【職種】自衛官が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

自衛官の基本情報

仕事内容 国の安全や災害時の治安活動に貢献
平均年齢※ 31.1歳
平均年収※ 300万円以上400万円未満
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (906件) 2.6000 [2.6点]
給料 2.8000 [2.8点]
やりがい 2.0000 [2点]
労働時間の短さ 2.8000 [2.8点]
将来性 2.1000 [2.1点]
安定性 3.6000 [3.6点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

自衛官の仕事の本音一覧

全部で906件の投稿があります。(891~900件を表示)
<<前へ   85  86  87  88  89  90  91     次へ>>
投稿者名 #51        投稿日時:2009/11/05 21:52:33
年齢・性別 25歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 航空です。
この職業・職種のここが良い 給料が安定。
年末年始等の休暇がある。
福利厚生
この職業・職種のここが悪い 出世しても給料に大きな変化なし。
転勤が多い。
飲み会が無駄に多い。
やらなくてもいいことをやる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中7人
投稿者名 空自 勤務        投稿日時:2009/10/10 12:13:28
年齢・性別 32歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 空自です(パイロットじゃありません)
教育隊、自衛隊の基礎を学ぶ(並んで歩いたり・敬礼・銃の操作等)
↓修了
術科学校(職種)を勉強します(飛行の整備とか、ご飯を作る人とか一度決まった仕事は基本変更できません)
↓卒業
部隊勤務(暇なところと忙しいところあり)

※メディア的には忙しい&危険てイメージだけど空自はサラリーマンみたいな感じです。。(有事は経験ないので、どうなるのかな???)
この職業・職種のここが良い ①夏季・年末年始休暇が1週間以上はある。

②職種・任地(仕事内容・部隊)によっは暇な所あり。

③中央勤務(関東圏内周辺)は都市手当てが以上に高額!
この職業・職種のここが悪い ①給料が安すぎる。空自は基本的にパイロット以外は手当てなし。

②中央勤務者(関東圏内周辺)以外は本当に安いです。

③自衛官の給料の平均データは世間の平均よりちょっとありますが・・・(平均年収がギリ高収入になるので収めるお金が大)例:保育園の保育料最高額になったりとか

④独身者にはいろいろ制限がある。(良し悪しは?)

※給料の話ばかりでしたね。。。
 最後に都心部は激安店が多いのに手当てが異常に多いのが 不思議、地方は車社会なのに・・・
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人
投稿者名 eggs        投稿日時:2009/10/04 10:48:48
年齢・性別 23歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 陸です。
この職業・職種のここが良い 自分の基礎能力が向上します(体力・気力・瞬間判断力)。
給与が安定しています。
体が締まります(特に教育期間では)。
様々な職域があります(戦闘員から研究職、事務まで)。
多くの人と交流できます。
福利厚生の充実はさすがです。
この職業・職種のここが悪い 厳しいです(鬱になったり、やめたがる人は多いです)。
全然仕事できない人も、半ば人格破綻者もいるので、クオリティに問題があります。
特に教育機関はプライベートな時間はほぼ皆無の24時間労働と考えてよいでしょう。
人事は勤務地含めほぼギャンブルです(特に幹部は)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:9人中5人
投稿者名 陸自        投稿日時:2009/09/21 23:18:00
年齢・性別 19歳(男性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 教育期間に自由はない。毎日、座学に基本教練や戦闘訓練、駆け足に筋トレ…etc
部隊に入れば銃剣道や音楽部などの趣味?部活?もできるようになる。
この職業・職種のここが良い 給料・ボーナスが安定している。
保険関係が充実している。
この職業・職種のここが悪い 外出・外泊に制限がある。
プライバシーが無い。
意味もなく清掃にかなりこだわる。週末清掃(大掃除)…
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中4人
投稿者名 軍人A        投稿日時:2009/08/25 17:23:39
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 国防という崇高な名目のもと、訓練のための訓練及び、一応公務員の端くれ。特別職国家公務員という内閣総理大臣と同じ身分・・・一応。
この職業・職種のここが良い ・実質労働時間が極端に短い。(休憩が多すぎておいしい)
・仕事は非効率極まりない無駄なものが多いが、ほとんどが馬鹿でもできる単純ワーク。覚えることも少ない。
・給料と、そしてボーナス=きっちり約4.45ヶ月分支給されます。この労働時間と仕事のレベルの低さからは、ありえない高待遇です。民間ではまずありえません。
この職業・職種のここが悪い 団体生活が苦手な人にはかなりストレスたまるかも。
無駄な飲み会が多いので、酒や酒飲んで語るのが嫌いな人はキツイと思われます。ちなみに下っ端(士)はほぼ参加強制当たり前。
たまにアホらしく思えてくることがある。
訓練のための訓練、形式のための形式 → 実質能力ゼロ
仕事における時代錯誤のやりかた。
一人でできる仕事を5人でやる。5人でできることを20人くらいでやる。すぐ終わるけど、皆、仕事してるんだとアピールしたいがため、ガヤガヤと動きが非効率的になる。

あと、自衛隊上がりは全般的に使えないことが多いそうです。キツいことに耐えられない、根性がない。戦闘訓練や腕立て、3000mを10分で走れても、月~金まで朝の0800~1700まで決められた休憩以外みっちり働く体力は皆無。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:26人中23人
投稿者名 2カラット        投稿日時:2009/07/01 15:50:31
年齢・性別 24歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 多くは書けませんが、僻地での仕事
この職業・職種のここが良い 安定。それだけです。
給料はそれほど高くありませんが、仕事のレベルの低さを考えるとやや貰い過ぎな感はあります。
残業は多くないですね。まぁ残業手当が無いんでやるだけ損です。
シフト勤務は自ずと定時で帰れます。
この職業・職種のここが悪い プライベートへの過剰干渉。内務班員(=兵舎内居住隊員)がクーペを買おうとすると「みんなが乗れないじゃないか!他のクルマにしろ!」
効率的でない生活。基地の外にアパート借りて二重生活を送る隊員は多いです。それだけ基地内にいたくないってこと。
内務班(居住スペース)の点検とかもウザいですね。ロッカー内の整理整頓ごときで、訓練や任務など実際の仕事に関する失敗以上に叱られたりすると何だかなぁ、と感じます。
勤務時間外の拘束時間が無駄に長いです。シフト勤務の人間は特に。
若い隊員はみんなそういう誰が得をするの?的部分に脱力感を感じてますよ。
もっと効率的で現実に沿った戦闘組織になるならば士気も上がります。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中5人
投稿者名 うろぼろ        投稿日時:2009/05/12 09:57:03
年齢・性別 26歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 秘文書から機密情報を管理保守する仕事。
この職業・職種のここが良い 給料は低いけども、共産主義よろしく状態で努力しようがしまいがアップの仕方は変わらず。

良くも悪くもリストラはないところ。
この職業・職種のここが悪い ①プライベートが全くない。(内務班生活者に限る)

②職種によっては週休2日祝日休 なんて物は無い。(5勤1休祝日無 が私の現在の形態)

③パワハラは当たり前、飲み会なども無駄に多くそして高い。

④増警という特殊勤務があり、24時間勤務を与えられるが、490円/日の手当てのみ。

⑤内務班点検と言うものがあり、その際には生活感のない状態が至上とされる。(特に入隊後の教育隊においてはヒドイ)

⑥入隊時に訓練が始まる前に「自らの命を張って国を守る」といった旨の誓約書を書かされる。(軽くブラック企業や新興宗教を髣髴とさせる)

⑦資格が取れるといわれるが、基本的に自費でやるだけである、援護はホボ無い。あるとしても任期制隊員は真っ先に候補から除外されるため、運転免許などをタダで取れると思ってはいるとイタイ目を見る。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:16人中13人
投稿者名 4-5年前のデータです        投稿日時:2009/02/24 18:02:17
年齢・性別 36歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 主に一般の診療。強制的に専門外を任せられる場合もあり。隊員、受験者の身体検査、衛生責任者(駐屯地の環境点検整備、食品検査、報告など)
この職業・職種のここが良い 私の場合、時間がありました。仕事は自分で計画し、実行できました。土日が休めることが多く、家族や自分の趣味の時間がしっかりとれました。業務隊なので演習がほとんどなかったからです。退職時のレートで退職金がもらえるのは見落としていました。(退職するときの給与の60ヶ月分?)やめなきゃ良かった。時間中にジョギングをしていると、がんばるねー!とほめられた。
この職業・職種のここが悪い 仕事をしてもしなくても給料は変わらず。無能な同僚が野放しになっているのが腹立たしい。もちろん一般隊員でアル中の人がいたりと、とにかくクビにならないですね。やりがいはあるような無いような。やる気次第です。他の方同様、やる気がありすぎると迷惑がられます。ほどほどに。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中13人
投稿者名         投稿日時:2009/02/21 02:14:47
年齢・性別 26歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 陸の戦闘職種
教育までは厳しいが部隊配属になれば訓練は駆け足や銃剣道などがメインで武装しての訓練は少なくなる。逆にやりがいをスポーツか仕事以外に見出さないと苦しくなる。結果国防を考える人間ほど辞める傾向にある。
割り切っていれば良い職場である。
この職業・職種のここが良い 給料、賞与は確実にもらえる。休暇が長い。
深い人間関係が作れる。
普通じゃ経験できない仕事ができる。
この職業・職種のここが悪い 体力と根性はいるが仕事自体は誰でもできる単純なもの。
営内者の場合外出、起床、就寝、全て制限がつく。
いびきやにおいがキツイ人間と同じ部屋になったら最悪。
やってもやらなくても給与も評価も一緒。
やる気を出すほど煙たがれる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中12人
投稿者名 H        投稿日時:2009/01/11 08:49:39
年齢・性別 26歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 防衛秘密
この職業・職種のここが良い 解雇されないこと。
この職業・職種のここが悪い 給与が安いこと。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中5人
<<前へ   85  86  87  88  89  90  91     次へ>>

自衛官の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※自衛官として現在仕事をしている方、もしくは過去に自衛官をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
自衛官のここが良い
自衛官のここが悪い
仕事内容の詳細
自衛官に対するあなたの状況

自衛官とは

自衛官(じえいかん、英: Self-Defense Official)は、防衛省・特別の機関、自衛隊の任務を行う特別職国家公務員。自衛隊員のうちでも特に「制服組」(武官)と呼ばれる隊員を指す。自衛隊法により命を受けて、自衛隊の任務を行うと規定されており、個別の機関である陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに所属する。最高指揮官は、内閣総理大臣である。 陸上自衛隊の自衛官を「陸上自衛官」と、海上自衛隊の自衛官を「海上自衛官」と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」と表記がされ、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官は任用期間や技術教育の違いなどもあり、通常入隊した各自衛隊の中で任期を終了するか定年(階級により異なる)まで、その自衛隊で過ごすことになる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。