【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 国の安全や災害時の治安活動に貢献
平均年齢※ 31.7歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (830件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 2.0000 [2点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.1000 [2.1点]
安定性 3.5000 [3.5点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で830件の投稿があります。(691~700件を表示)
<<前へ   65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75     次へ>>
投稿者名 2士        投稿日時:2011/09/04 15:52:34
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 体力づくり
軽い武器
この職業・職種のここが良い 銃が撃てる
国家資格などの勉強ができる
任期中に資格をとれば転職がスムーズにできる
この職業・職種のここが悪い 一人になれる時間がない。
馬鹿しかいない
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中8人
投稿者名 反逆の志士        投稿日時:2011/09/03 05:31:25
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 重迫撃砲
飲み会

草むしり

じじーの愚痴処理。

やってられねー。
この職業・職種のここが良い ・銃が撃てること
・馬鹿でも入隊できる
・部隊によっては死ぬほど暇
この職業・職種のここが悪い ・給料が安すぎて将来絶対にやってけない
・陸曹なので任期満了する前に辞めると退職金がない
・驚くほどバカばっかり
・休みが少ない
・体壊したらおしまい
・皆、転職していく
・俺は早めにやめてフランス外人部隊に行く。土日はフランス語の教室に通っている。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中10人
投稿者名 自衛隊大好き        投稿日時:2011/09/01 23:40:57
年齢・性別 45歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 部隊の訓練
隊員の指揮、教育等
将来の計画立案
安全保障問題に対する研究など
幅広い仕事があるので、より多くの自衛官に質問するとよいです。あなたの周りにもたくさんの自衛隊関係者がいるはずです。
この職業・職種のここが良い 1 仕事に関して
○国家の安全保障に寄与できる。
○どんな階級でも、組織力の発揮を求められることから、
団体生活の基本を学ぶことができる。
○自分の考える安全保障政策を具現化できる。
○入隊前に予想した以上に、海外への出張機会が多い気がする。
○どこの会社でも、上司との処世術が必要。自衛隊も同じ。しかし、努力すれば、必ず報われる制度が、確保されている。
○改善意欲を持ちつつ、常に仕事の勉強をしていれば仕事がなくなることはなく、充実した仕事ができる。
2 福利厚生に関して
○家族の医療、扶養等は、公務員であることから比較的安心できる。
○給料からの天引きが結構あるが、その分、国家公務員共済組合等のサービスがフルに活用できる。
3 その他
○親身に相談に乗ってくれる上司は、民間企業より多い気がする。
○入隊後しばらくの間、隊内で苦楽を共にして生活するため、一生信頼できる貴重な同期を得ることができる。
○悪いところもあるが、自衛隊以外の同窓生と話をするとさほど悪いとは思えない。

いいところはいっぱいあります。


この職業・職種のここが悪い ○公務員であることから、仕事に妥協し始めると社会人としてだめになる。
○仕事が激務であろうが、定時の仕事であろうが給料に反映されることはない。
○自衛隊内の価値観が基準になるため、一般社会の厳しい
現実が見えなくなることもある。自衛隊は、上司がよく面倒を見てくれるところがいい半面、あまえ続けると大変。
○転勤が多い。大企業と同じ。いずれ単身赴任の時期が来る。
○仕事の楽しみにはまると家庭をおろそかにしてしまう。

いずれにしても多くの現職自衛官に聞いてみるのがよいと思います。


この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
投稿者名 自衛隊大好き        投稿日時:2011/09/01 23:39:22
年齢・性別 45歳(男性)
年収 800万円以上900万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 部隊の訓練
隊員の指揮、教育等
将来の計画立案
安全保障問題に対する研究など
幅広い仕事があるので、より多くの自衛官に質問するとよいです。あなたの周りにもたくさんの自衛隊関係者がいるはずです。
この職業・職種のここが良い 1 仕事に関して
○国家の安全保障に寄与できる。
○どんな階級でも、組織力の発揮を求められることから、
団体生活の基本を学ぶことができる。
○自分の考える安全保障政策を具現化できる。
○入隊前に予想した以上に、海外への出張機会が多い気がする。
○どこの会社でも、上司との処世術が必要。自衛隊も同じ。しかし、努力すれば、必ず報われる制度が、確保されている。
○改善意欲を持ちつつ、常に仕事の勉強をしていれば仕事がなくなることはなく、充実した仕事ができる。
2 福利厚生に関して
○家族の医療、扶養等は、公務員であることから比較的安心できる。
○給料からの天引きが結構あるが、その分、国家公務員共済組合等のサービスがフルに活用できる。
3 その他
○親身に相談に乗ってくれる上司は、民間企業より多い気がする。
○入隊後しばらくの間、隊内で苦楽を共にして生活するため、一生信頼できる貴重な同期を得ることができる。
○悪いところもあるが、自衛隊以外の同窓生と話をするとさほど悪いとは思えない。

いいところはいっぱいあります。


この職業・職種のここが悪い ○公務員であることから、仕事に妥協し始めると社会人としてだめになる。
○仕事が激務であろうが、定時の仕事であろうが給料に反映されることはない。
○自衛隊内の価値観が基準になるため、一般社会の厳しい
現実が見えなくなることもある。自衛隊は、上司がよく面倒を見てくれるところがいい半面、あまえ続けると大変。
○転勤が多い。大企業と同じ。いずれ単身赴任の時期が来る。
○仕事の楽しみにはまると家庭をおろそかにしてしまう。

いずれにしても多くの現職自衛官に聞いてみるのがよいと思います。


この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中3人
投稿者名 soccerkun        投稿日時:2011/09/01 09:48:21
年齢・性別 28歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 災害時の派遣
etc...
この職業・職種のここが良い 国のために働ける
災害などで人のためになる
お礼を言われた時のやりがい
この職業・職種のここが悪い 危険性が高い
下積みが長くつらい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中6人
投稿者名 yasagure        投稿日時:2011/08/30 04:38:07
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 草刈り。
演習。
体力トレーニング。
お茶会。
この職業・職種のここが良い 定時で終わる。
安定はしている。
衣食住は原則無料。
この職業・職種のここが悪い パワハラ当たり前。
イジメによる、自殺・鬱病は当たり前。
部隊によって、温度差あり。
地域によって、給料が変わる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中3人
投稿者名 現在会社経営        投稿日時:2011/08/26 16:31:44
年齢・性別 50歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 偵察隊に所属していました。(4年)
人生勉強
この職業・職種のここが良い 同僚の絆が強く、上司も親身になってくれた。
体調不良の際は、無料で自衛隊病院での診察が可能。
営内生活は、給料のすべて自分の物(家賃・光熱費その他無料)
全国の人と話ができる。国際化も有り。
この職業・職種のここが悪い 上官に意見すると昇進が難しくなる。
要領のいい後輩に階級を抜かれつれない事も有った。
人事能力が乏しい、上司も多い。
自衛官の誇りのない者が、退職しない。
国の機関なので、腐った人間は、怠け者が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 下克上        投稿日時:2011/08/26 00:13:08
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 給食業務
事務作業
その他雑用。
教練、朝礼。
この職業・職種のここが良い 給料が安定している。
己を鍛えることが出来る。
長期休暇がある。
この職業・職種のここが悪い パワハラが多い。
イラつくと調理用スコップ殴る上司が居た。
休憩がほぼ無い。
昼休み返上のトレーニングで、体を壊す(怪我人や体調不良者続出)。
3交替で時間外は毎日で、てか上司の許可の元でやってた。(職種や基地によって違うと思うが)。確か日勤で15~16時間働いたときがある。極めつけは、勤務に口出すなですから...唖然。
タバコ吸いすぎ。
盗難多すぎ!!!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中3人
投稿者名 水銀二        投稿日時:2011/08/22 16:52:58
年齢・性別 20歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 軽い火器
この職業・職種のここが良い 抜群の安定性
しかし階級が上がれば

それ以外は派遣社員

仕事らく

この職業・職種のここが悪い 若い世代が育たない
寮生活が義務
人柄がおかしい人が多い
世間とずれる
安定性があるため社会人としての危機感がなくやりがいもない
55才定年で社会に出た人の一部は仕事しても長くなくサボり癖によりあまりいい人材とはいえない
自衛隊ないだけで使えるだけ
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中1人
投稿者名 DROP        投稿日時:2011/08/16 20:11:39
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 車両、火器の整備。
文書を作成。
装備品の管理。
この職業・職種のここが良い 基本、定時もしくは定時前に終わる
こんなんでも、国家公務員
長い休暇がある
融通が利く
仕事がない日などは終礼まで、おしゃべりタイム
この職業・職種のここが悪い 言い出すときりがない。
本部、本付等、係を持つと残業当たり前、やってもやっても終わらない。
ここ最近、昇任が期待できない。
定年早すぎ。若年給付金がなくなる事を考えるとね・・・・。
陸士が育たない。理由、陸曹が育てる気がない。
イジメ当たり前。
文書を作成するとこれでもかという位、慎重に作成するので時間と紙の無駄。
無駄が多い自衛隊。2度手間、3度手間。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人
<<前へ   65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。