【職種】航空管制官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

航空管制官の基本情報

仕事内容 安全な離着陸や運行のための指示や情報提供者
平均年齢※ 34.4歳
平均年収※ 600万円以上700万円未満
航空管制官に関連する資格 無線従事者<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (11件) 2.9000 [2.9点]
給料 2.5000 [2.5点]
やりがい 2.9000 [2.9点]
労働時間の短さ 3.4000 [3.4点]
将来性 2.7000 [2.7点]
安定性 3.0000 [3点]

その他の航空・航海の仕事

航空管制官の仕事の本音一覧

全部で11件の投稿があります。(11~11件を表示)
<<前へ   1  2  
投稿者名 タワー        投稿日時:2010/02/04 14:12:52
年齢・性別 34歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
航空管制官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 管制塔及びターミナルレーダーでの航空交通の指示。
管制間隔の設定
この職業・職種のここが良い 何もない
この職業・職種のここが悪い 安月給
労働条件の悪さ
責任の重さ
社会的地位の低さ
無理やり英語試験を受けさせられ、受かってもメリット無し
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:29人中17人
<<前へ   1  2  

航空管制官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※航空管制官として現在仕事をしている方、もしくは過去に航空管制官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
航空管制官のここが良い
航空管制官のここが悪い
仕事内容の詳細
航空管制官に対するあなたの状況

航空管制官とは

『航空交通管制官』より : 航空管制官(こうくうかんせいかん、英語: Air Traffic Controller)は、航空交通管制業務を行う者のことである。世界的には、民間企業の場合と公的機関に所属している場合とがあるが、民間企業であっても公的な性格は強い。 航空機に管制指示等を与えることにより、航空機の異常接近・衝突を防ぎ空域の航空交通管理をおこない、安全で円滑な航空機の運航を支えるのが主な業務である。 航空管制官は下記の機関で管制業務を行う 航空交通管理センター 航空交通管理管制業務 管制区管制所(Area Control Center) 航空路管制業務 レーダーを用いない航空路管制業務 レーダーを用いる航空路管制業務 進入管制業務(航空交通管制部でおこなうものに限る) ターミナル管制所(Approach/Departure/Radar) 進入管制業務(航空交通管制部でおこなうものを除く) ターミナルレーダー管制業務 ターミナルコントロールエリア(TCA)が指定されているところではTCAアドバイザリー業務(呼出符号はTCA) 飛行場管制所(Tower/Ground/Delivery)の業務 飛行場管制業務 着陸誘導管制所(GCA)の業務 着陸誘導管制業務それぞれの管制業務については航空交通管制を参照のこと。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、航空管制官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。航空管制官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。