【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 国の安全や災害時の治安活動に貢献
平均年齢※ 31.7歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (831件) 2.7000 [2.7点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 2.0000 [2点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.1000 [2.1点]
安定性 3.5000 [3.5点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で831件の投稿があります。(771~780件を表示)
<<前へ   73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83     次へ>>
投稿者名 某大尉        投稿日時:2010/06/05 22:44:58
年齢・性別 36歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・病気を煩い、左遷されて干されている。
現在、転職を考えて法律関係の勉強をして自己向上に
励んでいる。
この職業・職種のここが良い ・人並みなことを言えば給料が安定していることかな。
でもこれは他の公務員でも同じこと。

・やたらと過保護なこと。でも世間知らずになる。
この職業・職種のここが悪い ・ライバル関係の警察・消防には募集で常に負ける。
人に対して引き金を引いた事のない自衛官と常に実戦の
警察官・消防士とは比べものにならない。

・自衛官の自殺は他の公務員と比べて断トツに多い。
訓練がきついから自殺者が多いのではない。仕事量の偏り、
人事や昇任に関するプレッシャーやいじめなど、肉体的
きつさよりも精神的きつさが一因となっている。かく言う
当方も、人事に関するパワハラによるものが多い。

・一度ドロップアウトすると定年まで冷や飯食いになる
恐れ有り。かくいう当方も、人事上のパワハラに遭い
精神を煩い、昇進のレールからはずれた。病気になった
時人事からは執拗に退職を迫られた。自殺防止施策と
言うが、現状を顧みると建前にしか思えない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
投稿者名 盆暗陸曹        投稿日時:2010/05/14 23:55:48
年齢・性別 27歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 いかに楽をするかのみ。各教育の時だけ妙に厳しい。
空気読めない人には無理な仕事かもね。
この職業・職種のここが良い 給料以外ほとんど全部
この職業・職種のここが悪い 給料が安い。やりがい?なにそれ美味いの?
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中3人
投稿者名 病休→休職(いまここ)→退職?        投稿日時:2010/05/11 20:48:08
年齢・性別 33歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細  陸上ですが、第一線のさらに先に行って敵情を探る仕事です。陸士~初級幹部までは体力勝負です。その後、ちょっと頭を使う仕事が入ってきます。さらに、一年の訓練の計画をたてたり、部外との連絡をしたり、いろいろあります。
この職業・職種のここが良い 幹部職
まぁ、国防の志に燃えて、かつ人間関係がうまくいく、ポジティブな人なら当たりでしょう。あと、計画的に勉強できるような人なら間違いないと思います。
この職業・職種のここが悪い  上司は選べません。相性の悪い上司と関わるとろくな事になりません。精神病(鬱とか)煩っても個人の責任にされがちです。まぁ、人となりもあるんでしょうが。
 あと、幹部は試験に合格しないと役立たず扱いです。
退職しようとする時、戦闘職種の人たちは、いかに潰しのきかない仕事であるかを実感します。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:12人中11人
投稿者名 元特科        投稿日時:2010/05/07 02:32:38
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 空気を読むのが仕事です(笑)
同期から聞いた話しだと不況で民間に合わせて給料を下げたと聞いた。
俺は今警備やってますが、今の会社は時間が長いから金は良いんだけど動かないから太る。
ボーナスは今の会社では昔は6ヶ月だったらしいけど今は4、2ヶ月しか出ない。
しかも基本給が19万1600円だから(基本給は減ってないらしいのに5年もやってこれ、ちなみに3万ちょいしか上がってない、時間が長いから総給にすると36万くらいになるけど)雀の涙です。
ボーナスは確実に自衛隊のほうが良いですね。

結局警備は検閲や競技会の無い自衛隊みたいなもん。
ついでにGWは前段後段に別れて各人7日程度休んだけど有休は4日しか付かなかったです。
長期休暇も自衛隊のほうがいい。
この職業・職種のここが良い 仕事自体は楽(ただし年2回程度は厳しい訓練がある)
一部を除きみんな仲が良い。
ダイエットを意識しなくても競技会のおかげで太らない。
この職業・職種のここが悪い 特徴のある人は地獄だろうなぁ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中6人
投稿者名 海軍下級士官        投稿日時:2010/05/03 21:15:59
年齢・性別 25歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 守秘義務があるので詳しくは言えませんが、
1 戦時の為の訓練
2 災害時の為の訓練
がほとんどかと。
実際に戦地(イラクとか)に行くのはごく一部なんで訓練に始まり訓練に終わるといった感じ。
この職業・職種のここが良い 仕事に対する誇り
国家公務員なんで安定性抜群
給料もまぁ不足なくもらえる(特に不況とか無関係なのは大きい)
縦社会・階級社会(良い面も悪い面もある)
アメリカ海軍は軍服は自費購入らしい(アメリカ海軍士官に聞いた)がうちは官費で支給される(笑)
この職業・職種のここが悪い 仕事は結構きつい
縦社会・階級社会(良い面も悪い面もある)
各種特別手当で手当ての額の多さが任務のきつさ等に比例していなのはかなり疑問。実戦部隊がかなり優遇されている。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中5人
投稿者名 守るくん        投稿日時:2010/04/29 20:18:40
年齢・性別 34歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 航空機整備員として機を常に最善の状態に保ち、不具合を直したり予防する。有事の際には人員や物資を拠点に運ぶ。他官庁からの応援要請により悪天候時の離島からの急患搬送や海難事故の捜索救助活動。
この職業・職種のここが良い お金では得られない充実感。様々な職種があるが、私は離島などの救難、急患搬送などの任務に就いていた。海保や消防ではお手上げの時の最後の砦として最悪の天候時に患者を迎えに行き無事任務を終えたときの一杯のコーヒーの美味さは娑婆では味わえない。日陰者の自衛隊にあっても、涙をもって感謝されることが多い、自分の仕事の重要さが実感できる。隊員とは家族のような絆で結ばれていてかけがえのない仲間になる。
この職業・職種のここが悪い 民間でもどこの会社でも同じだが、人間関係や要領をつかめない人にとっては難しい仕事かと思う。
先輩が悪かろうが周りがおかしかろうが、いくらでも巻き返すことのできる仕事なのでこの職種を批判する人は実力がないだけ。娑婆に出れば痛いほどわかるはず。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中8人
投稿者名 陸普通科        投稿日時:2010/04/26 19:39:12
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 土木作業員みたいな。もしくは便利屋。

たまぁぁぁ~に軍隊チックな事をしなくもない。
この職業・職種のここが良い 暇なとこ
この職業・職種のここが悪い 年金その他諸々徴収される金は増えるのに給料が上がらない
福利厚生が年々ケチくなる
この間給与明細をホチキスでまとめる仕事をしていたら
定年間際の運幹が20万以上も控除されてて手取り25万もなかったのを見て一気に退職を考えるようになった
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中3人
投稿者名 海上自衛官 3曹        投稿日時:2010/04/23 16:05:58
年齢・性別 26歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 自衛隊にも3つの組織があり、その下にはかなり枝分かれした組織が存在し、なおかつその組織ごとに業務内容は違ってくるので一概には言えない。
自衛隊の業務内容は秘密事項が多いのでここでは書きませんが、より詳しく知るには最寄の地方協力本部(略して地本)に問い合わせてみると良いでしょう。(ただし悪いところは教えてもらえない)


上記の良し悪しもその人がどう受け止めるかによって変わります。
この職業・職種のここが良い 一応国家公務員なので階級が曹以上にさえなってしまえば定年まで安泰。定年退職時も再就職の斡旋がある。
民間にはない業務内容で貴重な経験。
民間企業に比べて福利厚生が整っている。
仕事ができようができまいが基本的な給料は同じ。(でも仕事できないと階級が上がりにくいし、昇給も少なくなる)
艦艇乗組になれば寄港地で観光できる。(仕事が終わって上陸すれば気分は旅行)
たまに海外に派遣されるので、海外でも仕事が終われば観光できる。(気分は海外旅行)


この職業・職種のここが悪い 拘束時間と仕事量を考えるとちょっと給料少ないかな…。
当直が多い。(部隊や階級にもよるが、艦艇で5日に1回)
強烈な縦割り社会。
艦艇乗組だと不測の事態に対応するため予定がころころ変わる時がある。(休暇の予定等プライベートな計画が立てにくい)
経験上一番長い航海は約5ヶ月。短いときは日帰り。(子育てに関わりにくいため配偶者にも負担が大きい。子供にオジちゃん誰?って言われる。恋人と会えなくなるため恋愛がうまくいかない)
たとえ嫌いな人がいても避けられない(艦艇は出港すると密室状態)
少なくなったがやはり体罰が見られる。(業務内容によっては命に関わる危険なこともあるので指導のためには多少必要だと個人的には思う。)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:6人中6人
投稿者名 チョンボ        投稿日時:2010/04/18 01:20:40
年齢・性別 31歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 教育隊か糧食班が一番楽しかった
中隊では主に事務室で雑用をしていた。
この職業・職種のここが良い 普通では経験できない事が経験できる

思い出作り、話しのネタに最適
この職業・職種のここが悪い 超勤、夜勤、休日、祝日、手当てがないから給料は微妙

面倒臭い人間関係

逆に娑婆は仲の良くなった数人としか連まないため

時折営内でワイワイしてたのが懐かしくなる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:3人中2人
投稿者名 書き忘れ        投稿日時:2010/04/14 02:07:17
年齢・性別 28歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 いっち!いっち!いちにぃ!そ~れ!!とか間抜けな事

教本だと更新の時の腕の振りは真っ直ぐだったと思うが
実際の教え方はハイルヒトラーの角度です

教育隊の大好きなやつ↓
空気椅子の変わりに空気バイク、
林ロリータから先に進みませ~ん(^w^)
腕立て懸垂連帯責任(T_T)
糞すぎたおかげで人間的には少し根性ついたかな
この職業・職種のここが良い 一方的な勘違いかもだけど一部の同期とは仲よくなれたの…かも
この職業・職種のここが悪い さっき書いた
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中0人
<<前へ   73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。