【職種】高校教諭が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

高校教諭の基本情報

仕事内容 自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える
平均年齢※ 36.7歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
高校教諭に関連する資格 キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】TOEIC(R)テスト実用英語技能検定栄養教諭免許状<国>高等学校教諭免許状【看護】<国>高等学校教諭免許状【国語】<国>高等学校教諭免許状【地理歴史】<国>高等学校教諭免許状【保健】<国>高等学校教諭免許状【英語】<国>高等学校教諭免許状【音楽】<国>高等学校教諭免許状【家庭】<国>高等学校教諭免許状【家庭実習】<国>高等学校教諭免許状【看護実習】<国>高等学校教諭免許状【工業】<国>高等学校教諭免許状【工業実習】<国>高等学校教諭免許状【工芸】<国>高等学校教諭免許状【公民】<国>高等学校教諭免許状【宗教】<国>高等学校教諭免許状【商業】<国>高等学校教諭免許状【商業実習】<国>高等学校教諭免許状【商船】<国>高等学校教諭免許状【商船実習】<国>高等学校教諭免許状【情報】<国>高等学校教諭免許状【情報実習】<国>高等学校教諭免許状【職業指導】<国>高等学校教諭免許状【書道】<国>高等学校教諭免許状【水産】<国>高等学校教諭免許状【水産実習】<国>高等学校教諭免許状【数学】<国>高等学校教諭免許状【中国語】<国>高等学校教諭免許状【ドイツ語】<国>高等学校教諭免許状【農業】<国>高等学校教諭免許状【農業実習】<国>高等学校教諭免許状【美術】<国>高等学校教諭免許状【福祉】<国>高等学校教諭免許状【福祉実習】<国>高等学校教諭免許状【フランス語】<国>高等学校教諭免許状【保健体育】<国>高等学校教諭免許状【理科】<国>学校図書館司書教諭免許状<国>特別支援学校教諭免許状<国>養護教諭免許状<国>学校心理士高等学校教諭免許状【その他外国語】<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (23件) 3.1000 [3.1点]
給料 2.9000 [2.9点]
やりがい 4.3000 [4.3点]
労働時間の短さ 1.7000 [1.7点]
将来性 2.7000 [2.7点]
安定性 3.8000 [3.8点]

その他の保育・教育の仕事

高校教諭の仕事の本音一覧

全部で23件の投稿があります。(11~20件を表示)
<<前へ   1  2  3     次へ>>
投稿者名 ののののの        投稿日時:2013/08/15 11:07:14
年齢・性別 31歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教科指導
クラブ指導
校務分掌
学級運営

その他雑務。

担任を持てば教材研究をする余裕はなくなります。高校教師になる人は十分に高校の基礎学力を持ってからなったほうが良いと思います。
この職業・職種のここが良い 生徒と触れ合い、成長させることができる。
教諭になれば常勤に比べれば安定する。
この職業・職種のここが悪い 保護者、上司。。。言わんとしていること想像できますよね?
私立のため、経営者によりけり。
私立学校は空きがないと教諭にすらなれない。
そこで常勤、非常勤と教諭の力関係が存在する。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人
投稿者名 マーブルチョコ        投稿日時:2013/04/25 23:15:29
年齢・性別 46歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ウチの学校は、19:10で教員・生徒とも全員強制帰宅となっている。だらだらと残業しないので、実に効率がよい。帰宅後のプライベートな時間が確保されている。公休日数は全員が完全に平等で、土日に出勤しても必ず振り替えがとれる。転勤もないし、理不尽な移動もない。個人的には公立高校に就職しなくてよかったと思っている。
この職業・職種のここが良い 私立進学校なので専門分野を東大受験レベルまで教えられる。そして実際合格していく姿に感動できる。生徒はある程度大人なので、いろいろと深い話ができる。行事に一生懸命に取り組む生徒をサポートでき、その成長ぶりを目の当たりに見ることができる。何年も前に卒業して成人した教え子との再会も楽しい。
この職業・職種のここが悪い 忙しい人とヒマな人の差が激しい。仕事に対する温度差が大きい。部活指導が他の業務に優先だと本気で思っている部活バカの教員も確かに存在する。生徒とお友達になりたがる若い教員が多い。そういう教員は、結局生徒をダメにする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中10人
投稿者名 おっか        投稿日時:2013/04/12 23:33:02
年齢・性別 29歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教科指導、担任、教務、クラブ顧問など。
この職業・職種のここが良い 何と言っても授業を作る楽しみがある。
自分の教科指導についてはある程度自己裁量でできる。
模試や大学入試で結果出るとやりがいを感じる。
生徒から質問しに来るとうれしい。
高校生ともなると、保護者はあまり口を出してこない。
この職業・職種のここが悪い 私学なのだが、少子化で今後どうなるかわからない。
担任をすると、雑務が多くて教材研究をする時間がない。
運動部の顧問をすると、土日がなくなる。
例えば、指導力のない先生の授業を自分のクラスの生徒がエスケープした場合、なぜか担任の責任になる。授業時間はその授業の先生に責任を持ってほしい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中6人
投稿者名 みい        投稿日時:2013/02/09 18:48:46
年齢・性別 44歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 朝8時に出勤して、校門前で挨拶指導。
授業は週16-18時間で、ホームルーム週一回。
集会がやたらと多い。
放課後、部活動。文化部は体力が楽だが時間が長い。
収入から積立や親睦会費用が取られる。田舎だから。
この職業・職種のここが良い 自分の専門に選んだものを学び、教えることで収入を得る。
生徒とココロの交流ができたら最高。
保護者にも感謝される。
なんといっても銀行ローンなどすぐ審査が通る。
世間体がいい。
この職業・職種のここが悪い 実際はセクハラ、パワハラだらけの公務員タテ社会、男社会。女性だからといって何も区別がないゆえの力仕事の多さ。40歳を過ぎると家に帰ることには何もする気が起きないほど疲れている。
我が子の教育に手が回らず、グレていたり引きこもっている家庭、離婚している教師はすごく多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 さる        投稿日時:2012/11/09 23:22:40
年齢・性別 34歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 7:30 出勤 朝の庶務
8:20 朝のSHR
8;30-15:15 授業は一日で3~5コマ
           昼休みは面談・教科指導など
           ここに学年・文章会議が入ることも
15:15 帰りのSHR 掃除
15:45 部活動・会議・講習・面談・個別指導など
19:30 生徒を見送ってから授業準備 分掌業務
21:00 終わらなかったら持ち帰りにして退勤
この職業・職種のここが良い ○実社会で成長していく姿が卒業したら割とすぐ見られる
○ある程度生徒も大人になってきているので考えの深い話ができてこっちも勉強になる
○生徒の発想に感心させられることが多い
○部活動指導が熱心
○リストラにあう心配は少ない
この職業・職種のここが悪い ○土日のなさ(土日の模試・講習・部活動)
○平日の夜の勤務(20時部活終了後、授業準備 21時以降持ち帰り多し)
○専門性の高さゆえの教員相互の連帯感の薄さ(科目の壁が大きいので、それ以外の庶務も連帯感が薄め)
○生徒も毎年変わるし、教員の入れ替わりも毎年あるため業務を次の担当や次年度に引き継ぐ意識が薄い
○子どもも遅くまで活動していることが多いので、指導事故など夜起こる可能性が高い
○24時間365日教員。プライベートがないこと(特に田舎)

民間からの転職組なのですが、このオン・オフの切り替えのなさは異常なほどです。忙しい人だけ大変になっていくけれど周りは自分の業務には支障がないからあまり助けない…という図ができます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人
投稿者名 大都市公立校        投稿日時:2012/10/13 22:41:46
年齢・性別 29歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 生活指導担当の一日
6時台に出発、7時台に出勤。
(勤務時間前)
登校生徒の交通安全&服装・頭髪&あいさつ指導。
(勤務時間中 8:30〜17:00)
授業規律や態度を注意しながら授業。授業時間以外は授業をサボる生徒を引き戻す校内巡回。昼休みは中抜け防止の校門立ち番。放課後は会議や部活で勤務時間終了。
(勤務時間後)
ここから自分の仕事開始。授業準備や問題作成、採点、報告書作成。
だいたい21時頃退勤。帰宅は22時。その後も持ち帰り仕事があったり、専門分野の勉強をすることが多い。
この職業・職種のここが良い 専門的に学んできた知識を活かせる数少ない職業。
基本的には自分で考えて動くので、やらされている感が少ない。
生徒が成長していく過程を見られるのが楽しい。
自分の趣味と合致する部活を持てると、楽しい時間ができる。
この職業・職種のここが悪い 忙しい人と、そうでない人の差が激しすぎる。
学習指導以外の仕事が膨大(下位校は生活指導が・・・)。
生活指導時には暴れる生徒と対峙しなくてはならないが、事故であってもこちらが触れると暴力になってしまう。
勤務時間以外の仕事は「自主自発的な勤務」ということで、残業という概念が法制度にない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 ダウン        投稿日時:2012/08/30 16:02:04
年齢・性別 48歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ●授業
朝の課外授業~普段の授業~放課後の課外授業~部活動~持ち帰り仕事という流れ。(課外授業は進学校のみ)授業の持ち時間は、LHRと総合的な学習の時間を入れて、20時間程度(科目による違いあり)
●生徒指導
学校のレベルで大きな差がある。毎週生徒指導会議(停学の日数を決める会議)をやっている学校もあれば、年に1・2度しか会議がない学校もある。
特別支援学校ではかなりの手間がかかる。
●校務分掌
これは、はっきり言って、超アンバランスな仕事内容です。忙しい人は限りなく忙しく、暇な人は限りなく暇。一般的に「教務」「生徒指導」は多忙。「保健関係」「教育相談」「図書」あたりは楽。
●部活動
正式な業務ではなく、教師のボランティアと位置づけられているが、現状では完全に教師の仕事である。4月に校長から委嘱される。形は委嘱だが、実情は職務命令であり、断ることはできない。強い部を持たされた日には、年間休日5日なんてことになる。逆に文化部等を持つと楽である。
自分の趣味と部活がマッチングすると、こんな楽しいことはないらしい。
この職業・職種のここが良い 生徒と触れあい、生徒の人生に多少なりとも影響を与えられること。
安定していること。
教えたいことを教えられることで得られる達成感。
特別支援学校では、やりがいはないが、ほとんど定時で帰れる。夏休みもきちんととれる。(進学校の半分くらいの勤務時間という感じ)
この職業・職種のここが悪い ●進学校
とにかく労働時間が長すぎる。勤務開始が朝7時。終了が夜9時なんていう日はざらである。
土日は部活指導か持ち帰り仕事(定期試験の作成や採点。宿題の点検。教材研究)をやっていて、ほとんど休めない。
夏期休業中も課外授業で多忙である。
私が某進学校にいた頃の一週間の労働時間は70~80時間程度。完全に過労死ライン。おかげで鬱病を発症。
●一般校
進学校ほど教材研究はきつくはないが、生徒指導で時間がとられる。土日や夜間に家庭訪問をすることも。ただし、部活にやたら力を入れている学校に行くと多忙かも。ちなみに部活指導は1日4時間を超えると(土日に限る)1日に1000円位もらえる。だから、放課後3時間(17時から20時)の部活指導では1円ももらえない仕組みになっている。
●特別支援学校
やりがいが全くない。なぜ高校教師になって、お漏らしの処理やひらがなの勉強を教えなければならないのだ!!はじめから特別支援学校希望の人は燃えているが、突然の異動で行った人は、完全にカルチャーショックとなる。突然、小学校の教師になった感じ。
●異動
新採用は5年で異動となるが、それ以降は、何年目にどこに行くのか全く分からない。希望を出しても異動になるかどうかは、宝くじの発表を見るのと同じくらい空しい結果になる。3月20日頃に校長から内示が言い渡される。「本人は内示を承諾した」と県には報告されるようだが、断ることはできない。承諾ではなく一方的な言い渡しである。異動によって職務内容が大きく変わることもある。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中15人
投稿者名 ちー        投稿日時:2012/07/16 18:05:43
年齢・性別 32歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 生徒や学校にかかわる仕事の全般。
(え?これも教員の仕事なの?という物もたくさん。)
この職業・職種のここが良い 生徒の成長を感じることができる。
同時に、自分が成長することもできる。
この職業・職種のここが悪い 仕事量が多く、拘束時間が長い。
受け持つ部活・分掌・学年にもよるが、人によって仕事量に大きな差がある。しかし、超過労働していると、仕事が遅いと批判されることがある(大抵、批判する人間が振った仕事をかぶってやっている時)。
2~3年単位で管理職が交代するが、その管理職の考え方に振り回される。これまでの方針がまるで変わってしまうことも多々。そういう管理職に限って、権威主義でこちらの話を聞かない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 ふくにゃん        投稿日時:2012/05/01 16:41:19
年齢・性別 29歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 朝:7時出勤
授業:一日平均6コマ(課外を含む)
帰宅:21時~23時
土日:部活
課外授業があるので、夏休みも冬休みも春休みも無い。
この職業・職種のここが良い 私学なので、卒業生が頻繁に訪ねてくる。
生徒と話す時間はなにより楽しい。
この職業・職種のここが悪い とにかく拘束時間が長い。
女性職員は、よほどのことがないと管理職や責任ある役職には就けない。
というより、空きが出ないと教諭にもなれず、何年も非常勤や常勤講師止まり。
異様なまでのタテ関係。
プライベートな時間はほぼ確保できない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 きりり        投稿日時:2012/01/09 00:30:13
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 7:00~8:40
部活の朝練習、朝補習、授業準備、朝の打合せ、朝のSHR
8:40~12:30
授業
12:30~13:20
昼休憩
13:20~15:10(~16:10※7限有)
授業
15:10~15:20
清掃
15:20~15:25
帰りのSHR
15:25~
会議、部活、授業準備
20:00
退勤

授業はLHRと総合的な学習を含めて週に16時間。空き時間は授業準備、分掌業務、書類作成・提出等。授業集団が少なければ余裕があるが、多いと時間は足りないくらい。こだわると帰宅時間は果てしなく遅くなります。
この職業・職種のここが良い ・人生の岐路にいる子供たちに関われる。教え子が受験、就職試験に合格したときの感動は計り知れない。
・精神的に大人になっていく過程を見ることができる。
・自分の専門科目に集中できる。よりよい授業の追求は終わりがなく楽しい。
・部活動指導ができ、上達していく姿を見られる。
・学級経営は一筋縄ではいかないが、うまくいくとかなりの充足感。
・数字で表せない成果が数多くある。
この職業・職種のここが悪い ・以下に挙げたものも含め、管理職レベルでは改善できない不満点が数多く有る。
・一般企業と仕事の仕方がかけ離れている。もっと効率的にできることがいくらでもあるのに、提案しても却下される。
・教育に対する古い考え方が未だに蔓延している。
・教員毎に仕事量が違う。特に分掌の仕事は多い少ないが顕著。原因は課長クラスと同世代の平教員。課長もそういう人に仕事を割り振れない。
・あらゆる方面(保護者、地域住民、マスコミ等々)からのバッシングがひどい。最近では給与の点に絡むネガティブキャンペーンの流れが。平均70時間の残業がある仕事にしては給与が低いことが理解してもらえない。
・給与をモチベーションに働くことは不可能。何をしようが評価されて昇給することがない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中7人
<<前へ   1  2  3     次へ>>

高校教諭の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※高校教諭として現在仕事をしている方、もしくは過去に高校教諭をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
高校教諭のここが良い
高校教諭のここが悪い
仕事内容の詳細
高校教諭に対するあなたの状況

高校教諭とは

高等学校教員(こうとうがっこうきょういん)は、高等学校における教員である。高等学校に置かれる職員のうち、おおむね、副校長、教頭、主幹教諭、指導教諭、教諭、助教諭、講師、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭などの職員が該当する(教員の職階なども参照)。 このうち、「副校長」「教頭」「養護をつかさどる主幹教諭」「栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭」「養護教諭」「養護助教諭」「栄養教諭」でない者は、原則として「高等学校の教員の免許状」を有していなければならない。 高等学校において生徒の教育をつかさどる(学校教育法)。中等教育学校において後期課程を担任する教諭の仕事には、高等学校教諭の仕事ととほとんど同じものも多い。 生徒の発達において、生徒の教育のほか、安全管理、生徒の健康面での管理、生徒保護のための不審者対策の業務等も行う。それぞれの教科等に応じた高等学校教諭普通免許状(専修・一種、いずれも新免許状は有効期間10年)を有していなければならない。なお、高等学校教諭の普通免許状に二種免許状はない。 全国の高等学校教員の数 高等学校教員の免許状 普通免許状の基礎資格 専修免許状=修士の学位を有する者 一種免許状=学士の学位を有する者 ただし、学位は教育職員免許法第5条第1項「別表第1」適用時。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、高校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。高校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。