生活指導担当の一日6時台に出発、7時台に出勤。(...(高校教諭の本音)

職業 高校教諭
投稿者名 大都市公立校        投稿日時:2012/10/13 22:41:46
年齢 29歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
高校教諭に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 生活指導担当の一日
6時台に出発、7時台に出勤。
(勤務時間前)
登校生徒の交通安全&服装・頭髪&あいさつ指導。
(勤務時間中 8:30〜17:00)
授業規律や態度を注意しながら授業。授業時間以外は授業をサボる生徒を引き戻す校内巡回。昼休みは中抜け防止の校門立ち番。放課後は会議や部活で勤務時間終了。
(勤務時間後)
ここから自分の仕事開始。授業準備や問題作成、採点、報告書作成。
だいたい21時頃退勤。帰宅は22時。その後も持ち帰り仕事があったり、専門分野の勉強をすることが多い。
この職業のここが良い 専門的に学んできた知識を活かせる数少ない職業。
基本的には自分で考えて動くので、やらされている感が少ない。
生徒が成長していく過程を見られるのが楽しい。
自分の趣味と合致する部活を持てると、楽しい時間ができる。
この職業のここが悪い 忙しい人と、そうでない人の差が激しすぎる。
学習指導以外の仕事が膨大(下位校は生活指導が・・・)。
生活指導時には暴れる生徒と対峙しなくてはならないが、事故であってもこちらが触れると暴力になってしまう。
勤務時間以外の仕事は「自主自発的な勤務」ということで、残業という概念が法制度にない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人

honne.bizでは、高校教諭の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。高校教諭の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。