授業(週 5~6コマ)、研究&執筆、学内事務、たまに講演、学...(大学教授の本音)

職業 大学教授
投稿者名 痴呆紙代        投稿日時:2016/03/19 14:20:22
年齢 47歳
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
大学教授に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 授業(週 5~6コマ)、研究&執筆、学内事務、たまに講演、学生指導という名前の世間話をすること
この職業のここが良い 個室があることと勤務時間が自由裁量なことにつきます。また、自分の好きなことの勉強をして、疑問に思うことを研究して…という、趣味の延長とも言えなくはない時間の使い方ができることもよさの一つです。学会参加という名前の飲み会つき旅行に国内外、予算のある限り行くことができます。
この職業のここが悪い 仕事が趣味の延長ということは、目が覚めている間はずっと仕事をしている感じになります。家庭は犠牲になります。給与は労働時間にくらべると良いとは言えないですね。さらに、研究と授業以外の事務的な仕事のウェートが世間から思われる以上に多く、人によってその量がかなり違います。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人

honne.bizでは、大学教授の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。大学教授の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。