【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 国の安全や災害時の治安活動に貢献
平均年齢※ 31.7歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (830件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 2.0000 [2点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.1000 [2.1点]
安定性 3.5000 [3.5点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で830件の投稿があります。(511~520件を表示)
<<前へ   47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57     次へ>>
投稿者名 現在針師        投稿日時:2013/09/28 17:11:21
年齢・性別 34歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 陸自3曹 (10年勤務)衛生兵だった。
<就職を考えている方へ>
防衛省の公式ホームページ、パンフレットは上っ面の情報だけで、現役の先輩から情報を仕入れるか、本・インターネットで情報収集して判断してください。
 奨励本として田母神氏「お悩み相談室」石波茂「国防」「国難」 現役海上自衛官の「KYな海上自衛隊」

この職業・職種のここが良い 現在、鍼灸師の仕事(独立)をしてます。本来なら鍼灸師の欄に投稿すべきなのに、前職の同期、後輩から不満のメールをもらっています。自分の経験と先ほどの不満を下記のとおり述べさせていただきます。
① 給料は確実に昇給、遅配なし。高卒且つ地方というレベルではよい部類だと思います。浪費しなければ標準的な生活を送れます。又、営内に居住している若い隊員は家賃がないので貯蓄しやすい環境です。(給料4点の理由)
② 役職、部隊によっては労働時間が異なりますが、霞ヶ関の中央官庁や新聞社、医師、教師等比べれば実質的な労働時間は少ないと思います。ただし陸幕や司令部勤務の幕僚は激務で午前様、泊まりこみは当たり前で健康を害すことはあります。又、超過勤務手当てはゼロです。家庭やプライベートを重視する方は幹部にならない方が良いと思います。一般部隊の曹士は過重労働で死んだ話は聞いたことはありません。
(労働時間の4点の根拠)
この職業・職種のここが悪い ① 結果が見えない、国民に行政サービスしていない、人事評価が恣意的、年寄りや怠慢・無能な者の尻拭いをするので
モチベーションが沸く、継続は他の業界と比して困難
現役間、辞めた人間は向上心や志が高い優秀な人材がほとんど 自分が退職した最大の理由は①である。(やりがい1点の根拠)
② 任期(20代)定年(50代前半~半ば)、全国異動
(地位によって回数と範囲は格差あり) 定年退職後の再就職・老後が不安、転勤に伴うストレス・負担が大
地元勤務重視やライフ・ワークバランスを重視する方は違う
仕事を選んでください。(将来性2点)
③ 裸の王様、バカ殿が多い。
  閉鎖社会の「ムラ社会」なのでトップはやりたい放題、
「お前は、経営者か!」と怒鳴りたくなる。質が悪いことに
子幕僚がおべんちゃら、ゴマすり、ご機嫌取りするから調子に乗り、裸の王様になる。「大学の医局」のような光景で教授=将官、取り巻きの医局員=子幕僚 みっともなく、馬鹿くさい。その権威の根拠はない!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中12人
投稿者名 船乗り        投稿日時:2013/09/25 18:49:49
年齢・性別 41歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 詳細はお話しできませんが、自分の適性と希望(あまり考慮されないみたいですが)で職種が決まります。
自分の職種には一応ですが満足しています。
自分が英語に堪能であれば、もっと仕事が充実すると思います。
海上自衛隊は、資格免許は全くと言っていいほど取得できません。
向上心のある人は、私費と休日を使って資格免許を取得しています(大型自動車免許、海技士、FP、宅健など)。
「石の上にも三年」のとおり、入隊したら3年は頑張って勤務してほしいと思います。
どんな仕事でも3年やってみないと、その仕事の本質が見えてこないからです。
3年勤務して「この仕事は俺には向いていない。」と思って最期まで勉強して退職する隊員は、待遇の良い職場に再就職していきます(警察官、消防士、地方公務員等)。
いいかげんな気持ちで中途退職して、自衛隊時代よりも高収入な職に就ける人はいません。
せっかく自衛隊に入隊したのなら、3曹や幹部を狙って勉強してみてはいかがでしょうか?
自衛隊は学歴社会ではないので(防衛大卒以外は全部中卒と同じ)、個人の勉強や体力錬成、努力が最大限に評価される、公平すぎる社会です。
僕が海上自衛隊が好きだから、というのもありますが、とても良い職場だと自信を持ってお勧めできる職場です。
この職業・職種のここが良い 他の自衛隊と同じですが、海上自衛隊にも良いところや、悪いところが沢山あります。
艦艇乗組員や航空機搭乗員、特に潜水艦乗組員は手当が多く付きます。
地上勤務になると「ガクッ」と手取りが減ります。
母港に帰ってくるとつかの間の休みがありますが、台風が接近したり、大きな行事があったりすると、休みは潰れます。
そしてなぜか台風は週末に上陸します(当然休みも吹っ飛びます)。
艦艇勤務や潜水艦勤務は食事が美味しいです(もちろん無料)。
自衛隊病院へ通院・入院は無料です。
海上自衛隊にも色々な上官や同僚、部下がいます。
稀に変な人もいますが、ほとんどの隊員は真面目で、与えられた仕事を確実にこなし、性格は明るく、おとなしいと思います。
アル中や借金持ちも以前は多数存在しましたが、最近では激減しました。
個人の能力や努力は昇任や昇給に反映されます(客観的に見て、そう思います)。
勉強した人は早く昇任するし、体力錬成を怠った人はそれなりの評価を下されます。
もちろん懲戒処分を受けたら給料は減ります。
転勤は曹士と幹部自衛官(偉い人)によって、180°違います。
若い独身隊員も基地の近郊にアパートを借りて、そこから出勤します(駐屯地や基地で居住するのが義務ですが、当直日以外に基地内に泊まる隊員はいません)。
この職業・職種のここが悪い 入隊した同期の3分の2が依願退職しています。
理由は色々あるのでしょうが、船酔いがキツいのと、航海中は自由な時間が少ない、人間関係(主にいじめ)が主な退職理由ではないかと思います。
しかしここ数年ではいじめを見かけなくなり、若い隊員達も楽しそうに勤務しています。
そして依願退職者が驚くほど減りました。
航海中は衣食住が完備されていますが、昼夜を問わず、睡眠不足になるほど訓練が行われます(座り寝、立ち寝当たり前、人によっては幻聴を起こすほど)。
その他、精神疾患を起こす隊員がいます(うつ病、統合失調症、自殺)。
精神疾患と自殺の予防には海上自衛隊として相当努力していますが、顕著な効果が現れていないのが現状です。
朝の出勤時間が無駄に早いです(6時30分~7時)。
定年退職が54歳なので、ほとんどの隊員は再就職を経験しますが、OBは皆一様に「自衛隊が良かった。」と言っています。
しかし再就職を見越して資格免許を取得する隊員がごく少数です(現状に満足しているためか?)。
茶髪やロン毛、タトゥー、勤務時間中のピアスは禁止です。
ビリビリのジーンズや腰履きも禁止です。
懲戒処分の基準が、が他の公務員と比べて厳しいと感じます。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:21人中13人
投稿者名 兵隊ヘルパー        投稿日時:2013/09/22 15:02:06
年齢・性別 36歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 陸の空挺兵3曹6年前だった。料理人の修行し、2年前独立
<若い方>
自衛隊は厳しい・きついと思っている方が多いと思いますが、料理人の修行は自衛隊の教育隊の数倍きついです。
自衛隊の教育隊は部活の強化合宿みたいなものですよ!
きついのはレンジャーだけ(自分もレンジャー出てますけど)だって親方・兄弟子は殴る、蹴る、罵声は当たり前
睡眠時間3時間、休みなし
 問題は馬鹿で、ふざけたおっさんの介護することだ!
国防、戦術、戦闘技能を磨く目的の人はPMC(民間軍事会社)へ就職してください。ただし、訓練は特殊部隊並みで捕虜なってもジュネーブ条約は適用されませんが
<現役の馬鹿共に告ぐ>
お前ら、田舎の村役場か?まがりにも迷彩服着ているだろう。公務員の身分保障に甘えやがって!公務員の身分が大事なら市町村役場へ就職すればいいじゃねえか。お前みたいな怠惰な奴が多いから優秀で若い奴が愛想尽いてやめるんだよ!給料半分、防衛費半分だ!40代の年寄り多すぎだ。自衛隊は「国立介護施設」じゃね!高い給料貰って働かねえ 税金泥棒が とっとと消えろ!リストラして防衛費(人件費)が浮いて 国家財政のため、組織の活性化だ
「老兵は消え去るのみ」
この職業・職種のここが良い 現在、オーナーシェフ・自営業をしてます。現在の仕事と
比較・対称して利点・欠点を述べさせていただきます。
尚、( )内は現在の仕事の現状です。
① 馬鹿、能無し、カスでもクビならない。犯罪除いて
(能無しはクビどころか、料理業界で生きていけない)
② 演習、当直、警衛は除き、夕方帰宅可能で、休みが多い(休みは盆・正月の数日と定休日で年数日)
③ 給料は確実に貰えるし、昇給する。(お客様が来ないとオマンマの食い上げ、客を掴むには頭を使い、笑顔で愛想よく、倒産は自分が能力なし、怠慢)


この職業・職種のここが悪い ① 年寄り働かない、若い者は中年介護に徹する。退職の理由(料理業界ではあり得ない。70代、80代でも現役バリバリ)
② 頭の悪い、馬鹿で、能無しの上司・先輩に使われる。
退職の理由(実力社会、年功序列はそんなの関係ね!)
③ やりがい、評価の基準なし(努力・実力は裏切らない
。注文数、売上、顧客満足度が能力の尺度です。潰れるのは努力しないだけ)
 ※訓練のための訓練、無駄な行事・儀式、自己満足の作業 あまりにも馬鹿げている。民間企業ではとっくの昔に
倒産だ!
④ 進化・進歩なし→退職の理由
  70年前の大日本帝国陸軍と脳みそが進歩なし
改善提案しても潰されるし、目を付けられる。変化は嫌い
閉鎖社会で引きこもり、ニートのあんちゃんと大同小異
だって多流試合なし、評価なし、試合なし、顧客なし
進歩・進化するわけない。(同業他店と戦争・競争だ!
潰れる又は客が減るのは、経営者が無能なだけ)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中5人
投稿者名 税金泥棒        投稿日時:2013/09/13 00:25:39
年齢・性別 33歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 企画倒れ海外派遣専門部隊
この職業・職種のここが良い
楽すぎる
何もしなくても給料、ボーナスが貰える
自衛隊二世は、無能でも昇進出来る
誰でも出来る仕事
この職業・職種のここが悪い パワハラ、セクハラ、アルハラが多すぎる
バブル世代が上官て時点で終わってる
馬鹿を相手にするのが疲れる
人が死にすぎてる
人権などない
泥棒が多い
犯罪者が多い
隠蔽、もみ消し、都合が悪いことは世に出さない
業務上横領が激しい
福島の災害派遣で行きたくないから逃げた指揮官多すぎ
暴言やいじめと、指導を混同してる
指導の名目で他人の郵便物を勝手に開ける
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中12人
投稿者名 自衛隊のとあるおっさん        投稿日時:2013/09/01 10:36:06
年齢・性別 45歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 3佐(少佐)高卒入隊27年 中間管理職
教育職で言えば中学校の校長先生、行政職で言えば市役所だと課長に相当

<若い人へ>
仕事はたくさんあり、そこの中から選択するでしょう。
能力、性格、家庭、場所、老後、待遇等比較・検討して選んでね!現役(退役)の先輩、親戚からセカンドオピニオンやネット、著書等から情報収集してね!
就職は結婚と同じで、「思い付き」や「その場の勢い」では失敗する 以上社会人の先輩のアドバイスでした。
健闘をお祈りします。
この職業・職種のここが良い ① 高卒でも若いうち(20代)に管理職(幹部自衛官)
 に昇任されるチャンスはある。ただし、相応の努力・苦労は当然
② 軍人である前に公務員なので、法律、制度、予算等の
仕組み、体系を学ぶことができる。したがって統治(政治)という本質を勉強する機会がある。
③ 全国規模の人事異動なので、豊富な人脈と知見を築く
ことができる。ただし、家庭に問題を抱えている方や地元就職を熱望している方はやめた方がよろしいと思います。
この職業・職種のここが悪い ① 良い点の③の裏返しだが、引越し、転校、仕事の内容の変化、職場環境の変化でストレスが増し、家族に恨まれる。結婚するときは配偶者に説明と同意が必要
周囲でこのようなことで離婚又は離職した人も存在する。
② 定年が20代(任期性)と50代前半~半ば(幹部、曹)と早く、嫌でも転職しなければならない。自分もあと
10年で産業廃棄物、どうしようか?と悩んでいる。
理想を言わせてもらえば、20代前半で結婚・出産、20代半ばでマイホーム、50歳で子供独立、定年時ローン返済 若いうちから綿密なライフプランを立てなければ老人になったときに苦労する。自分も22歳で結婚、24歳で
第1子(長男)、27歳マイホーム建築、単身赴任7回
若いときは貧乏で遊ぶ金と時間はなかった。
したがって安定を求めるならば教師や地方自治体の職員を
目指してください。※自分は本音で給料半分にしていいので転勤したくないと思っていました。
③ 老人天国
  自分も老兵の部類ですが、自衛隊も少子高齢化のスピードが一般社会よりも早い。自分が入隊したころは発展途上国の人口ピラミッドでしたが、現在は北欧の人口ピラミッド、「国立老人ホーム」になってしまう。財政上よろしくないが、人事の停滞、組織の不活性、動脈硬化になり、
「老兵軍団」になり、「張り子の虎」、ダイナミックな人事制度改革が必要 元経産官僚の古賀さんの主張じゃないけど
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中14人
投稿者名 遺言状        投稿日時:2013/08/27 14:29:17
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 陸自3曹 行政、エンジニア、教育、戦闘、物流、医療等
あり過ぎて省略
来月セミリタイア(中退) 父親の経営する会社に就職
父親死んだら経営者(地方の中小企業だけど)
退職理由①上司とケンカ②勤務環境に嫌気③不公平感(おっさんたち働かない、若い・自分に押し付ける。そのおっさんの4倍働いても、年収は半分以下)
<総論>
10年間の短い自衛隊生活を振り返り、仕事の内容、労働条件、福利厚生には不満ありません。不満あるのは体質です。勤務時間や労働条件等はブラック企業よりもはるかに
良いのですが、体質・ノリ・空気はブラック企業並みかそれ以上です。
<就職予定の高校生・大学生へ>
どの仕事でも同じですが、給与・休暇、イメージで仕事を選ぶと失敗し、長続きしません。自身の能力、性格、家庭環境等総合判断して決めてください。そのため情報収集・分析に労力、時間、お金を惜しんではいけません。就職は人生を左右しますので!自衛官に特化すると、不安であります体力・集団生活はそんなに心配しなくてもいいです。
まともな社会生活が送れれば問題はありません。尚、現役の先輩として 公務員の安定した生活、国家資格をとる、
災害派遣の人命救助、体育会系のスポーツ三昧の目的として考えるなら現在働いている先輩方の迷惑になりますので
相応の仕事・学校を選ぶことを御奨めします。
<曹長さんへ>
先輩にアドバイスするのはおこがましいのですが、
行動を起こしたほうが精神衛生上好ましいと考えます。
① 部隊長、上級部隊、監察等に直訴(苦情申し立て)
② 転属・配置換えを申し出て環境を変える
③ 退職・転職


この職業・職種のここが良い 自衛官に特化して
① 営内生活だと貯蓄しやすい環境。ただし、作業や外出等制限あり
② 給与の遅配なし。(毎月18日前後給与)
  地位、年数、仕事内容により格差あり
③ 健康的な生活、体力が身につく
④ 国家資格取得に恵まれた環境(コスト、時間)
⑤ 同期の絆が強い
この職業・職種のここが悪い 自衛官に特化して
① 労働組合なし、第3者委員会が存在しないので、パワハラ等人権抑圧の被害に逢われたら救済手段なし。
② 超過勤務手当てなし。したがって馬車馬に働いても
見返りなし。
③ やりがい、客観的な評価・結果なし
  お客様いない。訓練のための訓練だから、結果責任や
説明責任なし。存在するのに意味ある。(別名張り子の虎)
④ 定年50代前半から50代半ば
  悠々自適という言葉はない。安定性を求めるなら
地方公務員(教員、地方自治体の職員等)を選んでください。
⑤ 職域、職種、勤務部隊、勤務地の選択権、拒否権なし
  オールジャパンの転勤、幹部は2~3年、単身赴任
  地元就職熱望、家族に問題を抱えている人、家庭生活
優先する方は違う仕事を選んでください。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中5人
投稿者名 曹長        投稿日時:2013/08/21 15:45:18
年齢・性別 42歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 私は、24年間自衛隊で勤務して参りましたが、もう我慢の限界であります。とにかくバカな幹部が多すぎる。最先任・先任上級曹長の役割って何?上級陸曹は何の為にいる?若手は頑張ってますよ!そんな若手を殺す場所!それが自衛隊です。
この職業・職種のここが良い ・毎日の業務は凄く楽
・休みが多い
・確かに民間に比べたら安定はしている。
この職業・職種のここが悪い ・過保護すぎる
・成功は上官のもの!失敗は部下に押し付ける!
・有りすぎて書ききれないため省略
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人
投稿者名 最悪公務員 反論編2        投稿日時:2013/08/21 12:37:08
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 <はいむさんへ>
自分と同じように危機感、問題意識があり、まともなマインドを持っているので少し救われました。
ただ、異論が2点あります。
1 上官の良き犬
  上官とはあくまで業務命令の服従だけの関係で、奴隷
 ではない!ましてや雇用関係にはない。命令とは合法で合理的な場合、職権の範囲内に限りる。(最高裁の判例、自衛隊法)ドイツ軍でも違法な命令に服従すると受令者も
処罰されます。したがって良き犬とはどう言う意味ですか?説明してください。
2 世間の価値観との乖離
  「自衛隊の常識は世間の非常識」という体質は現実にありますが、自衛隊は行政機関と同じで法律と予算(税金)で運営されています。服務の宣誓で「日本国憲法及び
法令を遵守」 民主主義の基本であります法治国家の一機関であるので治外法権は許されません。したがってサラリーマン等の他の業種と比して制約事項、高いコンプライアンス意識、職業倫理は求められているのは当然で、その代償として身分保障、給与保障、福利厚生が約束されています。(他の公務員も同様)
服務の宣誓で「国民の負託にこたえる」とはステークホルダーは納税者(国民)であって、上官のために働くのは本末転倒、主客転倒、的外れ、目的と手段の履き違えであると主張します。自分の今の仕事(農業)のステークホルダーは食品会社、小売・スーパー、レストラン、消費者
「信用」で飯を食っています。違法(産地偽装等)は論外で社会常識に外れ、信用を失うと「おまんまの食い上げ」
「結果責任」と「説明責任」が自然と求められます。現在の自衛官は国民(納税者)に「結果責任」と「説明責任」
を果たす考え・意識を持っている方はゼロに等しい。
 体質・体制を変えるには内部では不可能!
方法は2つ
・政治家・防衛大臣になり、橋本大阪市長のように独裁政治して、抵抗勢力を粛清
・軍事ジャーナリストになり、マスメデイアを利用し、世論形成する。
はいむさんどちら選びますか?
この職業・職種のここが良い 前と同じ
この職業・職種のここが悪い 前と同じ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中2人
投稿者名 かみのおとこ        投稿日時:2013/08/18 17:19:12
年齢・性別 19歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 一等陸士
普段は銃剣道やってるだけ
この職業・職種のここが良い 給料はやすいが安定していてボーナスも年2回
体を鍛えれる
訓練隊に入ってる人は一日部活みたいな感じ
この職業・職種のここが悪い 働かないくちだけのおっさんがいる
営内者の場合部屋の先輩にクズのようにつかわれる
全員頭悪い
理不尽極まりない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中4人
投稿者名 はいむ        投稿日時:2013/08/18 17:07:00
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 三頭陸曹

射撃、戦闘訓練、各種技能の習得、体力練成、訓練隊、各種兵站関連(非常に雑多)、芝刈り。
この職業・職種のここが良い 将来下士官を目指し、幹部になるつもりのない方を前提に書いていきます。
・給料
高給とは言えないし、安定しない世の中、自衛官の給料も増減が激しい。とはいえ、倒産はあり得ないので安定しているほうである。居・食・住完備であるので手取り15万以下の陸士だとしても十分な額貯蓄できるだろう。しかし、これは後述する悪い点にてひとつ付足さなければならない事があり3点とした。

・やりがい
貴方が、災害派遣や富士総合火力演習等の催し物を見て憧れ、入隊するのであれば間違いなくすぐ辞めることになるだろう。あれは格好良い所だけを見せてるだけに過ぎない。
現実は違う。一般企業とは違い意味のないように思える作業も多い。訓練では三日四日寝ずに、お外でじっと寒さと暗闇と静寂と睡魔に耐え、気合が足りなければば幻覚を見る事もあるだろう。夏は猛暑だというのに、分厚い作業服を着て重い装備を装着したまま、延々と穴を掘り続けるかもしれない。広く自然豊かな駐屯地内は雑草の伸びも速く草刈は日常茶飯事だろう。上司の良き犬になる事に徹しなければならないだろう。周りには腐った人間も多くそれに流されないよう自律しなければならないだろう。
しかしそれらを承知で入るのであれば何も問題はない。
自衛隊は国防が主たる任務である。
最悪な時に最悪な事をする為にいる。その為に全ては行われている事を忘れてはならない。元はいかなる仕事もそうだったのだ。いかに忘れている人が多かろうと、手段が目的になっている現実があろうと、勘違いしてはいけない。そこを考えようともせず、変えていこうともせず辞めていく人が多い。日本人は昔から国を変えるためなら努力を惜しまなかったはずだ。ご先祖様の奮闘の結果、独立国として文化を育み続けた平和な日本がある。絶対にこれを侵害させてなるものかと思い、どんな仕事でもやって欲しい。上官を安心させる為に、良き犬となるべきであろう。それが軍隊だ。
よって(?)やりがいは五点。

・労働時間の短さ
自衛官は休暇中の隊員を除いて誰もが24時間勤務している事になっている。課業が終わろうと油断はできない。残業という概念はもちろんない。演習中は何日もろくに眠れない事もある。が、一般的には課業は概ね8時~17時までである。
そして一般的には休憩も良く取れる。
労働時間の短さとしては、かなり良い職場であるという事になるだろう。

・将来性
自衛官の給料はお世辞にも高くはない。大学を卒業したのであれば、自衛隊以外の選択肢を考えるべきであろう。
自衛隊の将来性という話であれば別である。今から入る皆が変えていくはずだ。動脈硬化といわれる陸上自衛隊も大分変わってきたと聞く。志を高く持つ人で集まると良い。

・安定性
わが社の社長は内閣総理大臣である。よって・・。
この職業・職種のここが悪い ・意外と出費が嵩む。
居・食・住完備であるので、手取り15万以下の陸士でも十分貯蓄はできる。だが、計画性のない奴には厳しい。居住費については、電気代は出すしテレビを持っていなくてもNHK受信料は自衛官は全員払わなければならないし、各種支援団体への集金も多い。
食事は駐屯地内で食べる分にはかからない(中で暮らしてる人だけ)ので助かるが、土日に外出して外で食べるという事は多いはずだ。上司との飲み会も非常に多い。タクシーを使う機会も、足が無い都合上多いだろう。衣服についても、支給された物だけで生活はできるはずも無く、体育用の服から戦闘用のシャツまで何から何まで揃えなければならない。過酷な環境下で訓練する部隊は消耗品も多い。全部自腹だと思って頂きたい。夏場は、分厚い戦闘服を着たまま作業をすれば、汗もよく書く。自販機があるのですぐ飲料を買ってしまうのだ。これが地味に痛い。他にも色々あるのだが、計画性をもって細々した物まで管理している人でないといつのまにか金は無くなっているだろう。

・頭が硬い
伝統や良き習慣を維持するのは大切であるが、時に同じことを続けているからといい、理由もなく効率の悪い方法を選択している事もある。
陸士が思うそれには、大抵裏の理由があるのでそれは違う事が多いのだが、上になればなるほど訳のわからないシステムに頭を痛める事になる。
変えていく流れを作り、すこしずづ自衛隊風に変えていくだけだ。

・軍隊である。
自分は短所だとはまったく思っていないのだが、やはり現代の世間一般の価値観と自衛隊のそれは大きく異なっているだろう。それに順応できれば、楽しい毎日である。
割に合わないとか、個人の人権だ、とかを考え始めたら、幸せににはなれない職場だろう。国の為、上官の為、同期の為、家族の為を思い頑張るしかない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人
<<前へ   47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。