【職種】救急隊員が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

救急隊員の基本情報

仕事内容 一刻を争う状態の患者を、冷静、的確な処置をとりつつ、病院に搬送する
平均年齢※ 34.2歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
救急隊員に関連する資格 救急救命士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (5件) 3.4000 [3.4点]
給料 3.4000 [3.4点]
やりがい 4.4000 [4.4点]
労働時間の短さ 1.8000 [1.8点]
将来性 3.8000 [3.8点]
安定性 3.8000 [3.8点]

その他の公務員・政治に関わる仕事

救急隊員の仕事の本音一覧

全部で5件の投稿があります。(1~5件を表示)
投稿者名 こしょう        投稿日時:2016/08/24 23:40:34
年齢・性別 37歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
救急隊員に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 結構長く働きます。眠たい時の書類作りは地獄です。
この職業・職種のここが良い 人を助けると言う、やりがいのある仕事です。
この職業・職種のここが悪い 給料が比較的低い、時に危険な現場に向かう(自分の場合は火災現場が多いですね)人の苦しむ姿には目を覆いたくなりますが、助けるためです。開け!
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:4人中4人
投稿者名 ただの救急隊員        投稿日時:2016/07/13 12:39:06
年齢・性別 30歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 3 [3点]
救急隊員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ①救急隊として現場に行く。
②火事があったら消防車に乗る。
③現場がないときは汗ダラダラ流して訓練(主に火災の訓練です)
④事務処理(特に救急に関する事務処理はたくさんあります。昼間に訓練するから、夜に事務処理する羽目になり、寝れない。寝れないでいると救急出動がある。そして、また事務処理の繰り返し)

この職業・職種のここが良い 人の命を助けるという使命感。それにつきます。
救急隊は現場から病院までという短い時間で、自分の五感と少ない資機材のみで容態を把握します。そして、最善の処置を施し病院まで搬送します。
簡単に言ってしまえば、人を運ぶだけ。ただ運ぶだけという仕事に、たくさんのドラマがあります。
この職業・職種のここが悪い ・救急出動は多すぎて過労死寸前。消防隊は出動がないから楽。楽な消防隊と同じ訓練を田舎の消防はやらざるを得ない。なぜかというと火災があれば救急隊も消防車に乗るから。
・事務処理が多すぎる。救急隊員は消防という公務員であるのと同時に病院と関わる医療職でもあるからです。それだけ関わる機関が多いと必然的に事務処理も多くなります。
・給料日が安すぎる。手当はカットばかり。どこの市に 就職するかによって、かなり変わる。公務員の給料が多いとか、どこかのバカ市長みたいに言う奴がいると給料明細見てみろと言いたい。
・パワハラが横行。基本的にクズが多い職場。昔は消防職員は人気ないこともあってか、上の人に変人が多いように思う。いい人もいるが。
・人間関係は大変。救急車内は一つの社会。一日中同じ隊で仕事するので、嫌な人と同じ隊だと職場に行く気もなくなる。
・消防職員は休みが多くていいという人もいるが、休みにどれだけ仕事(勉強)出来るかが今後に関わってきます。救急隊員の勉強会は数多く開催されていて、休みには勉強会に行く。勉強会に行き過ぎて家庭がうまくいかずに離婚した人もいます。そして、基本的に仕事のときは睡眠でなく仮眠です。いつ出動要請がかかるか分からないので、神経過敏になりほとんど寝ていません。早死にするのは確実ですね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:7人中7人
投稿者名 kenbow        投稿日時:2015/10/28 06:10:58
年齢・性別 36歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
救急隊員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 朝に交代してから翌日の朝まで救急活動に従事する。人の生き死にや痛み、苦しみを目の当たりにする。そのためストレスもたまりやすい。失敗すると医者や家族から苦情があることも、、、。

だけど、やりがいや充実感はとてもある。次の部と交代後の非番にはやりきった充実感が半端ない。
この職業・職種のここが良い 必要とされてやる仕事、やりがいがある。

救命に携われるとすごく充実した気持ちになれる。

手当てが着く。

公務員なので安定している。
この職業・職種のここが悪い 医師とのコミュニケーションの難しさ。

常に学び続けることが必要。

夜、まともに寝れない。

軽症者のタクシー搬送が結構多い。

当番でまともに寝れないので非番がきつい。

食生活が乱れる。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中9人
投稿者名 EMT        投稿日時:2013/04/23 23:36:09
年齢・性別 28歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
救急隊員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・応急手当、救命処置
・救急搬送、転院搬送、医師搬送など
この職業・職種のここが良い ・消防の職種の中でも特に人に感謝されることが多い。
・超勤の関係で給料が高い(年配の司令補で救命士の救急隊長だと額面年収一千万オーバーもいる)。
・プライベートで事故や救急の現場に遭遇しても至って冷静に処置できる。
この職業・職種のここが悪い ・救命士の資格があると重大な責任を負うことになる。特に挿管はヘタをすると人を殺しかねない。
・苦情を受ける件数も多い。日本はいまや救急隊員向けの保険加入が当たり前の世の中になってしまっている。
・医療職として見ると救命士はピラミッドの最底辺であり、病院では医師からも看護師からもぞんざいに扱われることがある。
・寝れない上に3食車内でコンビニ飯という毎日で確実に寿命が縮む(定年後の平均余命は10年未満などというブラックジョークも)。
・10件出場して9件はタクシー出場で空しくなる。
・人の死に目に立会い、孤独死や自殺現場なども珍しくないため精神を病む人もいる。
・現場で会う傷病者の90%は友達になりたくないタイプの人間で、たまに信じられないような屑と出会う(そいつを受け入れざるを得ない病院のほうが大変だが)。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中17人
投稿者名 いたみ        投稿日時:2012/12/26 19:09:12
年齢・性別 40歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
救急隊員に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 救急訓練
消防事務全般
体力錬成
医者との懇親会!【勉強会ー救急隊と医師との良い関係を気付く為。
この職業・職種のここが良い 市民に感謝される
基本給の他に出場手当がもらえる
人の命を救うというやりがいのある仕事です。
非番があり、休みが平日に取れる。
ナースと友達になれる「実際奥さんが看護師の人が多い。」
この職業・職種のここが悪い 勤務時間が不規則で、出場が多い部署だときつい。
命を救う仕事と逆に死体を触る事も多い。
病院が見つからないと、家族に訴えられる可能性ある。
救急ばかり忙しく、火災班は暇
階級社会、パワハラあたり前、新人はクソ扱い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中7人

救急隊員の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※救急隊員として現在仕事をしている方、もしくは過去に救急隊員をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
救急隊員のここが良い
救急隊員のここが悪い
仕事内容の詳細
救急隊員に対するあなたの状況

救急隊員とは

救急隊(きゅうきゅうたい、英語:ambulance service)とは、救急現場に駆けつけ傷病者に対して適切な処置(救急医療)を行い速やかに救急車で病院へ搬送する部隊のこと。 日本の救急隊 日本の消防では救急搬送も担っており、救急隊は全国の消防本部や消防署に設置されている。消防吏員の中から救急課程研修を受け、救急隊員の資格を持った隊長・隊員と機関員の3名で一隊が構成される(地方の小規模消防ではやむなく2名で出場することはごくまれにある)。 今までは救急隊員が傷病者を病院まで搬送するだけで、医療行為を行うことは認められていなかったが、救急救命士国家試験を受験し救急救命士資格を取り認定を受けた隊員は医師の指示の下心肺停止状態の傷病者に対して静脈路確保と器具を用いた気道確保(気管挿管・食道閉鎖式エアウェイ・ラリンゲアルマスク等)さらに薬剤投与が可能になった。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、救急隊員の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。救急隊員の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。