天気を確認し、運行管理者が作ってきた計画を必要なら修正して承...(パイロットの本音)

職業 パイロット
投稿者名 コップ        投稿日時:2015/01/17 16:10:42
年齢 33歳
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
パイロットに対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 天気を確認し、運行管理者が作ってきた計画を必要なら修正して承認する。飛行機ではCAと打ち合わせ。お客さん乗り込んだらエンジンかけて離陸。上空では雲避けたり、最適な
高度を選ぶ。降下は、色々計算しながら行う。電波に乗るかGPSに乗るか目で見て着陸。ホテル着いて1人かクルーで食事。電子化されていない書類は差し替えが必要。めんどくさい。だいたい朝は5時台に起きる。


そんな日常とは別に緊急時に備えての訓練、試験がありそのための勉強イメトレもある。
この職業のここが良い ・機長になるまでは明確な目標があり、部活に例えると、練習と試合の連続で、そういう意味では刺激と達成感ある。

・コックピットからの夜明けや夕焼け、夜景は心が洗われる。

・旅客機飛ばすまでの訓練は青春ドラマを地でやってる感じで、感動して泣いたり、悔しくて泣いたりあるかも。

・降下計画や着陸が上手くいくと少し嬉しい。
この職業のここが悪い ・泊まりが多すぎる。月半分くらいホテル。出先では旅行気分にはならない。何回か行けば飽きる。

・大きく見ると、単調な仕事。天気悪かろうが、ほとんどが経験したことのあるシチュエーションになってくる。野心家で、創造的なことがしたい人は飽き飽きすると思う。

・直接感謝されることはない。安全運航、定時運航できて当たり前。1分を削る努力など知る由もない。

・若くして機長になると、人間としておかしくなる人も多い。お山の大将。非常識。だから地上職からは嫌われがち。

・CAに手出したらすぐに社内に知れ渡るため、普通の人は
本気の一人くらいしかいけない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:26人中25人

honne.bizでは、パイロットの職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。パイロットの、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。