【職種】検察事務官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

検察事務官の基本情報

仕事内容 検察庁で検察官をサポートする国家公務員
平均年齢※ 36.9歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (62件) 2.9000 [2.9点]
給料 3.2000 [3.2点]
やりがい 2.6000 [2.6点]
労働時間の短さ 2.2000 [2.2点]
将来性 2.3000 [2.3点]
安定性 4.1000 [4.1点]

その他の法律に関わる仕事

検察事務官の仕事の本音一覧

全部で62件の投稿があります。(61~62件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  
投稿者名 さい        投稿日時:2009/10/13 09:54:12
年齢・性別 27歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 おもに検察官のサポート
この職業・職種のここが良い 給料が安定している
この職業・職種のここが悪い 労働時間が長い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中4人
投稿者名 ねや        投稿日時:2009/06/25 00:09:33
年齢・性別 40歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 検察官の指揮下で働きます。手足から、参謀まで
この職業・職種のここが良い 安定。家族持ちなら比較的収入高い
この職業・職種のここが悪い ストレス過大。 労働時間長く、家庭と両立困難
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中17人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  

検察事務官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※検察事務官として現在仕事をしている方、もしくは過去に検察事務官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
検察事務官のここが良い
検察事務官のここが悪い
仕事内容の詳細
検察事務官に対するあなたの状況

検察事務官とは

検察事務官(けんさつじむかん)は、日本の国家公務員(公安職)の官職である。 検察庁法第27条第1項、第2項の法律規約により、検察庁に検察事務官を置く。検察事務官は、二級又は三級とするとされる。 検察事務官の職務義務は、検察庁法第27条第3項で、 と規定されている。 上官の命を受けて検察庁の事務を掌り、検察官を補佐し(検察官一人に最低一人が“副官”として必ず随行する)、又はその指揮を受けて捜査を行うことを職務とする(検察庁法第27条第3項)。 検察庁の事務を行うほか、捜査機関の一として、被疑者の取調べ、令状の請求・執行、取調べや鑑定の嘱託などの基本的な捜査を行うこととなっている(刑事訴訟法第198条第1項、第199条、第210条、第218条、第223条)。 大日本帝国憲法下の奏任官・判任官の名残で、二級と三級の別があり、検察事務官二級となって3年を経過した者は考試の上、副検事となることができる。また、副検事から考試を経て検事(特任検事)になる者もいる。なお、この二級・三級は、俸給(給与)の級とは全く別のものである。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、検察事務官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察事務官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。