検事のパシリ。検事が違法捜査をしたら関係が無いのに責任を問わ...(検察事務官の本音)

職業 検察事務官
投稿者名 バカ人        投稿日時:2013/07/21 00:09:02
年齢 32歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
検察事務官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 検事のパシリ。検事が違法捜査をしたら関係が無いのに責任を問われる。私は正検事の立ち会いになったことがあるが、そのT検事は自宅で自分の都合のよいように調書を作成し、被疑者の前で早口でしゃべり、問答無用で署名させた。それが後から問題になったとき、私まで道連れにされた。
この職業のここが良い 調書の改ざんができる。例えば、10ページの検面調書の最後だけ、被疑者の署名がなされるが、1〜9ページは検事の都合のよいように改ざんできる。それができなくなるから、取り調べの可視化に断固として反対している。いいかげんな役所。後輩ができればそいつに全部押し付けることができる。
この職業のここが悪い 高卒三種のバカが先に入ったという理由だけで威張りまくる。勘違い野郎が多い。変人が多い。私は関東の地検にいるが、そこの元人事担当者が盗撮で捕まった。威張り散らしたあげく、性犯罪に走った三種のバカである。まだ警察には捕まっていないが、飲酒運転などの犯罪を侵している奴が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中10人

honne.bizでは、検察事務官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察事務官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。