【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 国の安全や災害時の治安活動に貢献
平均年齢※ 31.9歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (926件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.9000 [2.9点]
やりがい 1.9000 [1.9点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.1000 [2.1点]
安定性 3.6000 [3.6点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で926件の投稿があります。(661~670件を表示)
<<前へ   62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72     次へ>>
投稿者名 超高齢化社会        投稿日時:2013/02/20 13:03:42
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ヒミツ
<老害の実態>
・ エゴや次元の低い批判は別として、制度や体質に対する不満は大半は老害に起因すると考えられます。
したがって、ロートル1人の年収は新人の3~4人分に相当し、老兵をリストラすることにより、人件費は抑制され若者をどんどん採用し、設備投資(装備品購入)が増え、
組織の活性化できるのは自明の理だと思います。
 やはり、総理大臣や防衛大臣が石原のじじいや橋本の
おっさんみたいな過激で毒劇物みたいな「諸刃の剣」みたいな人物でないと改革や活性化は無理です。
 古賀さん(経産省の元官僚)の著書「国家の中枢の崩壊」でも「霞ヶ関ムラ」は「国防ムラ」とおなじく老害
で壊死寸前

参考 アメリカ軍全体の平均年齢26歳
   自衛隊全体の平均年齢  36歳

   アメリカ軍の将校の平均年齢 32歳
   幹部自衛官の平均年齢    44歳

   自衛官の中で最も多い年齢層 45歳~50歳
   人口構成は頭でっかちでまさに「超高齢化社会」
   ある意味、時代の最先端
この職業・職種のここが良い 他の公務員とメリットは概ね同じ
田舎だと名士扱いされ、羨望のまなざし
この職業・職種のここが悪い ・超高齢化社会における老害による動脈硬化

  脳梗塞、心筋梗塞で細胞壊死は時間の問題
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 ある若手自衛官        投稿日時:2013/02/13 12:40:17
年齢・性別 27歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 <国民の皆様へ一言>
東日本大震災で自衛隊は災害救助のためにあると思い込んでいる人も他業種の友人で存在する。災害派遣やPKOは
民事作戦の一つで できて当たり前の付随任務です。
主任務は武力攻撃事態対処のシュミレーション、オペレーション、トレーニングであり、災害救助だけだったら「ハイパーレスキュー隊」を増強すればいいだけ。
 中国人民解放軍が沖縄・尖閣に侵攻したときに反撃できなかったり、北朝鮮が日本に向けて弾道ミサイルを発射したとき撃墜できなかったら本末転倒・主客転倒であると自分はそう思います。
<入隊を考えている若い人へ>
海上保安庁の例を挙げると、映画「海猿」で志願者が例年よりも倍増したらしい。人事担当者は「映画と現実は違う、
憧れで職業を選んでも困るな」と逆に苦笑していた。
何を言いたいかと言うと映画、ドラマ、漫画で職業を選ぶと
泣きや後悔したりする。自分の後輩でも漫画「国防論」や「戦争論」に洗脳されて入隊した新人が「イメージとは違う」と捨て台詞を吐いて退職してしまった例があるから。
仕事はきれいごとや憧れでは成り立たないことをわかってほしい。
この職業・職種のここが良い 他の書き込みとほぼ同じ
強いて言えば公務員の経済的安定と身分保障
この職業・職種のここが悪い ① 一般社会に正しく認識されていない。
  政治や戦後の「軍事アレルギー」も原因があるが、防衛
省自体引きこもりの体質でアクテイブに情報発信しない体質
にも問題・原因があると自分は考える。又、「教えざる罪」
もあり、学校教育でも安全保障は政治問題になるというタブー視も問題・原因がある。
※ 自民党幹事長・元防衛大臣 石波代議士も著書で同様の
ことを指摘
② 評価・チェックなし
会計検査やその他事業に関わる検査は除いて、国民からの評価、チェックは乏しいのが現実、公立学校でも父兄や生徒から学校運営について評価を受ける時代、防衛省のお偉方は時代錯誤の思考から抜ききれない印象がある。
他の書き込みでも同様の意見があり、国民からの評価は組織の健全化には必要不可欠であることは異論はない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中4人
投稿者名 ある若手自衛官        投稿日時:2013/02/13 12:33:22
年齢・性別 27歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 <国民の皆様へ一言>
東日本大震災で自衛隊は災害救助のためにあると思い込んでいる人も他業種の友人で存在する。災害派遣やPKOは
民事作戦の一つで できて当たり前の付随任務です。
主任務は武力攻撃事態対処のシュミレーション、オペレーション、トレーニングであり、災害救助だけだったら「ハイパーレスキュー隊」を増強すればいいだけ。
 中国人民解放軍が沖縄・尖閣に侵攻したときに反撃できなかったり、北朝鮮が日本に向けて弾道ミサイルを発射したとき撃墜できなかったら本末転倒・主客転倒であると自分はそう思います。
<入隊を考えている若い人へ>
海上保安庁の例を挙げると、映画「海猿」で志願者が例年よりも倍増したらしい。人事担当者は「映画と現実は違う、
憧れで職業を選んでも困るな」と逆に苦笑していた。
何を言いたいかと言うと映画、ドラマ、漫画で職業を選ぶと
泣きや後悔したりする。自分の後輩でも漫画「国防論」や「戦争論」に洗脳されて入隊した新人が「イメージとは違う」と捨て台詞を吐いて退職してしまった例があるから。
仕事はきれいごとや憧れでは成り立たないことをわかってほしい。
この職業・職種のここが良い 他の書き込みとほぼ同じ
強いて言えば公務員の経済的安定と身分保障
この職業・職種のここが悪い ① 一般社会に正しく認識されていない。
  政治や戦後の「軍事アレルギー」も原因があるが、防衛
省自体引きこもりの体質でアクテイブに情報発信しない体質
にも問題・原因があると自分は考える。又、「教えざる罪」
もあり、学校教育でも安全保障は政治問題になるというタブー視も問題・原因がある。
※ 自民党幹事長・元防衛大臣 石波代議士も著書で同様の
ことを指摘
② 評価・チェックなし
会計検査やその他事業に関わる検査は除いて、国民からの評価、チェックは乏しいのが現実、公立学校でも父兄や生徒から学校運営について評価を受ける時代、防衛省のお偉方は時代錯誤の思考から抜ききれない印象がある。
他の書き込みでも同様の意見があり、国民からの評価は組織の健全化には必要不可欠であることは異論はない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人
投稿者名 元士官        投稿日時:2013/02/12 15:56:31
年齢・性別 36歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 2尉(中尉) 幕僚 (3年前)
退職は上司や職場環境にうんざり
現在、損保代理店経営
<現役で批判している方へ文句>
批判は2通りあります。1つ目は制度、体質、職場環境
(比較的知的レベルが高い方又は将校クラス)2つ目は自分の待遇、給与、休暇等(比較的知的レベルが低い、又は士クラス)1つ目は許せるし、改善のヒントになるが2つ目は
あさましいし、見苦しい、墓穴を掘っているとしか思えない。嫌だったら転職しろよ!辞めれない口八丁が文句言う資格なし!他の業界の方がこんな書き込みを見たり聞いたりしたら飽きれるぜ!だったら「やめれば」で終わるぜ!
<入隊を検討している若者へ>
どんな業界でも不条理なことや理不尽、矛盾はあります。
職業選択は「結婚」と同じく人生を左右します。
自衛官(元自衛官でも可)の先輩、友人、親戚からセカンド
オピニオンを受け、将来性、安定性、能力活用、家庭との調和、勤務場所等を比較・分析して決断してください。
自分は現在の職業と客観的に比較し、前職を過度の賞賛したり、否定はしてません。だって職業選択と進退は日本国憲法で平等に保障されているんだもん!
この職業・職種のここが良い 1 公務員の身分保障(安定性4)
(1)無能、怠慢者でも犯罪行為がなければクビをきられない。
(2) 病気、出産で一定期間の身分と給与が保障
2 経済的安定(給料4)
(1) 民間企業みたいな倒産、リストラないのでローンが組みやすい。
(2) 地方では同年代と比較して収入は高い部類、但し、定年や任期より若年退職や転職が不可避なので生涯年収は一般の公務員やサラリーマンと大同小異
この職業・職種のここが悪い 1 評価なし(やりがい1点)
 他の書き込みでもあったとおおり、人治国家という側面はある。市民や政治の評価、チェックは同意で、むしろ当然である。(法治国家且つ国税で運営している機関だから)
又、良い点の 1-(1)に甘え、食い物にしている国賊軍人がいるのも確かで、防衛省は速やかに排除する制度・政策
を作らないと人材が流出、集まらない。
2 定年・任期、人事制度(将来性2点)
(1) 定年・任期で若年退職、再就職は制度上不可避
   ア 現役間にスキルや資格を身につけ、ネットワークを築く
   イ 若いときから結婚、マイホーム、大学等のライフプランをたてる。
(2) 人事制度(特に採用、昇任)
財政・予算や政策で人事制度が朝令暮会のように変わる。したがって昔(昭和)の頭の人はついていけない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中7人
投稿者名 海猫        投稿日時:2013/02/10 15:16:18
年齢・性別 43歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 海賊対処(ソマリア沖)
日本近海においての各種監視業務
後方支援業務

経理・補給関係の仕事。年度末は残業だらけ
この職業・職種のここが良い 犯罪は論外だが、よほどの素行不良じゃない限り免職(首切り)は無い。
基本的に衣食住は保障されてます。給与安いと思うかも知れませんが、食費や家賃考えると妥当かな。
必ず年に1回健康診断有ります。
自衛隊病院に限りますが、医療費は本人の自己負担分有りません。
乗組手当、航海手当で給与の大まかに3割増しが支給されます。
この職業・職種のここが悪い 良くも悪くも世間知らず。
典型的な縦社会。
組織事態が硬直したモノの考え方に陥っている。
指定された場所に居住する義務が有るので、当直など上陸時間が制限される。
基本的に旅行するにも許可が要ります。
若い方々には窮屈と思われるかもしれませんね。
走ったり、ほふく前進の訓練ばかりと思われるかもしれませんが、体力練成より、デスクワークで走る時間も取れない部署も有ります。
残業手当ありません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中2人
投稿者名 VTR        投稿日時:2013/02/09 22:10:23
年齢・性別 37歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 山の中で演習
整備
射撃
格闘
銃剣道
持続走
この職業・職種のここが良い リストラがない
自衛隊体操はよい体操だ
この職業・職種のここが悪い 人間社会の底辺が集まるくず集団
大阪市役所など問題にならないくらいのひどさ
災害派遣で活動したので国民はよいイメージを持っているが
普段の自衛隊はまさに政治家・市民による監視が必要な組織だ。
うそだと思う人はグーグルで「自衛官 犯罪」で検索して。
しかもそれ、氷山の一角だから。罪が確定して公表されているものだけで、実際は暗数っていってその数十倍の犯罪を奇声を発してヘラヘラニタニタしながらおかしてるよ。
ちなみにレイプなんかは暗数が告訴数の25倍だからな。
100人中96人は泣き寝入りだから。女は特に気をつけて
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中6人
投稿者名 ある大尉        投稿日時:2013/02/07 12:00:04
年齢・性別 38歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 中隊長 中間管理職
<世間を知らない体力集団へ>
お前、死ね!でまかせ書いても誰も信用しない。世間はそんな馬鹿いねえよ!お前なんかどこも雇ってくれねえよ!
<就職・転職を考えている若者へ>
自分も若いとき、先輩から怒鳴られ、ヤキ入られここまできました。どの業種でも同じですが仕事は苦労が付き物です。
能力、価値観、家庭環境、人生設計から何を優先するか、何を重視するか職業を選択してください。
あと、レベルの低い現役の書き込みは腹いせなので、無視してください。だって不満あっても退職しない矛盾だらけで、ハッタリ野郎の言うことなんか信用できないから
この職業・職種のここが良い ① 安定した経済、身分保障
② 教育・研修体勢充実し、高い教養、技術、体力を身に着けていることができる。
③ 全国、海外で勤務・出張で知見を広げることが可能
この職業・職種のここが悪い ① 特におっさん連中はがん細胞で、働かない、頭が「昭和」のままで管理職として苦労している。
定年を早めたり、早期退職制度を導入し、産業廃棄物処分場
へ(笑)
② 無能・怠慢な者を簡単にクビにできない。(訴訟のリスク回避)
③ 各種制約事項あり(守秘義務、指定場所居住、命令服従、政治行為禁止、宗教行為禁止、団結・交渉権なし(労働組合)等
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中4人
投稿者名 参謀将校 忘れた!        投稿日時:2013/02/02 13:46:29
年齢・性別 37歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 <入隊を考えている人への助言>
対象:4月から高3年生、大学4年生
比較:陸海空
   同業でも陸海空で文化、体質、任務が違う。まあ宗教と同じ。宗教(軍種)でも宗派(職種)がある。例 普通化
(歩兵)、特科(砲兵)等 宗派(職種)は入隊後、説明会や適性検査があるので現在は考える必要はないと思う。考えるのは宗教(軍種)、一般的に宗教(軍種)の特性からある観点で比較しました。(判断しやすくするため)
但し、相対的・平均的なものなので部署・地位で異なるので
ご了承願いたい。
<収入>
 海>陸=空(海上は航海手当で艦艇の乗組員になった場合)
<スキル向上>
 空>海>陸(航空、海上は技術面を重要視、陸は野外行動を基本とするのでオールマイテイの技能を重視)
<勤務地の融通性>
陸>空>海(陸上は各都道府県に駐屯地が存在、航空は基地の場所が限定、レーダーサイトは離島僻地、海上は軍港・航空基地が限定)
<ライフワークバランス>
空>陸>海(陸上は演習等以外は駐屯地で仕事、航空は防空
が任務なので即応性が求められ、交代制、海上(艦艇の場合)は航海等で数ヶ月家を空ける場合がある。
<推薦書>
・国防(石波茂:自民党幹事長)
防衛省自衛隊の体質批判、防衛政策を提言 玄人向け
・お悩み相談室(田母神 敏雄:元空幕長)
現役、現役の家族(彼女含む)、入隊希望者の悩み・質問を40年の経験・知識から助言  素人向け
<自分の経験から助言>
中隊長時代、新人が「自分のイメージとは違う!」「雑用するために入隊したんじゃない!」と退職した若者がいた。
仕事・職業はイメージや憧れで選択すべきではないし、現実
を見て(能力、家庭環境、価値観(収入、勤務地、ライフワークバランス、やりがい)等を比較して選択すべきだと主張
します。やはり、そのためには「情報戦」に勝つことですな!
 
この職業・職種のここが良い 省略 前とおなじ
この職業・職種のここが悪い 省略前と同じ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中4人
投稿者名 参謀将校        投稿日時:2013/02/02 10:47:54
年齢・性別 37歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 司令部の幕僚(参謀)1尉(大尉)
<自殺・精神疾患の原因の考察>
① 閉鎖社会(ガラパゴス)、時代錯誤→頭が「昭和」の時代
② 大日本帝国陸軍の「精神主義」がDNAとして遺伝、精神論で物事が解決できると思い込んでいるたわけが存在
③ 無能、怠慢者の仕事の尻拭い(業務の偏り)
④ 「小山の大将」の指揮官の公私混同、職権乱用
<厚顔無恥の事例>
① 露天風呂のぞきで逮捕された指揮官が辞職しない
② 公文書を偽造した幹部が辞職しない
③ 駐屯地内で闇金融の保証人を強要した事件で、幹部は「放置プレイ」、自殺者(生命保険で返済)が出て問題発覚
指揮官は道義的な責任(辞職)せず、いまだに公務員の身分保障という甘い汁を吸っている。
以上、ここが悪い②の主張する根拠です。士気(モチベーション)や統率(ガバナンス)が崩壊するのをわかっているのに甘い対応している。納税者は「国賊を養うために税金をはらっているんじゃねえ!」と怒られても反論できない。
<入隊を考えている人へ>
採用の種類が多数存在するが、合否は別として入隊してから後悔しないため、受けれるものは受ける。(日程は別で併願可能、受験料無料)、今は宗教(陸海空)を選択し、宗派(職種)は入隊後に検討
陸海空の比較(職種、地位によって異なる。相対的な比較)
<収入>
 海>陸=空
<スキルの向上>
 空>海。
<収入>
この職業・職種のここが良い ① 多種多様の分野・職域
  戦闘、行政、兵站、教育等幅広い職域が存在
② 選抜試験で先輩を追い越す機会がある。
  幹部候補生、CGS(指揮幕僚課程)等選抜試験に合格すれば階級で先輩を追い越すことは可能、ただし相応の努力を要する。自分は田舎の普通高校しか出ていないが、20代後半で幹部(将校)任官、30代半ば1尉(大尉)昇任で中隊長、過去の上司で同様に田舎の普通高校卒でCGS合格し、1佐(大佐)に昇任した人も存在(レアケース)
③ 採用試験が多様、学力に応じて選択できる。
  ピンは防衛医科大学(地方の進学校のトップクラス)からキリは任期制自衛官候補生(田舎のボンクラ高校クラス)
この職業・職種のここが悪い ① 自殺者・精神疾患が多い。
公務員の安定した身分保障があるのに他業種と比しても
 人口当たりの割合が多い。非常に理解不能?
 原因の考察は下記へ
② 厚顔無恥のたわけ者が散見
  世間の一般常識から考えられない事象も見聞きした。詳細は下記へ
③ マネージメント及びガバナンスの概念薄い。
  業務量の偏り、上記の①、②と関連するが、業務の効率化、工夫する思考が足りない。年寄りの頭は「昭和」のままで現状維持、既得権益ばかり主張する。
  
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中1人
投稿者名 もの申す 言い忘れたこと        投稿日時:2013/01/30 17:11:35
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 言い忘れたことが2点あります。
<退職予定の現職自衛官へ忠告>
民間企業に求める人材は「人件費を上回る利益をもたらす」
「即戦力」の2点、自衛隊のウリの「礼儀正しさ」「規律」
「体力」は糞にもならない。就職援護体制がミスマッチ、一遍通りで例えるならば、訓練もせず、火炎瓶で戦車と戦闘するようなものだ!他力本願はやめ、他業種(きっかけは何でも良い)とお付き合いし、世間の動向について情報収集した
方が良い。資格・スキルはその後でも間に合う。
 就職援護教育ははっきりいって無駄!3ヶ月~4ヶ月
体験入社して進路を決めたほうがいいし、民間企業の厳しさ
も理解できる。現在の就職援護では戦いの土俵にも上がれないことは自信以って明言出来る。
 参考に過去、自分の職場に元2佐の方が再就職したが、4ヶ月で辞めた。推定理由① 新入社員のくせに態度がでかく
若い上司にタメ口をきき、よく先輩社員から説教喰らっていた。② 電話の応対が横柄で顧客・取引先から苦情
③ 自衛隊時代の過去の自慢話ばかり、そのくせ仕事はできない。以上から上層部は自衛官は使えないと判断し、退職自衛官を採用するのをやめた。(当然ですな)
何を言いたいかというと若いやつの下で働きたくなければ
自営業(農業、飲食店)でもやるんですな!
<入隊を検討している方へ助言>
・入隊を決意するなら、リスク、デメリットは承知済み
 聞いてない、そんなはずがないは通用しない。
 (このサイトの存在理由)
・あほな年寄りばかりの集団だが、ヘルパーになったという
割り切りで仕事してね!
・公務員で平和ボケしているので何もしないで無駄に過ごすと再就職の際、泣きを見るよ!資格の勉強、他業種の方との
交流(趣味でもよい)、政治経済の勉強して再就職で苦労しないように!
この職業・職種のここが良い 前の書き込みと同じ
この職業・職種のここが悪い 前の書き込みと同じ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中2人
<<前へ   62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。