【職種】航空整備士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

航空整備士の基本情報

仕事内容 航空機の整備・点検・確認を行う
平均年齢※ 37.8歳
平均年収※ 600万円以上700万円未満
航空整備士に関連する資格 航空整備士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (36件) 3.2000 [3.2点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 4.1000 [4.1点]
労働時間の短さ 3.1000 [3.1点]
将来性 3.0000 [3点]
安定性 2.9000 [2.9点]

その他の航空・航海の仕事

航空整備士の仕事の本音一覧

全部で36件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4     次へ>>
投稿者名 大型機大変隊        投稿日時:2016/11/22 01:31:02
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 エアライン の ライン整備
この職業・職種のここが良い 俺が飛行機を直した✈️という達成感!
この職業・職種のここが悪い 体力的に厳しい
3k
資格を取らないとゴミクズ扱い
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中4人
投稿者名 class1holder        投稿日時:2016/10/29 22:22:35
年齢・性別 40歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ライン整備&ドッグ整備
ラインとドッグでは見る目が異なる。柔軟に対応すべし。
この職業・職種のここが良い 自分のサインオフした飛行機が飛び立つとき、やっててよかったと思います
この職業・職種のここが悪い アブラムシと呼ばれる所以の3K仕事。体力勝負。仕事も勉強も。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
投稿者名         投稿日時:2016/08/27 12:40:11
年齢・性別 29歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ライン整備士
この職業・職種のここが良い やりがい半端ない。
最近給料見直しかかってこれからガンガン上がると思う。
この職業・職種のここが悪い あまりないが、強いて言うなら台風とかでも普通に仕事する。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中14人
投稿者名 airbus330 380 340        投稿日時:2016/07/01 17:29:20
年齢・性別 26歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ラインメンテナンス業務。
この職業・職種のここが良い CAと仲良くなれる。
憧れを持たれる。
キャバクラで航空整備士だというとモテる。
この職業・職種のここが悪い 責任が糞思い。
休みがほぼ平日なので土日の休みの恩恵を知らずに人生を送ってしまう。
お勧めしない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中7人
投稿者名 中規模ヘリ会社        投稿日時:2016/06/29 23:41:49
年齢・性別 35歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 日常的に運航しているヘリの飛行前後点検から一緒に出張に行って飛行中は機内で作業をしたり、地上で各種雑用をしたり。

耐空検査(年次点検)の担当になれば一か月ほど毎日格納庫で黙々と整備作業。
この職業・職種のここが良い 一通りここの投稿見ましたが、エアラインの整備さんは大変そうですね、、、(給料と待遇面で)

それに比べればですがヘリの整備士は格納庫での整備作業で適度な残業もあり、ヘリに同乗しての出張もありで手当てがいろいろあるので少しは給料が良いのかもしれません。

ちなみに私、某専門学校のヘリ課卒ですがエアライン系に就職した同期(ヘリ課卒)はほとんどがやめてヘリ業界に再就職しています。その関係でもう某専門学校のヘリ課からはエアラインに就職できないとか(苦笑)すんません
この職業・職種のここが悪い 自分の業務拡張や会社が新しい機体を導入したら嫌でも勉強して資格をとらないといけないので大変ですが、まぁ勉強と言ってもヘリの勉強なのでなんとかやっていけてます。

中規模ヘリ会社なのでこんなんで大丈夫か?と思うようなこともあり、やはり大手やエアライン系に比べると組織力は弱いと感じる。また自分が事故で死ぬのも怖いが、自社機が事故をしたら会社はどうなるのか?という不安がたまに頭をよぎる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 ヘリコプター整備士        投稿日時:2016/04/10 13:09:52
年齢・性別 40歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 専門学校卒業後ヘリの運送及び使用事業会社で勤務し30歳で公務員(某官庁ヘリ整備士)に転職しました。

民間会社時代はヘリのドッグ整備から運航整備まで一通りの仕事をし、現在は某官庁でクソみたいな(民間での仕事に比べればとても生ぬるい)仕事をしています。
この職業・職種のここが良い 旅客機などど違い、小型ヘリであればほぼ1人で仕事が出来るので一から機体をバラして点検して組み立てて飛ばしてと、機械いじり好きならこんな楽しい仕事ない。

運航整備ではヘリに乗って日本中を飛び回り日本各地でヘリを使ったいろいろな仕事に携わり面白い体験をさせてもらえたと思う。またこの当時20代後半で年収が600万に迫る勢いだったが、この時は高給ともちっとも思ってなかった。

いろいろあり転職したが 、民間での経験と資格を活かして転職はとても簡単だった。公務員だが試験もろくになく、知り合いの口利きですんなり転職が決まった。今はどこも人手不足で経験、資格、業界内での横のつながりがあればどこへでも行けると感じるし、実際いろんなところから転職の誘いを受ける(笑)

飛行機ではなくヘリコプターの整備士で良かったと心底思う。
この職業・職種のここが悪い 工場整備で自社の仕事をしている時は良いが外注だとお客様の機体なのでプレッシャーが大きい、さらにろくに知識もない官庁の整備士にトンチンカンな事を言われながら外注の仕事をしているとアホらしくなる。

運航整備では家庭を犠牲にして出張三昧、若いうちはどこへ行くにも楽しかったが結婚して子供が出来てとなると家に帰りたくてしょうがない。またヘリに同乗しての仕事も多くなるためいつか死ぬのではと思いながら仕事をしていた。

公務員に転職して一番驚いたのは給料、仕事もろくになく定時退庁が当たり前なので給料は民間に比べて極端に少ない(民間時代は手当が多かった事にここで気づく)転職して10年になるがようやくあの時の年収に追いついてきた、、、また整備士というよりはただの事務職のような扱いで公務員ならでは?のわけのわからない仕事もさせられる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中18人
投稿者名 えりか        投稿日時:2015/12/18 11:41:11
年齢・性別 43歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ボーイングの整備
この職業・職種のここが良い 一つ一つの丁寧に整備した飛行機が動き、自分が治してあげた満足感
この職業・職種のここが悪い 給料が年々下がっている
責任が重い職業なのに給料が低い
勉強が大変
ボルトの硬さが嫌
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中17人
投稿者名 タッチ〜        投稿日時:2015/12/18 11:34:49
年齢・性別 48歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 飛行機の整備
シフト制で生活バランスがグダグダ
この職業・職種のここが良い 自分の整備した飛行機が飛んでいくさまを見ること
この職業・職種のここが悪い 夏は地獄のように熱い
冬は手が震え仕事がはかどらずイライラする
給料が勉強量や人の命に対するリスクに合わない
給料が年ごとに変わるため不安定
知識が必要なため、一生学生生活
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中9人
投稿者名 いいか新米よくきけ        投稿日時:2015/07/18 19:02:14
年齢・性別 28歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 朝、新興宗教か刑務所のような朝礼のあとにまたグループに分かれて軍隊みたいなミーティング。そのあとに掃除と工具のインベントリ


昼、朝に言われた整備ノルマを汚い工場、無理な姿勢で作業し続ける・・・。



夕、言われた作業が終わらないとそのまま延長で残業の指示が出る。



夜、数時間の我慢比べの後に誰ともなく掃除や工具チェックを始めるのでやっと帰宅。家に帰ってからは航空従事者試験の勉強・・・
この職業・職種のここが良い ・とりあえず資格を取得できた時の達成感は格別(逆に駄目だった時は葬式の喪主みたいな気分だし、資格が取った後も地獄)



この職業・職種のここが悪い ・力尽きてボルトにトルクがかからなくなるまで働き続けること。



・整備が終わった機体が帰って行ったと思ったらトラベルでそのまま戻ってきた時。



・ジェット燃料、ヘドロかウンコみたいな油脂、塗料、社内のしがらみまみれになる事



・お金と女性には一生縁はない。特に給料は会社が儲かっていなくて賞与が無かったら本当に最低・・・。



・”航空機が好き”という人間の弱みに付け込んだ企業が多いので、普通に仕事をしながら遊覧飛行とかしたほうがいいと思う



・ある程度の年齢になっても仕事をしながら常に大学受験みたいに勉強しなければならない事



・エアラインに勤めると、人の遊んでいる時に飛行機をとばさないといけないので盆休みも正月も土日も仕事。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:32人中25人
投稿者名 あめんぼ青いな あいうえお        投稿日時:2015/02/22 08:28:41
年齢・性別 36歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
航空整備士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 一等航空整備または運行整備士の資格を取らないと、一人前とはなれません。

重い責任と会社からのノルマに耐えられる精神力とシフト勤務よる体調の維持ができるタフな体をもつ必要があります。
この職業・職種のここが良い 飛行機と機械が好きな人にはお勧めな仕事です

エアライン思考が高い人は、ライン整備士へ
飛行機という機械が好きな人は、ドック整備士へ
この職業・職種のここが悪い 大手航空会社の整備士はひと昔前までは高い給料でしたが、今は子会社へ仕事を移しています。このため、多くの整備士を目指す人は子会社に入社します。子会社の給料で、年収600万円を超えられれば大成功でしょう。
ドック整備の仕事は、海外(東南アジア)の安い整備会社へ委託している関係で国内での生産は先細りです。価格競争もあるので、将来的に伸びる分野ではないですね。国内での生産を縮小している会社もあるので、よく調べてから選んでください。

ちなみに、資格をとるために会社に寝泊りはあたりまえです。時間外も付きませんので、向上心の強い方でないと辛いです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:63人中57人
1  2  3  4     次へ>>

航空整備士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※航空整備士として現在仕事をしている方、もしくは過去に航空整備士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
航空整備士のここが良い
航空整備士のここが悪い
仕事内容の詳細
航空整備士に対するあなたの状況

航空整備士とは

航空整備士(こうくうせいびし)は、国家資格である航空従事者のうちの1つ。 航空機の整備を行うのに必要な資格であり、整備された航空機について航空法第19条第2項に規定する確認の行為を行う。 種別は一等(飛行機では耐空類別の輸送C及び輸送T、ヘリコプターでは耐空類別の回転翼航空機輸送TA及び輸送TB)、二等(一等の耐空類別以外の飛行機とヘリコプター、飛行船、滑空機)になっており。保守(一般的保守)と修理(軽微な修理と小修理)を実施した航空機について航空法第19条第2項に規定する確認の行為を行う航空整備士(シップ整備用の資格)、保守(一般的保守)と修理(軽微な修理)を実施した航空機について航空法第19条第2項に規定する確認の行為を行う航空運航整備士(ライン整備用の資格)、整備または改造をした航空機について法第19条第2項に規定する確認の行為を行う航空工場整備士がある。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、航空整備士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。航空整備士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。