上記のとおり(塾・予備校講師の本音)

職業 塾・予備校講師
投稿者名 はきはき        投稿日時:2013/09/26 15:12:59
年齢 52歳
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
塾・予備校講師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 上記のとおり
この職業のここが良い 子供の成長に携われるところ。
この職業のここが悪い 雇われ講師だと、親と直接話すことを禁止されるので、子供の問題を深く知る事はできない。子供とさえ話すことを禁じされる。 
●管理が厳しすぎる。営利(コスト削減)のために、便所掃除までさせられて、教室の掃除機のかけかたまで厳しくチェックされる。
●私は東大卒で管理職をリストラされた者だが、2流大学卒の塾の経営者は、3流大学の茶髪のアルバイトたちと私を比べて、「お前達にも東大を負かす機会がある」などと言って激励している。 塾のオーナーには「わけあり」の経歴を持つ人が多く、陰険な性格を持つ場合が多い。(私の経験では、温和な性格の塾経営者は10分の一の確立。そういう塾は流行るし、アルバイト講師の定着率も高い。)
●小中生指導の場合、講師の供給源は大量の2-3流大学のアルバイトなので、時給は低め。 能力のある人は、避けるべき職業。 塾長や経営者も、劣等感の強い人が多いので注意。 
● オーナーでもない限り、給料が安すぎる。時給1500-2000円はマシな方。指導前後に保護者と挨拶をしないといけないなど、無給の仕事時間奉仕が多すぎる。真夜中まで続く下らない「報告会」、「教務計画書」作成や便所掃除などの時間は無給で、実質の時給は800円前後だろう。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中13人

honne.bizでは、塾・予備校講師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。塾・予備校講師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。