授業。(内容は教科や授業形態による)親への対応。(問い...(塾・予備校講師の本音)

職業 塾・予備校講師
投稿者名 Hassy        投稿日時:2012/12/07 02:44:36
年齢 43歳
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
塾・予備校講師に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 授業。(内容は教科や授業形態による)
親への対応。(問い合わせや相談、クレームなどへの対応、行事その他の案内など)
子供への対応。(相談などへの対応、個別指導、雑談その他のコミュニケーション)
指導計画その他のプランニング。
教材作り。
教科内容の研究。
塾内テスト作り。採点。
作文や面接、英検などの資格試験の対策指導。
広告作り。(原稿作成、校正、印刷依頼など)
学校の定期テスト、業者テスト、私立公立高入試の研究、対策授業。
清掃やメンテナンス。
出入り業者や高校の先生の営業などへの対応。

その他塾の運営や教育に関わる一切の業務。


この職業のここが良い 教えるという仕事自体やりがいがあります。
楽しい授業が出来た時、生徒と教科内容を楽しめた時、生徒が本当に内容を掴んでくれた時、生徒が目標を達成できた時、やっててよかったと思いました。
社会への貢献も出来ますし、自分もまたいろいろな勉強が出来るので、そういう点ではいいと思います。
また、強制的に人間と関わることになるので、人間に慣れることが出来る点もいいと思います。あえて、他人が苦手な方にオススメしたい職業です。
世間と生活時間が違う分、うまく時間が使えるなら、お得といえばお得な職業かもしれません。
世間的にはそこそこ評価される職業だと思います。

この職業のここが悪い 世間と時差が出来ます。友だちや恋人との付き合いという点で大変です。
テレビ(特に野球中継やドラマ)が見られなくなります。
お金的にはオススメではありません。
バカな親、子供、上司を相手に仕事をしなきゃいけないのはツラいです。
教育の中に金という要素が入ってくるので、そこのジレンマに苦しむことになります。
塾次第では交替要員がいなくて、インフルエンザにかかっても出勤しなければなりません(実話)。
月2日しか休日がなかったりします(実話)。
試験対策で日曜日に出勤しなくてはならなかったりします。
土日きっかり休みなんていうのは、絶対望めません。
労働基準法の範囲外のお仕事です。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人

honne.bizでは、塾・予備校講師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。塾・予備校講師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。