捜査公判部門に配属されれば検事の小間使い。事務局...(検察事務官の本音)

職業 検察事務官
投稿者名 やめ事務官        投稿日時:2015/10/13 20:48:40
年齢 33歳
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
検察事務官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 捜査公判部門に配属されれば検事の小間使い。

事務局や検務に配属されても、同じ。
この職業のここが良い 安定しているところ。
この職業のここが悪い 結局どんなに年月が経っても検事の手足なのだから、将来性がない。

狭い社会であり、犯罪者や警察以外外部との接点がない。

頑張っても手柄は検事のものになるし、仕事上滅多に評価されることはない。

年功序列の縦社会であり、出る杭は打たれる風潮がある。

当庁の場合、3種の事務官が威張っていることはなかったが、先に入った人の方が明らかに偉いという風潮がある。どんなに頑張っても、入庁日には勝てない。

検察官の上司と検察事務官の上司で意見が異なる場合があり、最初から上席同士で話すればいいじゃんと思う。



自分からアイデアを出して実行するような人には向かないと思う。事務官である以上、仕事に創意工夫は求められていない。裁量は、一切ないと思って良い。

体育会系の部活で先輩から可愛がられていた人は、好きな職場なんじゃないかな。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中15人

honne.bizでは、検察事務官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。検察事務官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。