【職種】手話通訳士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

手話通訳士の基本情報

仕事内容 聴覚障害者と健常者の対話をサポート
平均年齢※ 30歳
平均年収※ 300万円未満
手話通訳士に関連する資格 【資格】手話通訳士
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (1件) 2.4000 [2.4点]
給料 1.0000 [1点]
やりがい 4.0000 [4点]
労働時間の短さ 4.0000 [4点]
将来性 2.0000 [2点]
安定性 1.0000 [1点]

その他の福祉に関する仕事

手話通訳士の仕事の本音一覧

全部で1件の投稿があります。(1~1件を表示)
投稿者名 にゃんちゅう        投稿日時:2015/09/03 23:18:13
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 1 [1点]
手話通訳士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 読み取り通訳(聴覚障がい者の方の手話表現を音声言語に変換する)

聞き取り通訳(音声言語を聴覚障がい者の方が理解できる手話表現に変換する)

相談業務

この職業・職種のここが良い 聴覚障がい者の方の社会参加が広がれば広がるほど様々な現場に行くことができる。

普通の仕事をしていては経験できないような体験をする。
この職業・職種のここが悪い 時給は2000円、生活できない。

正規雇用で働いている人はほとんどいない。

非正規雇用で働いている人もいるが狭き門。

資格取得は難しい。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中1人

手話通訳士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※手話通訳士として現在仕事をしている方、もしくは過去に手話通訳士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
手話通訳士のここが良い
手話通訳士のここが悪い
仕事内容の詳細
手話通訳士に対するあなたの状況

手話通訳士とは

『手話通訳』より : 手話通訳士(しゅわつうやくし、英: sign language interpreter)は、手話通訳者の公的資格である。 手話通訳士は、聴覚、言語機能又は音声機能の障害のため、音声言語により意思疎通を図ることに支障がある身体障害者とその他の者との間の意思疎通の確立に必要とされる手話通訳を行う者(手話通訳を行う者の知識及び技能の審査・証明事業の認定に関する省令より)。 当資格は医師、弁護士のような業務独占ではないために無資格者でも手話通訳を行うことができる。 ただし裁判や政見放送の手話通訳は手話通訳士の資格がなければできない。 手話通訳士は国の法律の定めるところによる国家資格ではなく省令の定める公的資格となる。 手話通訳士として登録された人数は2011年8月25日現在で2,796人。「手話通訳技能認定試験」(手話通訳士試験)は1989年(平成元年)から始まり、現在までの平均合格率は約20%程度である。 活動職域 手話通訳士は、学校、病院、企業、官公庁、裁判、選挙での政見放送などで手話通訳を行い聴覚障害者の生活の様々な場面で支援するため活動している。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、手話通訳士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。手話通訳士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。