【職種】図書館司書が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

図書館司書の基本情報

仕事内容 本に関する情報整理の専門家
平均年齢※ 35.3歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
図書館司書に関連する資格 司書<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (98件) 2.5000 [2.5点]
給料 1.8000 [1.8点]
やりがい 3.8000 [3.8点]
労働時間の短さ 3.3000 [3.3点]
将来性 1.8000 [1.8点]
安定性 1.9000 [1.9点]

その他の本・雑誌・新聞づくりの仕事

図書館司書の仕事の本音一覧

全部で98件の投稿があります。(41~50件を表示)
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     次へ>>
投稿者名 月森翔        投稿日時:2015/08/21 07:15:55
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 利用者対応(貸出、返却、利用登録等)

書架整理

所蔵調査、事項調査
館内設備、機器管理

個人情報管理

労務管理、スタッフのシフト調整
採用業務、面接

新人研修、マニュアルの精査
外部の各図書館、各機関との相互協力(ILL)



その他
この職業・職種のここが良い 色々な人と関わる事が出来る。

指定管理者館や自治体直営の図書館なら、

比較的自由に図書館作りに携われる。

自分が選んだ本の貸出回数が多かった時は嬉しいものです。
この職業・職種のここが悪い 低賃金。

図書館と言うお堅い職場だからなのか、

融通の利かない人が多過ぎる。

(↑リーダーや責任者になってよく分かりました…)

責任者クラスでも非正規職員。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中25人
投稿者名 マイコ        投稿日時:2015/07/18 14:14:38
年齢・性別 35歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 カウンター(貸出・返却・レファレンス)、書架整理、配架、延滞督促、読み聞かせ、資料受入装備、補修など
この職業・職種のここが良い 本が好きと思えるなら。
この職業・職種のここが悪い 仕事量の割りに給料が安い。(地域によってはコンビニやファーストフード店の方が給料が良い程。)

雇用が不安定な為、生活が成り立たない。

上の、仕事に対しての理解が低い。

非正規であっても、長期間人を雇って教育し、育てる環境にないため、プロが減っていく一方なのではないかと思います。

正規雇用以外は短期契約、格安給料の使い捨て。「図書館が好き」という、働き手のボランティア精神で支えられているように思えます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:27人中27人
投稿者名 カナリア        投稿日時:2015/06/21 01:03:20
年齢・性別 27歳(女性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 公共図書館業務全般→選書 発注 カウンター業務 環境整備 など
この職業・職種のここが良い 様々な本に会えること、選書した本が人の手に渡ることが幸せ。



本を通して利用者のことを知ることにも面白さがある。



好きなことを仕事として行えること。
この職業・職種のここが悪い 最近は図書館づくりに力をいれる行政もでてきていますが、まだまだ司書の社会的地位は低い。



図書館の業務は裏方の作業が膨大なため、一般の方から見ると、楽な仕事という認識を持たれがち。非常勤としての雇用形態が常態化している。



継続して働くことができないため、専門的な司書が育ちにくい。

これが司書の社会的地位を下げてしまう原因かと…


逆に言うと、雇用形態以外に問題を感じたことはありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:32人中31人
投稿者名 あかね        投稿日時:2015/06/02 21:49:24
年齢・性別 27歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 貸出、返却、レファレンス、配架、整架、クレーム対応、選書、受け入れ、修理、装備、相互貸借、督促、予約本処理、展示企画、イベント企画、読み聞かせ、ブックスタート、広報、事務処理
この職業・職種のここが良い 本が借り放題。

かなり本に詳しくなる。

利用者の方に喜んでいただけると本当にやって良かったと思う。



この職業・職種のここが悪い 非正規は契約年数がある。

給料が仕事量に全く見合っておらず、単身者は生活ができない。

図書館長に定年間近の、本の知識が全くない、仕事を覚える気のない人が配属されてくることが多く、一緒に働くと苦労する。

何倍も給料をもらっている正規と同じ仕事を要求される。

女性が多い職場のため、お局や派閥が面倒。

楽そうに見えるが裏の仕事が本当に多く、幅広く色々な事を求められる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:38人中35人
投稿者名 ぐう        投稿日時:2015/05/30 11:29:40
年齢・性別 35歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 小学校の図書館 管理運営 
この職業・職種のここが良い こどもたちのいきいきとしたエネルギーにふれることができる
この職業・職種のここが悪い 採用条件がまちまち。本採用は少なくパート、非常勤での雇用。。ちなみにわたし一日5~6時間程度の勤務で二つの小学校の司書と事務補助。夏休みなど長期休業日は勤務日数がへらされ結局年収は120万程度。月8~11万位の手取りで交通費はでない。生活苦しいです。。。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:25人中23人
投稿者名 さとり        投稿日時:2015/05/29 00:52:36
年齢・性別 48歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 図書館業務全般。
この職業・職種のここが良い なんとなく、知的に見えるところ。見えるだけだけど。
この職業・職種のここが悪い 非正規雇用なので給与が安いのに、仕事内容は、正規とほぼ同じ。サビ残多い。天下りのための施設なので、民営化すればいいのにと思う。人件費がムダ。

将来性なし。長期的に計画が立てられない。やりがいとかいう幻想を餌に、働かせるのが悪質だ。若い人には勧めない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中12人
投稿者名 ダイゴロウ        投稿日時:2015/03/19 13:18:20
年齢・性別 41歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 資料の購入、登録、装備、配架、廃棄。図書委員会の運営。お知らせの作成。読書週間の提案など、学校図書館運営全般。
この職業・職種のここが良い 自分のやりたいように図書館を変えることができる。おすすめした本や購入した本を読んでくれると嬉しい。子供たちが喜んでくれることが、やりがいです。
この職業・職種のここが悪い 学校により違い、ある程度の規定もないこと。
正規採用が少ない。仕事があるにも関わらず、給料の上限が決められているので、サービス残業になってしまう。基本的に一人なので、その人の裁量によってしまうこと。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:40人中34人
投稿者名 郡上        投稿日時:2015/03/09 09:03:23
年齢・性別 44歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
図書館司書に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 公立図書館、小学校、高校、大学図書館では大学図書館をオススメします。各担当ごとに仕事がありレファレンス業務などが楽しいです。専門的な書籍の知識、相互貸借などいろんな知識を学ぶことができます。司書として評価してくれる場所でもあります。
この職業・職種のここが良い 公立図書館、小学校図書室、高校図書室、特別支援学校図書室、大学図書館と勤務してきました。職務的には大学図書館がとても充実していました。専門的な書籍に囲まれて学生さんとの触れあいもあり良かったです。
この職業・職種のここが悪い たくさんの図書館で勤務してきましたが、公立小学校が最悪でした。正職員と同じ仕事をしていながら責任も任されて、手にした給料が10万それから市司書会と県司書会に年間会費に給食費にPTA会費にクラブ費を支払い、月8千円消えます。高校にいたときと同じ業務でしたが高校では本務と同じようにこの給与の3倍いただいて賞与、住宅手当、通勤手当、退職金手当までありました。いいように教育委員会に使われて、また司書資格のないおばさんたちが多く、司書研修会もあり、あれ司書資格ないのに司書研修会?疑問だらけの一年間でした。また図書館アドバイザーなる退職した元本務のポストまでできて考えられない有様でした。雇用期間って大事ですね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:52人中46人
投稿者名         投稿日時:2015/03/01 12:46:35
年齢・性別 36歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 とにかく全てやります。
選書、発注、検収、受入れ、目録、装備、配架。
貸出、返却、督促、利用案内など利用サービス全般。収集方針等の改訂、予算管理、調整。補修、蔵書点検。環境整備(掃除)などメンテナンス。その他。
この職業・職種のここが良い 前職…大規模図書館の臨時職員
現職…公的機関の専門図書室責任者です。なんとか正規職員になれました。
仕事の良いところ…とにかく、知識が増える。分類が楽しい。利用者の要望に応えられたときが最高。選書した資料を利用していただけたとき。新しい利用者が常連になってくれたときもうれしい。
配架などの仕事が形になり、「プロの仕事だね。本が利用しやすい。」と褒めてもらえる事がある。現場業務を全権委任してもらえる。業務として本が読める。
この職業・職種のここが悪い 現職では現場業務を全権委任してもらえていますが、悪く言えば組織内で放置状態。必要なときだけ、司書さんだからと頼られる(無視されるよりましですが)。図書館業務を分かっていない上司から理不尽な指示がある。一人で全てしているので、選書は業務時間外(サービス残業)。前職の館で、わいわいと賑やかにやっていた時を思い出して非常に孤独でつらいです。
重たい専門書が多くて力仕事がきつい。体調が悪い日はふらふらです。
司書という職業の社会的評価が低い。良い仕事だが理解してもらえない。自分のところは専門図書館にあたりますが、公共図書館のように利用者層は広くないのでいつか行き詰ってしまうように思われ、不安です。研修参加も自腹です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:39人中35人
投稿者名 貧民        投稿日時:2015/02/23 23:42:47
年齢・性別 35歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
図書館司書に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 大学図書館で派遣として働いています。内勤で和書洋書の目録作成と分類を担当しています。
仕事自体は好きですが、一人暮らしで生活が苦しいのと理不尽な待遇から転職を考えています。
扶養されている方のパートだったらちょうどいいかもしれませんが、そもそもそんな専門職って一体何なのでしょう。
この職業・職種のここが良い あまり縁のないような専門書、貴重書などに触れることができます。
いろんな知識も身につくような気がします。
この職業・職種のここが悪い 司書の大多数が非正規で、待遇が悪いです。年収の項目が300万以下からしか選べないのでそうしましたが、実際のところ160万程度です。昇給もほとんどありません。求められるスキルや仕事量に給料が見合っていません。
頑張れば頑張る程馬鹿らしく、悲しくなります。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:31人中30人
<<前へ   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     次へ>>

図書館司書の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※図書館司書として現在仕事をしている方、もしくは過去に図書館司書をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
図書館司書のここが良い
図書館司書のここが悪い
仕事内容の詳細
図書館司書に対するあなたの状況

図書館司書とは

『司書』より : 司書(ししょ)は、図書館に置かれる専門的職員(専門職)のことである。図書館学等では厳密には、英語の Librarian に相当する図書館専門職の翻訳語として用いられるが、日本語における一般的な用例としては、図書資料を扱う仕事をしている図書館職員を専門的職員であるか否かを問わず広く司書と呼ぶこともしばしば見られる。 日本では、図書館法に規定された日本の法制度上の資格として「司書となる資格」があり、図書館法上の「司書」は図書館法にいう「図書館」(公共図書館)に勤務し、資格を有する図書館専門職員を指す。このほか、図書館法に根拠を持たないけれども法律に基づいて「司書」の肩書きを有する例として、国立国会図書館の職員の職名にみられる「司書」があり、また学校図書館・大学図書館・専門図書館で図書館専門職員に「司書」の職名を与えている場合がある。しかし、これらの公共図書館以外の「司書」は、図書館法にいう「司書となる資格」に基づく司書ではない。 一般的定義 図書館学においては、司書とは、図書館情報学の知識と技術を身に付け、図書館に固有のサービスに従事する図書館の専門的職員と定義されている。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、図書館司書の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。図書館司書の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。