【職種】検察事務官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

検察事務官の基本情報

仕事内容 検察官をサポートし、事件捜査も行う
平均年齢※ 36.8歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (38件) 2.8000 [2.8点]
給料 3.2000 [3.2点]
やりがい 2.6000 [2.6点]
労働時間の短さ 1.9000 [1.9点]
将来性 2.3000 [2.3点]
安定性 4.1000 [4.1点]

その他の法律に関わる仕事

検察事務官の仕事の本音一覧

全部で38件の投稿があります。(31~38件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  
投稿者名 あき        投稿日時:2013/07/07 16:33:20
年齢・性別 27歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 基本的には、検事のパシりです。その一言です。検事は国家権力の極みで、非常識な人が多いので、かいがいしくその世話を焼いてやらなくてはならないストレスは相当なものです(私は炎天下お弁当を買いに走らされたり、すぐに病院に行かなければならない程度の大怪我をしたのに「取り調べがあるから」と調書を打たされたり(お蔭で傷跡が残りました)、死ぬほど嫌でした。やりがいを求める人にはおすすめしません。
反面やりがいを求めず平穏無事に一生を終えたい人、自分で考えるより人にしたがってサポートする仕事が好きな人、権力が好きな人、あとは結婚している女性(または結婚する予定がある女性)で近々出産を控えている方(楽な事務の部署に回してもらえてその上公安職手当も出ます)にはおすすめです。
優秀な事務官だと法務省への出向もありますが、そこでも検事のパシりです。とにかくパシりです…
この職業・職種のここが良い ・安定している。つぶれない。
・公安職俸給表が適用されるため他の国Ⅱ行政職より給料が高い
・事件の裏側を知ることができたり、検事という普段接することがない人種と接することができたりするのは良い人生経験
この職業・職種のここが悪い ・変人が多い(「偉い」のは検事なのに自分も偉いと勘違いしている馬鹿が多い。特に現場は掃き溜め。)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中12人
投稿者名 みみ        投稿日時:2013/04/29 21:29:13
年齢・性別 40歳(女性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 皆さんと同じ
この職業・職種のここが良い 上記のとうり
この職業・職種のここが悪い 上記のとうり
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中4人
投稿者名 ヤスオ        投稿日時:2012/12/30 01:04:08
年齢・性別 55歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 ただ部下を怒鳴るだけの仕事。
5時過ぎたら酒だけ。
この職業・職種のここが良い よいとこはない。勤務時間に酒を飲みのが当たり前。
この職業・職種のここが悪い 検事の最高パシリ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中8人
投稿者名 みい        投稿日時:2012/02/21 02:30:07
年齢・性別 30歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 「E」さんの内容とほぼ同じ。
この職業・職種のここが良い 検事をどのように使いこなすかにより、やりたいことができる範囲が変わってくる。
給料は、一般職国家公務員よりも一割強程度高い。
いわゆる本省(ここでは「法務省」)に比べたら、拘束時間の短い部署が多い。
この職業・職種のここが悪い 捜査部門であれば非日常が当たり前。
部署や事件の状況によっては数か月休みがないこともある。昼飯を食べ損ねる確率が高い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中11人
投稿者名 E        投稿日時:2011/11/25 22:39:42
年齢・性別 36歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 検事とペアを組んで取り調べ等を行う捜査部門
検事の公判遂行をサポートする公判部門
警察からの事件送致を受け付け、証拠品・裁判記録を管理し、刑の執行手続き等を行う検務部門
総務・人事・会計等の事務局部門
など、さまざまである。
そのうちどれかのみをすれば足るわけではない。
2年サイクルで人事異動が行われ、ほぼアットランダムにいろいろな部門に配属される。
昨日まで捜査をしていた人が今日から給料計算をしているなどということは日常である。
この職業・職種のここが良い 活動がマスコミに取り上げられることが多く、いわゆる「陽のあたる」職業である。
わが国における頭脳集団であるところの「検事」と密着して仕事ををすることで、知らず知らずのうちに自己の総合力もアップしているような気がする。
この職業・職種のここが悪い 「被疑者に人権はあっても検察事務官にはない。」などと、事務官同士で自虐的に話すこともあるほど、超過勤務、休日出勤が多く、食事すらままならないときもある。
また、検事からのオーダーもきついし、被疑者等、いわゆる「尋常でない人間たち」と接しなければならないストレスもある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中27人
投稿者名 さい        投稿日時:2009/10/13 09:54:17
年齢・性別 27歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 おもに検察官のサポート
この職業・職種のここが良い 給料が安定している
この職業・職種のここが悪い 労働時間が長い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中14人
投稿者名 さい        投稿日時:2009/10/13 09:54:12
年齢・性別 27歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 おもに検察官のサポート
この職業・職種のここが良い 給料が安定している
この職業・職種のここが悪い 労働時間が長い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中4人
投稿者名 ねや        投稿日時:2009/06/25 00:09:33
年齢・性別 40歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 検察官の指揮下で働きます。手足から、参謀まで
この職業・職種のここが良い 安定。家族持ちなら比較的収入高い
この職業・職種のここが悪い ストレス過大。 労働時間長く、家庭と両立困難
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中16人
<<前へ   1  2  3  4  

検察事務官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※検察事務官として現在仕事をしている方、もしくは過去に検察事務官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
検察事務官のここが良い
検察事務官のここが悪い
仕事内容の詳細
検察事務官に対するあなたの状況

検察事務官とは

検察事務官(けんさつじむかん)は、日本の国家公務員(公安職)の官職である。 検察庁法第27条第1項、第2項の法律規約により、検察庁に検察事務官を置く。検察事務官は、二級又は三級とするとされる。 検察事務官の職務義務は、検察庁法第27条第3項で、 と規定されている。 上官の命を受けて検察庁の事務を掌り、検察官を補佐し(検察官一人に最低一人が“副官”として必ず随行する)、又はその指揮を受けて捜査を行うことを職務とする(検察庁法第27条第3項)。 検察庁の事務を行うほか、捜査機関の一として、被疑者の取調べ、令状の請求・執行、取調べや鑑定の嘱託などの基本的な捜査を行うこととなっている(刑事訴訟法第198条第1項、第199条、第210条、第218条、第223条)。 大日本帝国憲法下の奏任官・判任官の名残で、二級と三級の別があり、検察事務官二級となって3年を経過した者は考試の上、副検事となることができる。また、副検事から考試を経て検事(特任検事)になる者もいる。なお、この二級・三級は、俸給(給与)の級とは全く別のものである。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、検察事務官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察事務官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。