【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団
平均年齢※ 30.6歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (962件) 2.6000 [2.6点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 1.9000 [1.9点]
労働時間の短さ 2.8000 [2.8点]
将来性 2.0000 [2点]
安定性 3.6000 [3.6点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で962件の投稿があります。(631~640件を表示)
<<前へ   59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69     次へ>>
投稿者名 アンチ自衛隊        投稿日時:2014/09/07 19:02:01
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 2 [2点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 海外派遣専門部隊と言う名の吹きだまり。
パワハラか脅迫、公文書偽装され退職しました。
中隊長殿お元気ですか?
こちらは、貴方の様に無能ではありませんので、日々メキメキと力をつけております。
速く民間に来てくださいね。
奇遇にも同じ会社になってくれたら素敵ですね。
そこでも階級を盾に仕掛けて来ますか?

この職業・職種のここが良い バブル世代がいなくなればマシになる。
この職業・職種のここが悪い バブル世代の国賊共、お前らだよ。
国から出ていけ。
ゴキブリ共が。
階級も組織もお前らのものじゃない。
得に40、50代そこで見てるお前らだよ。
せいぜい、駐屯地の中だけで息巻いてろよ。
防衛省の肩書きがないと何も出来ないゴキブリ共が。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中2人
投稿者名 第4師団        投稿日時:2014/09/07 17:41:28
年齢・性別 19歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 朝6時起床

反省

体力錬成

駆け足
この職業・職種のここが良い 風呂、飯ついている。
決まった給料、ボーナスがちゃんとある
この職業・職種のここが悪い 教育中はただ単にだるいの一言。
仕事にやりがいを感じないし、ぶっちゃけ給料も少ない。
もともと一生涯の仕事として入った訳じゃないが、、、
にしても入りすぎたら頭がおかしくなりそう。
結局、国を守るとゆうのはきれいごとだけでいざ戦争になったら守れないと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人
投稿者名 現役自衛官(陸自)        投稿日時:2014/09/03 12:16:35
年齢・性別 52歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 普通科連隊の小隊長
この職業・職種のここが良い 衣食住ただ
この職業・職種のここが悪い パワハラ、いじめ、暴力が蔓延している。プライバシーもまるでない。22時間勤務態勢で、休みが不規則。最近はとくに幹部の質が低下し幹部の犯罪が多くなっている。これでは国民の怒りを必ず買う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中5人
投稿者名 やまかがし        投稿日時:2014/08/22 05:16:12
年齢・性別 55歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 陸上自衛隊の通信科は有線無線搬送におおざっぱに分かれている。映像伝送などもごくわずかだが存在する。そのまま娑婆の技術も存在するので趣味と実益で絞り込むのも悪くない。NTTとの接続もたまに訓練でやっていたがとても緊張した思い出がある。
この職業・職種のここが良い 演習以外は定時ですべて終わる、たまに警衛という夜回りの仕事があるまあ普通にきつい。通信科だったので特別ハードな訓練はなかった。ほぼ頭の良い連中ばかりで酷い目にあうこともなかった。
この職業・職種のここが悪い 外部との交流がほとんどなく毎日毎年ほぼ同じことの繰り返し。陸上はその日に門限がありこれがなかなか厄介。たまの演習も古参の一曹が若い幹部に怒鳴られて、こんなのが一生続くと思うと気がめいる。体力気力知力にずば抜けた人物がごくまれに存在する、娑婆では会ったことがない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中5人
投稿者名 現役自衛官        投稿日時:2014/08/19 23:50:46
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 普段は所属中隊の係等の業務


時間を作って体力練成
演習場での訓練や検閲等をこなしながら、現在のような3ヶ月間の臨時の勤務等が仕事です。
教育に携わっていると、若い隊員の悩みや話をよく聞きます。
もうやめたい、入ったはいいが自分には合わない。と言ってすぐに音を上げる者も多くいますが、自衛官と言う仕事は、民間人が本当に苦しんでいるような状況で活躍しなくてはいけない仕事です。苦しいことに耐えられない人間が、その場面で役に立つはずがありません。
震災の時でも、苦しんでいる人に「大丈夫ですか?」と声をかけれないような人間が、人を助けられるわけがありませんから。もしも戦争になったとしても、死にたくなければ自分で生き抜く術を磨かないといけませんしね。そのために普段からきつい演習をしたり、厳しい規律を守ったりしているのです。
これから自衛官を志す人は、ほとんどの人は教育を受けるとは思いますが、たかが3ヶ月や6ヶ月で全てを悟ろうとしないで下さい。きっと自分が必要とされる時が来ます。その時に初めてやりがいというものを感じますから。
この職業・職種のここが良い 現在、新入隊員の教育隊に臨時で3ヶ月間勤務中
新しい人材を育てることにやりがいを感じています。
震災時の災害派遣で、「ありがとう」と言われた時には素直にやりがいを感じました。
この職業・職種のここが悪い ツルの一声に従うしかないところ、理不尽な命令も、受け入れることが必要。しかし、合理的ではないこともある為、それに耐えられないような人にはツライ仕事だと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中8人
投稿者名 いぬ        投稿日時:2014/08/10 13:39:22
年齢・性別 33歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 時給200円相当の雑用
この職業・職種のここが良い タダメシ(笑)、増加食(笑)、駆け足(笑)、通院(笑)、
この職業・職種のここが悪い 指導(笑)、業務の効率化(笑)、服務(笑)、待機(笑)、精強(笑)、WAC(笑)、団結会(笑)、保険屋(笑)、営内点検(笑)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中4人
投稿者名 riuta        投稿日時:2014/08/09 12:53:00
年齢・性別 33歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 現実的でない、奇妙な訓練
この職業・職種のここが良い リストラなし
ローンが簡単に組める
給与、退職金、年金が法律で守られている
この職業・職種のここが悪い 本来の任務である戦争がないため、精神的に暇な組織。
隊員の質はバブルのころよりいいが、やっぱり底辺のバカ、クズの集まり。精神的に暇なのでバカが考えた馬鹿げた訓練がおおい。上級幹部から末端の隊員まで犯罪者が大量に存在している。特に性犯罪が多い。何でこんなに・・というレベル。興味のある方はネットで検索してみよう
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中9人
投稿者名 飼い犬        投稿日時:2014/08/04 21:52:12
年齢・性別 22歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 宴会パラダイス。仮想敵と言う訓練。整備。社会人として腐りたいか腐りたくないかは貴方次第です。
この職業・職種のここが良い 給料はしっかり出る。福祉関係はしっかりしている。ボーナスが必ず出る。休みが多い。部隊によるが毎日パソコンをイジイジして給料が貰えるとこがある。退職する際援護を受ける事ができ私はそれを利用し今は大企業で働いてます。
この職業・職種のここが悪い 毎日いじめが頻繁に起きている特に普通科は。私の居た部隊もいじめを受けて辞めた人が数人います。社会人として腐った人間の集まり。毎週班長に外出の許可を得なけばならない。大人の幼稚園。七年以内に陸曹にならなければクビになります。考える事が小学生並。陰口が多い。新しく入隊した子の作業を手伝おうとしたら何故か怒られる。私は右足首を壊して手術しましたがある奴から右足首を壊した位で手術するな!と言われました。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中8人
投稿者名 shibelin        投稿日時:2014/07/28 10:25:11
年齢・性別 23歳(男性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 停泊時:受け持ち機器、区画の整備。
航行時:諸訓練

自衛官として、艦艇乗組としてまだまだ若造の自分です。
ですが、わざわざ入隊して4・5ヶ月で辞める人達を大勢見てきました。
20歳未満は親の承諾も必要なのですが、辞めることを承諾する親もどうかと思います。
家庭的な事情があるならまだしも、自分にあってない等で辞めていく人達が多いです。
あってないなら職種変更もありますし、海自の陸上配置にさせてもらいことも不可能ではありません。(確実ではない)
一般でも自衛隊でも善し悪しはあるのでもう少し頑張ってみるのも悪くはないはずです。
この職業・職種のここが良い 海上自衛官だと早いうちに下宿をとれる。
給料が安定している(いい意味悪い意味両方で)。
福利厚生は充実している。
艦艇乗組だと基本給に3割+される。
資格が取りやすい?
この職業・職種のここが悪い 出航期間が途中で長くなることもある。
先の見えない出航もあり。
修理以外はいつ緊急出航が来るかわからない。
人間関係が悪いところがちらほら(派閥みたいなものあり)

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 今警備        投稿日時:2014/07/25 23:24:17
年齢・性別 42歳(男性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 普通科部隊出身ですが、在職中は食堂や会計隊などの臨時勤務がほとんどでした。もう除隊して15年は経ちますのであまり細かく覚えてない。
この職業・職種のここが良い 休み多いことですかね。当直や残留といって駐屯地にいなくてはならない当番があっても年間の休みは一般よりは多いのでは?あと体力錬成が仕事になること。普通はありえない。
この職業・職種のここが悪い 集団生活です。陸士でしたので営内生活でしたがきつかったです。あと体育会ノリがないと特に戦闘部隊ではうまくやってけない感じ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
<<前へ   59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。