【職種】司法書士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

司法書士の基本情報

仕事内容 市民の権利を守る法的手続きの専門家
平均年齢※ 37.4歳
平均年収※ 1200万円以上1500万円未満
司法書士に関連する資格 【資格】司法書士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (48件) 3.0000 [3点]
給料 3.4000 [3.4点]
やりがい 3.4000 [3.4点]
労働時間の短さ 2.5000 [2.5点]
将来性 2.9000 [2.9点]
安定性 2.9000 [2.9点]

その他の法律に関わる仕事

司法書士の仕事の本音一覧

全部で48件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5     次へ>>
投稿者名 ソリスト        投稿日時:2019/08/08 23:30:57
年齢・性別 52歳(男性)
年収 2000万円以上3000万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 不動産登記
商業登記
成年後見
たまーに裁判
もっとたまーに業界のお仕事
この職業・職種のここが良い 全ては自分の裁量、努力、責任。人にとやかく言われなくて良い。
この職業・職種のここが悪い 単純流れ作業で飽きる。飽きた。そんな作業でお金を貰っていいのか、自己嫌悪に陥る。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 かーぷ        投稿日時:2019/07/27 00:29:05
年齢・性別 35歳(男性)
年収 900万円以上1000万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 不動産登記、法人登記をメインに訴訟や財産管理も多少。
この職業・職種のここが良い 上に書いた年収は、経費を引いた後の所得です。資格取得後に即開業して広告も出さずに営業してるけど、じわじわ仕事が増えて、五年目で所得が900万くらいになってそこからここ三年は横ばい。生活は楽になった。普通に頑張ってればじわじわ仕事増えてくると思う。
この職業・職種のここが悪い とにかく時間がない。パートさん雇ってるけど手が回らない。体調崩したりケガして入院したらどうしようっていうプレッシャーがヤバい。自営業はみんなそうだと思うけど、何かのきっかけで仕事が激減して収入がなくなったらどうしようっていうプレッシャーもヤバい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中2人
投稿者名 ほっしゃん        投稿日時:2019/07/21 00:27:41
年齢・性別 47歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 不動産登記 商業登記 相続手続き 後見 任意整理
この職業・職種のここが良い 日本全国、海外と出張できるところ
この職業・職種のここが悪い だいたい同じ仕事の繰り返しなのであきる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:0人中0人
投稿者名 とら        投稿日時:2019/05/16 18:52:02
年齢・性別 55歳(男性)
年収 3000万円以上
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 税理士・不動産関連業者・ハウスメーカー・金融機関・生保など相続・事業承継チームから民事信託・遺言・相続登記・相続の法務コンサルを受けている。また、それ以外の業種の方の人脈も増やし相続・事業承継チームのメンバーに仕事を紹介している。
この職業・職種のここが良い 司法書士の知識は相続関連チームの中で発揮できる。収入はコミニ能力あり、仲間づくりができる人はドンドン上がる。
この職業・職種のここが悪い 司法書士業務を下請け仕事と思っている大勢の司法書士は仕事クレクレ人間なので、登記案件の数が全て。営業力ある人は高収入になるが、ないと悲惨。そもそも営業力やコミニ力のない人は司法書士に限らず士業に向かない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中9人
投稿者名 ひさ        投稿日時:2019/05/03 17:22:09
年齢・性別 40歳(男性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 もちろん登記が主。
この職業・職種のここが良い 実際は、世の中にすごく重要な仕事をしている。
収入面や認知度で劣る面があり、なにか地味な人生になっている感じがする。
この職業・職種のここが悪い リアルに言うと将来が絶望感がある。
周りには廃業者多く、廃業するだけで済むならいいが借金抱えて廃業パターンが多いのでこの世界に踏み込んで後悔する人が多い感じ。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中15人
投稿者名 コーン        投稿日時:2019/02/25 03:53:55
年齢・性別 41歳(男性)
年収 300万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 開業して9年です。積極的に営業しなければ年収500万円超えません。私みたいに営業できず普通(本当に普通だと思います)にしてたら月売上げ30〜50万円、経費で約10万円引かれるので手取り20〜40万円位です。ただここから税金、社会保険関係、将来の年金積立などを支払うと実際の手取りは10万円〜30万円位でしょうか。もちろんボーナスはありません。年にもよりますが平均年収(手取り)は250万円位です。周りの司法書士仲間もこのような方が多いので、これが普通の司法書士の実態だと思います。
この職業・職種のここが良い 独立すれば上司がいないので気を使わなくて良い。
この職業・職種のここが悪い 自営なので将来が不安です。サラリーマンは目に見えない所で優遇されていると思います。サラリーマン程度の保障(厚生年金や退職金)を受けようと考えると手取りはほぼ無くなります。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中11人
投稿者名 しけ        投稿日時:2018/03/25 08:47:56
年齢・性別 30歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・大規模法人の勤務司法書士
・大手不動産会社関係の不動産登記手続
・相続登記、商業登記
この職業・職種のここが良い ・繁忙期以外は定時退社があたりまえ。遅い人でも19時には退社する。長時間労働云々は事務所によりけりだと思う。この点、新人研修で「ブラック事務所リスト」が出回るので、そういう事務所を避けるのが鉄則。

・給料やボーナスも、一般の中堅企業レベルでもらえる。社保完備。事務所の業績次第だが、社員旅行で海外にいけることもある。


・将来性については、AIとの絡みでいろいろいわれるが、勤務司法書士なら、正直、リスクがないかなと思う。最悪、転職すればよい。

・民事信託など、非定型業務もあり、一概に、AI化リスクを吸収できないとは言えない。そもそも、司法書士の主力業務は時代とともに変遷があり、不動産登記が主力になったのも、昭和50年代からで、それ以前は裁判書類作成が主力業務だった。
この職業・職種のここが悪い ・登記業務は神経質な仕事で、慣れないうちは毎日冷や汗をかく。たとえば、銀行の抵当権設定契約書には捨て印がなく、ちょっとした印字ミスで平謝りすることになる。

・登記業務は定型的なので、なれると飽きるかも。創意工夫の余地はあまりなく、「コップの水をこぼさずに、移し替える」ような毎日。

・勤務司法書士の場合、営業力や個性は必要なく、むしろ、無難さ、対人スキル、忍耐力が必要。不動産の決済は、とことん無難さが求められるから。

・登記業務は、AI化リスクを、直接的に受けそう。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:27人中21人
投稿者名 雇われ司法書士        投稿日時:2018/01/27 10:49:45
年齢・性別 28歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 分譲マンション、戸建等の不動産登記
相続登記
会社設立
この職業・職種のここが良い やりがいがある
この職業・職種のここが悪い 報酬の単価が安い
長時間労働
休日出勤が常態化しやすい
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中7人
投稿者名 司法書士歴8年        投稿日時:2017/09/19 09:37:56
年齢・性別 34歳(男性)
年収 1200万円以上1500万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 3 [3点]
安定性 3 [3点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 金融 不動産屋の 決済業務 信託業務 相続業務
商業登記
裁判業務
この職業・職種のここが良い 司法書士歴8年 開業5年目 です。

みなさん給与について気になると思うので、こちらに重点をおいてお話しします。
これはどの士業も同じですが、能力で給与は大きく変わります。
私は年収は2400万 これは報酬部分であり 経費に1200万とられていて 経費はほとんどが人件費 家賃 となり、自分に入ってくる所得部分は1200万となります。
ここからみなさんと同じように所得税が引かれます。
そして、自分の年収をふまえ、これから司法書士になろうとする人にお伝えしたいのは、司法書士で年収を上げるうえで、一番大切なのは、コミュニケーション能力と経営能力だということです。
私自身、司法書士合格前は営業の仕事をしていました。ですのでこれについては、既に痛いほど痛感していました。
結構勘違いされている方が多いですが、問題解決能力や学者的な能力だけではこの業界では稼げません。
これらよりも、さわやかに笑顔で挨拶できる一般の会社でも一緒に仕事したいと思わせ、評価される人間性が重要です。
この能力があれば、この業界所得だけで1000万は、合格から普通に1、2年でこせます。億も可能だと思います。
逆にこの能力が乏しい人間は司法書士になっても、雇われでいても大して変わらないので、一般のサラリーマンをつづけてもいいかもしれません。
司法書士で稼ぐことは難しいでしょう。
この業界、調査によると、年収(単純に報酬のみ)は平均は2000万前後、所得(年収ー経費)は平均1000万に満たないぐらいです。
年収 下は数百万 上は数十億 です。

雇用について話すと、司法書士会の求人を見ればわかりますが、有資格者でもしたは20万、上は年収1000万前後です。雇われで1000万はかなりの信頼を勝ち得る必要があります。
雇用で多くの合格1,2年目は給与23万前後ではないでしょうか。ボーナスなしも平気であります。
よく言う修行期間だとおもいます。
収入部分はこんな感じです。司法書士は普通の社会でやれる人なら1000万は所得がでると思います。
この職業・職種のここが悪い 妬みや嫉妬が渦巻いている業界です。
上記のように、コミュニケーション能力が高く仕事をとってこれる人間はいじめにあうかもしれません。
以前働いていた事務所では所長が平気で、仕事をとってきて自分より顧客に気にいられた若手をいじめて自主退社させていました。
この業界そういったことも非常に多いです。
この業界でやっていくには、そういったくだらないことを気にしない人間性や性格も重要かもしれません。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:68人中57人
投稿者名 お上        投稿日時:2017/09/05 19:19:00
年齢・性別 40歳(女性)
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
司法書士に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 権利に関する登記全般。
債務整理。
法律相談
この職業・職種のここが良い 有ったら、是非教えて下さい。
自由。中卒でも受験出来る、受かれば一応、先生。
バッチが桐のマ-ク
この職業・職種のここが悪い 誰でも受験出来る。中卒でも。
基本は本人申請。今の時代に合わない。法務局の人が親切丁寧である程度、時間が有れば自分で出来る。ガラが悪いし、成った気している感じでいる。
とくに不動産登記を扱う先生たち。登録免許税が大きいだけで、申請自体の報酬が安いのにト-タルでの金額で収入に入れている勘違いの先生がいる為、実際の年収はサラリ-マン以下です。国民年金で退職金もありませんし。巷は嘘です。法務局を退官して開業している人いますか?それだけ所得が少ないのです。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:48人中19人
1  2  3  4  5     次へ>>

司法書士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※司法書士として現在仕事をしている方、もしくは過去に司法書士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
司法書士のここが良い
司法書士のここが悪い
仕事内容の詳細
司法書士に対するあなたの状況

司法書士とは

司法書士(しほうしょし)とは、司法書士法に基づく国家資格であり、専門的な法律の知識に基づき不動産や法人など全ての登記の代理及び供託の代理、裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作成、提出する専門職である。また、法務大臣から認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所における民事訴訟、民事執行、民事保全、和解、調停などにて当事者を代理することができる。 司法書士は、司法書士法の規定に基づき登記および供託の手続き、裁判所・検察庁・法務局など法務省が監督する官庁に提出する書類の作成、財産管理業務などを行う。 また、いわゆる「認定司法書士」は、上記の業務に加えて、簡易裁判所にて取り扱うことができる140万円までの民事訴訟、訴え提起前の和解、支払督促、証拠保全、民事保全、民事調停、少額訴訟債権執行、裁判外の和解、仲裁、筆界特定についても代理できる。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、司法書士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。司法書士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。