【職種】大学教授が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

大学教授の基本情報

仕事内容 専門の研究をもち、大学のゼミや講義で指導する
平均年齢※ 51.3歳
平均年収※ 900万円以上1000万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (15件) 3.7000 [3.7点]
給料 3.5000 [3.5点]
やりがい 4.5000 [4.5点]
労働時間の短さ 3.1000 [3.1点]
将来性 3.7000 [3.7点]
安定性 4.1000 [4.1点]

その他の保育・教育の仕事

大学教授の仕事の本音一覧

全部で15件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2     次へ>>
投稿者名 ソクラテス        投稿日時:2017/05/29 21:22:33
年齢・性別 60歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教育と研究と行政の鼎立。4月から7月、9月から1月は教育、8月は研究、2,3月は採点入試、研究。欧米に比べて研究に集中できる時間が少ない。(特に私大の場合)米欧では5月半ばから8月まで集中的研究時間が確保される。研究時間と研究資金を保障してほしい。教育はやりがいがある。学生は素直で優秀。
この職業・職種のここが良い 何より問題意識の高い学生たちと議論できる。毎年数百人の学生たちに影響を与える授業をする、したいと思う。若者を育てて社会に送り出す。専門の論文、著書が書ける。マスコミに呼ばれる。講演に呼ばれる。海外からも招聘される。研究に没頭することができる。学会、国際会議、研究会などに参加できる。世界中を回ることができる。生きた証を活字に残せる。
この職業・職種のここが悪い あまり不満はない。仕事が天職であれば仕事に没頭して給料がもらえる最高の仕事。ほぼすべてが仕事の時間。家族には申し訳ない。学生の知的興味を見たし社会に送り出すということでは役に立っているのかもしれないが、道路工事やコンビニの方々よりも社会の役には立っていないのかもしれないと思うこともある。頭だけで食っているので社会に対する尊敬の念と謙虚の念を常に持ち続けることが必要。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 現在有名私大        投稿日時:2017/05/18 15:16:18
年齢・性別 55歳(女性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 授業、授業の準備、学生対応。
研究、学会発表、調査旅行、論文執筆。
大学運営にかかる諸業務。
入試問題の作成、面接、採点。
オープンキャンパス等の広報、高校への出前授業。
この職業・職種のここが良い 上司に命令されることがない。
他人の分野に口を出さない。
時間の融通が利く。
組織の歯車ではなく、「個人」として仕事ができる。
この職業・職種のここが悪い どの世界にもある問題はある程度あるが、他の仕事に比べれば、すべての面でましな方だとは思う。
勤務時間がはっきりしていないので、睡眠時間以外はすべて勤務時間と言っても過言ではない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 nanako        投稿日時:2017/05/04 22:07:32
年齢・性別 52歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教育のみ
この職業・職種のここが良い 勤務時間がゆるい
この職業・職種のここが悪い 私立大学だから研究設備がない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中0人
投稿者名 ぷーちゃん        投稿日時:2017/02/10 07:40:13
年齢・性別 57歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 学部,大学院の業務:教授会,大学院会議,学部会議,学科会議,各種委員会.
研究:
年に2~3回の学会発表, 2~3年に1回程度の国際学会参加.
教育:
週2~3コマの授業. 演習,実習指導.卒業研究,修士論文指導.
臨床:週に半日程度.

この職業・職種のここが良い 研究,教育,臨床など,色々な面を経験できて,楽しい.
学生と話すのはもっと楽しい.
入学して卒業のころ,学生が,あー,変わったー,と思う瞬間,やっぱり,嬉しい.
学生を応援する仕事.
この職業・職種のここが悪い 大学の方向性が,コロコロ変わる.
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人
投稿者名 RODOX        投稿日時:2016/08/09 11:26:51
年齢・性別 66歳(男性)
年収 2000万円以上3000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 講義週2コマ ゼミ週1コマ 会議週1-2回 週1日は病院で医師として外来診察 他に不動産業を兼業している
この職業・職種のここが良い 授業をして、会議に出席すればあとは何をしていてもよい。個室で自由にすごせる。やりがいもある。やりたくないことはことわる。規則的な生活ができる。定年が事実上ない。春休み夏休みに外国へ旅行にいける。社会的な信用がある。
この職業・職種のここが悪い 大規模教室(250-300名)なので本気で講義しないと学級崩壊になる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 痴呆紙代        投稿日時:2016/03/19 14:20:22
年齢・性別 47歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 授業(週 5~6コマ)、研究&執筆、学内事務、たまに講演、学生指導という名前の世間話をすること
この職業・職種のここが良い 個室があることと勤務時間が自由裁量なことにつきます。また、自分の好きなことの勉強をして、疑問に思うことを研究して…という、趣味の延長とも言えなくはない時間の使い方ができることもよさの一つです。学会参加という名前の飲み会つき旅行に国内外、予算のある限り行くことができます。
この職業・職種のここが悪い 仕事が趣味の延長ということは、目が覚めている間はずっと仕事をしている感じになります。家庭は犠牲になります。給与は労働時間にくらべると良いとは言えないですね。さらに、研究と授業以外の事務的な仕事のウェートが世間から思われる以上に多く、人によってその量がかなり違います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中3人
投稿者名 白熊        投稿日時:2015/07/04 17:53:48
年齢・性別 56歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 1 [1点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 授業(20科目以上)、学生募集、学生指導、FD、アリバイ工作、地域貢献、会議、最後に研究
この職業・職種のここが良い 好きな研究を生涯続けることができる。

学生たちの新しい感性と触れ合いながら、自分の研究を考察できる。

学生の人生に役に立つことが出来た時の喜び。
この職業・職種のここが悪い 大学教授にもいろいろあります。私学ですと理事が大学教育の意義を理解せず、商売として捉えていると最悪です。研究費も数万円、大学紀要は無駄といって発行さえままならず、大学全体の図書費も専門書20冊も買えない程度。学生への教員体制は全て設置基準ギリギリのアリバイ工作に翻弄。これに加担している学長や学部長は、ご機嫌に飲み歩いてる。こんな大学をいい加減に見過ごしている文科省にも呆れ果てます。現在の日本の大学は激しいい格差が生じています。ですから、大学教授も様々ですし、それを文科省は黙認しているとしか思えません。大学教育の質を議論するのもいいのですが、「大学になってない大学」の理事や学長、学部長に研修制度でも義務化してはどうでしょう。大学を志す優れた人材の方には、くれぐれも就職する大学の体質に配慮された方が宜しいかと思います。大学人の見識は人生を大きく誤らせることも認めらていますから。救いは学生の笑顔だけですね。家族も犠牲者です。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
投稿者名 どんどん        投稿日時:2015/03/23 08:53:41
年齢・性別 44歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・大学教授は「教育職員」として給料を貰ってますので、まずは教育=講義・ゼミ。
・とはいえ、研究こそ大学教授のアイデンティティ。論文執筆、著書刊行。
・学内政治・行政。学部長選や学長選で大活躍する教員もいるが、無関心な者には助かる。
この職業・職種のここが良い 地方中堅私大(文系)勤務
・とにかく自由な時間がある。
・若い男女の学生と話せる。
・社会的地位が低くはないので、人生に何となく余裕が生まれる。
・好きな勉強をしてその成果を公表できる(科研費や大学からの補助金)。
この職業・職種のここが悪い ・世間から「変人」と見られること多々あり(構わないのですが)。
・人を小馬鹿にする教員多し。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中1人
投稿者名 某都内大手私大        投稿日時:2015/01/30 14:49:50
年齢・性別 56歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究(自分のテーマ、グループのテーマ、学会のテーマ)と論文執筆
講義(週4コマ)
学内行政←これが結構鬼門。忙しいだけでなく、根回しなど「政治的な」動きも求められる
学会活動
原稿執筆
この職業・職種のここが良い 時間が比較的自由
発言が比較的自由
あまり人に気を遣わなくて済む
やりたい研究ができる
この職業・職種のここが悪い 最近の大学教員は、研究者というより、先生のような仕事が多くなってきている。
学生がそれだけ「お子様」化しているからだろう。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 サイク        投稿日時:2014/03/01 00:08:51
年齢・性別 40歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 研究と教育。ただ,報告書作成が異様なほど多い。
まるで物書きのような状態。
この職業・職種のここが良い ○好きな研究ができる。好きな勉強ができる。
○国内外に(ある程度)自由に出張ができる。ただし,研究費の範囲で。
○学生とのムダ話ができる。
○休もうと思えば,いつでも休める。
○国立大のため,変な雑用は比較的少ない。私立大にいたときには,「大学教師」という感じだった。
この職業・職種のここが悪い ○真面目に研究をしていると,不真面目な同僚にむかつく。
○誘惑してくる女子学生がいる。誘惑に乗ったら解雇の危険性があり,いいことはない。
○大学教員の業績やプライバシーが白日のもとに晒されてしまう。
○女性教員が著しく贔屓されているため,男性教員は不満を抱くことも多い。
○文科省,財務省の連中の介入が酷いので頭にくる。法人化してるのに。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中5人
1  2     次へ>>

大学教授の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※大学教授として現在仕事をしている方、もしくは過去に大学教授をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
大学教授のここが良い
大学教授のここが悪い
仕事内容の詳細
大学教授に対するあなたの状況

大学教授とは

『教授』より : 教員における教授(きょうじゅ、英: professor)は、高等教育を行う教育施設(大学(大学院)・短期大学・高等専門学校及びJAXA・大学入試センターなどのそれに準ずる研究機関など)において、最上位の教員の職階のこと、または、その職階にある者のことである。 教授とは、高等教育機関の教員のうち最上位の職階にあたる。日本では高等教育機関の教員のうち、教授および准教授(かつては助教授)を「先生」に代わる敬称として「教授」と呼ぶこともあるが、講師以下を「教授」と呼ぶことは希である。ドイツなどでは法律によって教授、准教授の職階にある教員にのみ「教授」の称号が与えられ、講師や助手との身分差を明確にしている。日本で教授になるための基準については、各大学、専攻分野、所属組織によって違いがある。 過去には大学(短期大学および大学院を含む)の学生部長、教務部長、就職部長、図書館長、学長室長なども教育職員の中から選ばれることが多かったが、大学の機能分化や経営重視の方針により特に私立大学では減ってきた。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、大学教授の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教授の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。