私立大学で入試事務と広報業務をしていました。CMを...(学校職員の本音)

職業 学校職員
投稿者名 菜の花        投稿日時:2015/11/26 22:48:01
年齢 37歳
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
学校職員に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 私立大学で入試事務と広報業務をしていました。

CMを作ったり大学見学や高校訪問を行ったり、推薦、一般の入試の準備を行ったり合格者への発送をしたり。
この職業のここが良い 福利厚生。同じ権利だから忙しい部署の人は不満かも。

部署によっては学生・生徒と交流できたり、学内のイベントに参加できたりと一般の職場にはない魅力がある。

公立だと定時で動ける自由さがあるらしい。
この職業のここが悪い 有期契約の人は拘束時間が長いし転職で潰しがきかない、非常勤の人は社保や共済に加入できない事も。

私立は本社(本部)次第なので規則が適当な事がある。転勤や移動がないので引継書類を作らない人が多い。

サービス残業当たり前。求人票だけで応募すると体調崩してしまいます。上司が残業好きだと全員が残業続きになってしまうという良くも悪くも右へ習えの世界。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中5人

honne.bizでは、学校職員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。学校職員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。