったように感じます。

また、入庁した日に人事課長から
「うちの会社は、変な奴5割、普通の人3割、良い人二割の割合だから、2割の良い人を見つけて働きなさい。」
と言われたのが衝撃的でした。一週間働いて、ホントにその通りだなと思いましたけど。

威圧的な態度をとる職員や悪口を言う職員が多く、職場に行くのが苦痛でたまりませんでした。
辞めるときは、周りにもったいないと止められましたが、今は辞めてホントに良かったと思っています。
現在は、地方公務員として働いていますが、良い上司と職場に恵まれ、過大なストレスを抱えることなく、仕事ができています。

検察庁の職場の雰囲気はやはり異常だし、職員も性格に難がある人が多いのは、事実だと思います。
転職を考えている人は、早めに行動することをオススメします。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:41人中40人
投稿者名 匿名        投稿日時:2015/12/18 03:39:21
年齢・性別 26歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 デスクワークが主です。
しかし、事件捜査や刑の執行を掌っているため、直接現場に赴いて仕事をすることもあります。
この辺りは他の方々が詳しく書かれていますから、そちらを読んでいただければと思います。

検察官のやったことで事務官が責任を問われると書かれてる方がいますが、取調べに立ち会っている以上、その責任が事務官にも生じるのは当然のことです。
「自分のやったことではないから」などと考えるような責任感のない人間は、検察庁に限らず、公務員はおろか、他人と仕事などやるべきではありません。
この職業・職種のここが良い 検察官を補佐するという役割上、事件の捜査や、公判(裁判)に携わるなど、他では経験できないことを経験することができる。
個人の努力次第でやれることはいくらでもあるのではないでしょうか。
この職業・職種のここが悪い 殊に捜査・公判部門で勤務する場合、治安によって繁忙状況が変わるため、恐ろしく忙しくなることがあります。
人口の多い地域などの検察庁は規模も大きいですが、そういったところの場合、仕事に忙殺されるのが日常になるでしょうし、業務量も膨大です。

当庁ではセクハラなどはみかけていませんが、他ではそういったこともあるため、公務員だからといって、全ての人間がしっかりしているとは思わないほうがいいです。
たまに報道がされるように、犯罪に走ってしまう人も中にはいますから。

異動のスパンが短いです。
慣れてきた頃には別の業務に異動するような感じ。

他の庁ではあるのかもしれませんが、いじめや、高卒採用が威張る状況は私は見たことがありませんし、当庁を見る限り大卒者が少ないとも思いません。
ただ、大卒・高卒で業務内容が変わるわけでもないので、大卒を売りにしたいなら他の職場に行かれたほうがいいのではないでしょうか。
入ってしまえばどちらも同じ事務官です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中17人
投稿者名 時の運        投稿日時:2015/11/07 00:46:48
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 多岐にわたる。
この職業・職種のここが良い 事務局、捜査・公判部門での勤務経験がありますが、仕事内容は多岐にわたるので自分に合ったセクションを見つけやすい。望めば副検事になる道もある。
この職業・職種のここが悪い 50代付近の上司(事務官)にタチの悪い人が多い印象。特に飲み会などでは生の唐辛子やわさびなどが大量に入った料理を大量に注文し、若手に食べさせ、食べきれなければ食べきるまで飲み会参加者全員の意識をその若手に集中させ食べるまで見て楽しむといった幼稚な嫌がらせを行う人間もいる。

また、飲み会ではいない人に対するセクハラは当たり前。

上記の出来事は、全て検事のいない事務局部門で経験したことです。(捜査部門ではそのようなことはなく、司法試験を通るほど優秀で人の感情もよくわかる検事がいるおかげでそんな幼稚なことをする人間がいないのかなと思います。)

被害者の声を犯罪者にとどけ処分を通じて更正させるという仕事に憧れて入庁して3年になりますが、そのような機関にそぐわない人間としてどうなのかと思う人がいたりするので、(どこの会社でもそうでしょうが)見極めはかなり大事です。もちろん、人間として素晴らしい方もいるので一概には言えませんが、それはほとんど30代〜40代いかないくらいの若い人たちです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:26人中24人
投稿者名 事務局仕事はあまり好きじゃない        投稿日時:2015/10/15 21:20:01
年齢・性別 41歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 事件令状係にいます。

今まで、事務局、、企画調査課、検務部門、捜査公判部門と広く経験しています。

事件の受付、記録点検、令状管理、起訴前の刑事事件簿管理、その他各検察官室への連絡・調整。

検察庁の仕事の入口と出口に関する仕事です。
この職業・職種のここが良い 周りの事務官連中が余りに常識がなさ過ぎて、反面、ごく世間の当たり前な対応として警察官などに接していると、ありがたがられている。

刑事法の勉強をすれば、仕事に直結する。

勤め先を他人に堂々といえる。

銀行の住宅ローン審査が容易に通過できる。
この職業・職種のここが悪い 私は、大卒で入りましたが、下に書かれているほどには大卒全員にお勧めできないとまではいいません。それは他の仕事には無いような、副検事などの立場で活躍できるかもしれないからです。

しかし、私の場合もこの検察社会で生活するにはかなりの気苦労を要します。そこには、高卒の方の大卒コンプレックスには配慮した行動を意識せざるを得ない行動があることも私の実感です。

それができない大卒の方がいじめの標的にされることはよく見掛ける光景です。



組織の体質として、孤立したものの登場を好むなどの良くない特徴は、私も感じます。私は辞めようとまでは考えていませんが、そう考える事務官がいるのも分からない話ではありません。それはこの組織の体質が余りに特殊だからです。警察官が内部のいじめで自殺する人がよく新聞に載りますが、検察と基盤を共通した問題なのでしょう。これは、ネガティブキャンペーンなのではなく、刑事関連の職業に就く者の宿命だと考えています。他の職業スキルのない私にとって、今からの後戻りは容易ではありません。

私の場合、「合わないから(検察庁を)悪く言う」とは考えていません。

「非常識な価値判断に従うことやバランスを失わないために内面の葛藤も多くて大変という意味で、検察という職場環境が悪く思われてしまい、辞める決断をする人が出てくる」と考えて見ています。

人によっては耐えられない人もいることでしょう。

女性はとくにそうだと考えます。

ただ、こんな問題意識が内面から湧きもしないほど
感覚が鈍化してしまう人も大勢いるのも事実かと思われます。こうしたものを見るにつけて、明日は我が身とも感じたり、この社会には改革の兆しはないのかとがっかりもします。

就職という大事な選択の機会ですから、上っ面な話ではなく、実質的な内容に対する正しい認識の基にご自身の個性と照らして判断されることが大切です。

現在はこうしたネットが登場して情報がオープンになったことは、とても良いことです。

私が官庁訪問をしたころは、説明会やパンフレットくらいしかありませんでした。これでは組織の中身なんてわかないでしょう。

当時、先輩と接触できればかなり良い方です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:35人中31人
投稿者名 やめ事務官        投稿日時:2015/10/13 20:48:40
年齢・性別 33歳(男性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 捜査公判部門に配属されれば検事の小間使い。

事務局や検務に配属されても、同じ。
この職業・職種のここが良い 安定しているところ。
この職業・職種のここが悪い 結局どんなに年月が経っても検事の手足なのだから、将来性がない。

狭い社会であり、犯罪者や警察以外外部との接点がない。

頑張っても手柄は検事のものになるし、仕事上滅多に評価されることはない。

年功序列の縦社会であり、出る杭は打たれる風潮がある。

当庁の場合、3種の事務官が威張っていることはなかったが、先に入った人の方が明らかに偉いという風潮がある。どんなに頑張っても、入庁日には勝てない。

検察官の上司と検察事務官の上司で意見が異なる場合があり、最初から上席同士で話すればいいじゃんと思う。



自分からアイデアを出して実行するような人には向かないと思う。事務官である以上、仕事に創意工夫は求められていない。裁量は、一切ないと思って良い。

体育会系の部活で先輩から可愛がられていた人は、好きな職場なんじゃないかな。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中13人
投稿者名 匿名        投稿日時:2015/10/02 22:58:05
年齢・性別 40歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 検務部門で執行徴収担当をしています。

裁判が確定すると,懲役なり禁錮なり罰金なりの判決に対して,懲役や禁錮であれば,刑務所に刑の執行指揮の書類を作成し,検事の指揮を受けて刑務所にいる被告人を受刑させます。

罰金であれば納付義務者に説明をし,速やかに納付させるようにします。罰金の納付ができない者にはその身柄を拘束するなどして刑務所の中にある労役場に留置して一定期間労役をさせます。

それ以外にも事務局部門や捜査公判部門や他の検務部門を多数経験しています。

異動のサイクルは大体2年程度で,早いと1年で異動します。基本的には採用された各都道府県にある地方検察庁の管内(県内)も異動ですが,希望が通れば,他の地方検察庁や高等検察庁に異動することも可能です。
この職業・職種のここが良い 捜査部門では,自分自身の正義感に正直でいられることができます。

例え軽微な事件であっても,その裏に隠されたドラマを目にする機会があり,不謹慎ですけど,ワクワクするし,真実にたどり着いた時や,被害者の方から「ありがとう」と言われるととても嬉しく思います。



これまでの投稿で検察事務官を悪く書いている方がいますが,その大半は,その人自身は仕事もできず,コミュニケーションも取れない中途半端な人が多く,すぐに辞めている人が多いですね。どこの社会でも同じでしょうが,自分に合っていないと考えているからこそ悪く言うのであって,そういう人は職業選びのリサーチ能力が低いのではないかと思われます。検察事務官に向いていない人のコメントではないかと思われます。

どんな会社や組織でも,最初から仕事を任される人はなかなかいません。最初は雑用も当然にあることでしょう。それを嫌々やるから,自身の評価が低いのです。

一生懸命にやり,自分の仕事に対する評価を上げていけば,上司から認められるようになり,徐々に難しい仕事も任せてもらえるようになります。

 検察庁の業務で言えば,捜査部門の事務官は,通称,立会事務官と言いますが,その立会事務官1つとっても,最初は窃盗や覚せい剤事件などの簡単な事件を担当する副検事の立会事務官をしますが,力量があがれば,殺人事件などの凶悪犯罪や財政経済事件を担当する検事の立会事務官を任されるようにもなります。徐々に自分の力量が上がれば,自然と難しい仕事を任されるようになるのは,どこの世界でも一緒ではありませんか?
この職業・職種のここが悪い 特に捜査公判部門では,勤務時間の終わりが見えないことが多いです。大きな事件や多数の事件を抱えていると土日休日も返上して仕事をすることがあります。

土日休日に出勤すると振替休暇を取得できますが,結局,次の仕事に忙殺されて,計画通りに休むことはまず難しいです。

捜査公判部門では検察官とペアになり,2人1組で仕事をします。どんな職種でも一緒かもしれませんが,お互いの相性が悪ければ,とても仕事を楽しく感じることができません。検察官も多種多様な人がおり,厳しい方もいれば楽しい方もいます。

お互いに人間ですから,相性が良くなければ非常に苦痛です。その逆に検察官との相性が良いと仕事が何倍もやりがいのあるものに感じます。

検察官と立会事務官は,下手をすると,1日の大半を一緒に過ごすパートナーです。

また,検事の中には,たくさんの仕事を同時に素早くこなせる方もいます。

たくさんの仕事を同時に素早く進めていくので,要領が悪い人や根気がない人には不向きです。

また,手続きや書類の正確性に非常に気をつかうので,ずぼらな人も不向きです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:40人中24人
投稿者名 BKB        投稿日時:2015/09/17 23:24:53
年齢・性別 40歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 捜査〜公判〜裁判の執行

送検書類、公訴書類等の確認点検

裁判所、警察等関係機関との連絡調整
総務会計等の一般事務
この職業・職種のここが良い 準司法機関らしく、法律遵守、法治の意識が極めて強い。

職務遂行上の根拠が刑訴法等で明確なものが多く、対人的にもぶれずに仕事ができる。

色々な事件等を扱うので、何事にも動じない精神力が養われる。悪く言えば麻痺する。

よく働きよく休む。メリハリが比較的はっきりしている。

公安職俸給なので、行政職に比べてやや高給。
この職業・職種のここが悪い 所詮はニッチな業務なので、狭い世間で仕事をすることになる。

検察官主体の官庁なので、事務官によっては責任感、主体感が気薄。

官庁の人的規模が、小さくもないが決して大きくもないので、一度Xのレッテルを貼られるとリスタートするのがなかなか困難。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:28人中9人
<<前へ   1  2  3  4  5     次へ>>

検察事務官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※検察事務官として現在仕事をしている方、もしくは過去に検察事務官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
検察事務官のここが良い
検察事務官のここが悪い
仕事内容の詳細
検察事務官に対するあなたの状況

検察事務官とは

検察事務官(けんさつじむかん)は、日本の国家公務員(公安職)の官職である。 検察庁法第27条第1項、第2項の法律規約により、検察庁に検察事務官を置く。検察事務官は、二級又は三級とするとされる。 検察事務官の職務義務は、検察庁法第27条第3項で、 と規定されている。 上官の命を受けて検察庁の事務を掌り、検察官を補佐し(検察官一人に最低一人が“副官”として必ず随行する)、又はその指揮を受けて捜査を行うことを職務とする(検察庁法第27条第3項)。 検察庁の事務を行うほか、捜査機関の一として、被疑者の取調べ、令状の請求・執行、取調べや鑑定の嘱託などの基本的な捜査を行うこととなっている(刑事訴訟法第198条第1項、第199条、第210条、第218条、第223条)。 大日本帝国憲法下の奏任官・判任官の名残で、二級と三級の別があり、検察事務官二級となって3年を経過した者は考試の上、副検事となることができる。また、副検事から考試を経て検事(特任検事)になる者もいる。なお、この二級・三級は、俸給(給与)の級とは全く別のものである。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、検察事務官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察事務官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。