【職種】図書館司書が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

図書館司書の基本情報

仕事内容 本に関する情報整理の専門家
平均年齢※ 35.1歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
図書館司書に関連する資格 司書<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (85件) 2.5000 [2.5点]
給料 1.7000 [1.7点]
やりがい 3.9000 [3.9点]
労働時間の短さ 3.3000 [3.3点]
将来性 1.8000 [1.8点]
安定性 1.9000 [1.9点]

その他の本・雑誌・新聞づくりの仕事

図書館司書の仕事の本音一覧

全部で85件の投稿があります。(21~30件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8  9     次へ>>
投稿者名 ソラ        投稿日時:2015/11/26 00:00:23
年齢・性別 32歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 図書資料の貸し出しや返却


レファレンスへの対応



選書、購入


イベントや広報活動



館内の整備など
この職業・職種のここが良い 公共から学校まで経験して、やっぱり色々な人と触れ合えるということかなと思います。学校では、任されていたので、イベントをやろうと思えばできたし、それがきっかけで図書館に来る生徒が増えたのはとても嬉しかったです。
この職業・職種のここが悪い 給料が低い。それが原因で辞めました。社会保険は上がっていくけど、給料は上がらないから手取りが減っていくばかりでした。司書資格も、絶対に必要とされるわけではありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:38人中35人
投稿者名 ふー        投稿日時:2015/10/29 07:37:21
年齢・性別 32歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 配架
レファレンス
バックヤード

貸し出し、返却
BM運転
ポップ作り

その他もろもろ・・・
この職業・職種のここが良い 本が好きな方は楽しいはず
この職業・職種のここが悪い 年収は150万未満です

掛け持ちで他にも仕事を3つしています。

図書館の規約があり、週に○時間ならアルバイトしていいと言われていますが、少なすぎて働けません。

多分、結婚も無理な気がします・・・(泣
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中16人
投稿者名 ここりん        投稿日時:2015/09/27 07:11:21
年齢・性別 50歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 選書、配架、図書館便りの作成、図書委員会の世話係、調べ物の手伝い、子ども預かり、図書館の予算管理など。
この職業・職種のここが良い 本が3度のご飯より好きなので、図書館にいられるのは幸せ!1人職場で自分の裁量で仕事ができるのが最大のメリットと思う。
この職業・職種のここが悪い 学校図書館司書なので、校内の雑用係で自分はどんなに忙しくても職員室での留守番をよく頼まれる。相当な暇人と思われているようだ。遠足の山登りやスキー教室の付添など、体調に関わらず断れないのが辛いです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:23人中20人
投稿者名 ラブライブラリ        投稿日時:2015/09/21 22:20:55
年齢・性別 38歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 カウンター業務、書架整理、曝書、選書、資料の発注と受け入れ・修理・保存・廃棄・リサイクル、おはなし会とブックトーク(館内・幼保育園・小中学校など)、広報(図書館だより・ホームページ)、各種行事(クリスマス会・工作教室など)。

庶務・経理。

予算のない図書館の場合は、業者に頼めないので清掃や草刈りや。

自治体職員として防災訓練や地域の運動会や選挙の開票業務などなどなど!にかりだされる。
この職業・職種のここが良い 本好き・人好きにとっては天国(但し上司の理解がある場合)



自分のつくりたい図書館を目指すことができ、利用者の反応をダイレクトに感じられる(険しい道になることもある)



赤ちゃんからお年寄りまで、地域の全て人の役に立てる。



正規職員なら公務員として福利厚生がばっちり。

育休・時短勤務も可能で仕事を続けたい女性にはありがたい限り。

正規職員なら公務員なので給料や賞与は保障される。



「本を傷めないように」冷暖房は完備。

この職業・職種のここが悪い 図書館によって、職員の質と労働環境に差がありすぎる。

司書の専門性を重視している自治体に「司書として」採用されれば、図書館以外への異動もまずないが、そうでない場合の方が多いのが日本の残念すぎる現状。

同じ図書館で長く勤める司書がいないと、その図書館資料についても利用者についても熟知した人間が育たない。

だから、サービスの質が低下する。

司書になりたい人は多いが、正規職員採用が少なすぎて、採用をかちとるのが困難。

倍率100倍超えとか普通。



正規職員・嘱託職員・非正規職員・再雇用職員などが混在し、それぞれの業務内容があいまいだったりすると人間関係が崩壊する場合がある。



優雅にカウンターに座って読書するのが司書と思っている人も多いが、実際は肉体労働も多く、かなり忙しい。

でも、利用者に忙しさを見せてはいけない(声をかけづらくなるから)



このところ図書館への風当たりがきつく、予算も人員もどんどんカットされているので、やる気があってもルーチンワークに忙殺される。

利用者のためになるような新しいサービス展開を企画すると、自分の首をしめることになる(残業まみれとか)

役場相手の仕事が増える一方で、図書館の専門的な仕事を後回しにせざるを得ない場合がある。

どっちを向いて仕事をしているのか分からなくなることも。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:39人中37人
投稿者名 トメイト        投稿日時:2015/09/19 15:01:58
年齢・性別 35歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 高校の学校図書館司書。休み時間以外の授業時間ももちろん開館しています。非常勤の人は常勤と仕事量変わらない=忙しさ倍です。

本の発注受入、蔵書登録、装備(ブッカーも)出納処理、予算請求、予算決算、本の修繕、棚の整理、図書委員会活動、委員指導、清掃指導、本の整理、延滞督促、会議資料作成、研修参加・研修運営、授業時の資料準備、データ管理、データ修繕、データ受入、データバックアップ、図書館だより作成・発行・印刷・配布、図書館報作成、読書感想文コンクール指導・外部コンクール参加、感想文集発行、発行物印刷所見積もり・入稿・予算支払・配布、新聞のチェック、整理・廃棄、雑誌の受入・整理・廃棄、図書館のディスプレイ作成・作成指導、学校によっては『図書館司書補助』として雇用促進の常勤職員を雇うのでその人の指導、その他図書館にかかわること全て!
この職業・職種のここが良い 本に携われること。

常に本に囲まれているので興味の幅が広がります。

選んだ本を生徒が借りてくれるのが何よりの喜びであり、やりがいでもあります。常連や委員会の生徒たちとウマがあえば図書館が良くなります。
この職業・職種のここが悪い 正規雇用と非正規雇用の待遇の差です。非正規は年収150万いけば良いでしょう。



忙しい職業と理解されないこと。図書館という場所を作るのに必要な労力は当たり前のように求められる。

年度更新で期限が数年と決まっているが、足元を見て次年は特別に1年更新、また1年更新と引き伸ばされている。上限で切らないのは、経験がある人がいたほうが現場が楽だから。雇用する気が無いなら楽したいと思わないでください。

正規雇用であれば育休産休ボーナス賞与退職金というものがあるが非正規はそれが全て無い。正規雇用の試験が無いのでほとんどが非正規。正規職員と同じ結果を求められる。周囲の職員が非正規や非常勤に同じ接し方しかできていない。非正規雇用の司書をおくのであれば司書以外の職員の負担を増やすのが筋。

非正規でしか雇用しないのであれば、委員会の指導や授業の準備や清掃指導は他の職員がやって司書は図書館と本の整理にだけ関わらせて下さい。文化祭の準備は非正規に任せないで。

図書館以外の学校の行事準備にかかわらせるとかもってのほか。来年度も更新や試験のチャンスがある職か、正規雇用の人がやってください。

「学校によっては」の仕事が多すぎで他校に聞いても(転勤が多い人でないと)解決しない。管理ソフトがバグっても予算がなければ業者を呼ぶことはできません。パソコンに詳しい人でなければ勤まらないですが、詳しい人は宛てにされるので後任が大変です(同じ司書だから、後任も同じ能力と思われる)

同じ学校にずっといられる訳ではないので、図書館システムや職員や生徒達に慣れるのが大変な勤務当初。生徒たちと仲良くなれないと委員会や図書館がまわらない。頑張って働いても年度末には転勤もしくは更新切れとの戦いです。



逆に、正規雇用(試験が無い限りありえない)の人にとっては産休育休ボーナス賞与退職金ありで土日祝休み、希望しなければほぼ転勤もないのでこれほど素晴らしい職業はないでしょう。私立でない限りは公務員ですので。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中21人
投稿者名 エビチリ        投稿日時:2015/09/12 12:15:00
年齢・性別 30歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
図書館司書に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 一般的に、カウンター内での「図書の貸出・返却」から「本の整理」、「利用者対応」、「利用者の要望に応じる」等はもちろんのこと、「開館」や「新刊の選定・購入」、「図書館イベントの企画・実施」、そして「閉館後の業務」までこれらが仕事内容になっています!!!
この職業・職種のここが良い 夏は涼しく、冬は暖かい
この職業・職種のここが悪い ゲームができない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:27人中5人
投稿者名         投稿日時:2015/08/28 04:05:42
年齢・性別 27歳(女性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 公共図書館での貸出 返却 レファレンス イベント企画運営 移動図書館での業務 事務処理
この職業・職種のここが良い 作家に詳しくなること。平日に休みがある。対応した利用者にありがとうと言われるとやりがいを感じる。各種情報検索に詳しくなる。学歴年齢、関係なく同一賃。世の中の流れを肌で感じられる。
この職業・職種のここが悪い 肉体労働。移動図書館は、館内業務者にも理解されない事が多い。アレルギー体質の人は注意が必要。土日祝日、夜間は仕事有。シフト制が多い。自治体、利用者、管理者などの板挟み。リスキーな場面もあるが個人対応が主。学歴年齢、関係なく同一賃金。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中12人
投稿者名 月森翔        投稿日時:2015/08/21 07:15:55
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 利用者対応(貸出、返却、利用登録等)

書架整理

所蔵調査、事項調査
館内設備、機器管理

個人情報管理

労務管理、スタッフのシフト調整
採用業務、面接

新人研修、マニュアルの精査
外部の各図書館、各機関との相互協力(ILL)



その他
この職業・職種のここが良い 色々な人と関わる事が出来る。

指定管理者館や自治体直営の図書館なら、

比較的自由に図書館作りに携われる。

自分が選んだ本の貸出回数が多かった時は嬉しいものです。
この職業・職種のここが悪い 低賃金。

図書館と言うお堅い職場だからなのか、

融通の利かない人が多過ぎる。

(↑リーダーや責任者になってよく分かりました…)

責任者クラスでも非正規職員。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:24人中24人
投稿者名 マイコ        投稿日時:2015/07/18 14:14:38
年齢・性別 35歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 カウンター(貸出・返却・レファレンス)、書架整理、配架、延滞督促、読み聞かせ、資料受入装備、補修など
この職業・職種のここが良い 本が好きと思えるなら。
この職業・職種のここが悪い 仕事量の割りに給料が安い。(地域によってはコンビニやファーストフード店の方が給料が良い程。)

雇用が不安定な為、生活が成り立たない。

上の、仕事に対しての理解が低い。

非正規であっても、長期間人を雇って教育し、育てる環境にないため、プロが減っていく一方なのではないかと思います。

正規雇用以外は短期契約、格安給料の使い捨て。「図書館が好き」という、働き手のボランティア精神で支えられているように思えます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:26人中26人
投稿者名 カナリア        投稿日時:2015/06/21 01:03:20
年齢・性別 27歳(女性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 公共図書館業務全般→選書 発注 カウンター業務 環境整備 など
この職業・職種のここが良い 様々な本に会えること、選書した本が人の手に渡ることが幸せ。



本を通して利用者のことを知ることにも面白さがある。



好きなことを仕事として行えること。
この職業・職種のここが悪い 最近は図書館づくりに力をいれる行政もでてきていますが、まだまだ司書の社会的地位は低い。



図書館の業務は裏方の作業が膨大なため、一般の方から見ると、楽な仕事という認識を持たれがち。非常勤としての雇用形態が常態化している。



継続して働くことができないため、専門的な司書が育ちにくい。

これが司書の社会的地位を下げてしまう原因かと…


逆に言うと、雇用形態以外に問題を感じたことはありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:32人中31人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8  9     次へ>>

図書館司書の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※図書館司書として現在仕事をしている方、もしくは過去に図書館司書をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
図書館司書のここが良い
図書館司書のここが悪い
仕事内容の詳細
図書館司書に対するあなたの状況

図書館司書とは

『司書』より : 司書(ししょ)は、図書館に置かれる専門的職員(専門職)のことである。図書館学等では厳密には、英語の Librarian に相当する図書館専門職の翻訳語として用いられるが、日本語における一般的な用例としては、図書資料を扱う仕事をしている図書館職員を専門的職員であるか否かを問わず広く司書と呼ぶこともしばしば見られる。 日本では、図書館法に規定された日本の法制度上の資格として「司書となる資格」があり、図書館法上の「司書」は図書館法にいう「図書館」(公共図書館)に勤務し、資格を有する図書館専門職員を指す。このほか、図書館法に根拠を持たないけれども法律に基づいて「司書」の肩書きを有する例として、国立国会図書館の職員の職名にみられる「司書」があり、また学校図書館・大学図書館・専門図書館で図書館専門職員に「司書」の職名を与えている場合がある。しかし、これらの公共図書館以外の「司書」は、図書館法にいう「司書となる資格」に基づく司書ではない。 一般的定義 図書館学においては、司書とは、図書館情報学の知識と技術を身に付け、図書館に固有のサービスに従事する図書館の専門的職員と定義されている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、図書館司書の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。図書館司書の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。