【職種】不動産鑑定士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

不動産鑑定士の基本情報

仕事内容 適正な土地利用や公正な不動産の取引きを実施
平均年齢※ 41.6歳
平均年収※ 1000万円以上1200万円未満
不動産鑑定士に関連する資格 不動産鑑定士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (13件) 2.6000 [2.6点]
給料 2.7000 [2.7点]
やりがい 2.9000 [2.9点]
労働時間の短さ 2.4000 [2.4点]
将来性 2.5000 [2.5点]
安定性 2.5000 [2.5点]

その他の不動産に関する仕事

不動産鑑定士の仕事の本音一覧

全部で13件の投稿があります。(11~13件を表示)
<<前へ   1  2  
投稿者名 死にたい        投稿日時:2013/09/16 17:17:09
年齢・性別 41歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
不動産鑑定士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 公的評価
証券化
ほとんど証券化です。
この職業・職種のここが良い レベルが低い鑑定書でも、客に言われた価格になってれば、安い報酬もらえる。
今のところ、社会的責任が低い資格だから、適当な仕事が許される。
この職業・職種のここが悪い 技術レベルが低いので、誰でも出来る仕事のため、将来性が無い。
不動産業界でも、使えないので有名。
知名度が全く無いから、ステイタスも全く無し。
はっきり言って、落ちこぼれが多い。
不動産屋の犬、価格合わせの馬鹿仕事。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:20人中12人
投稿者名 ぼたもち        投稿日時:2012/07/24 08:49:24
年齢・性別 39歳(男性)
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
不動産鑑定士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・土地建物の鑑定
・地代、家賃等の鑑定
・地価公示、地価調査、国税、固定資産等
・競売
・訴訟鑑定、現物出資、売買、価格調査等
・資格で食える時代は終わった。
この職業・職種のここが良い ・公的な仕事(競売、国税、固定、路線価等)をGETできれば毎年安定した仕事がある
・都会と地方では同じ資格でも仕事の内容が全く違う。
常に新しい仕事ができるのが都会。昔ながらの地方の名士で先生商売できるのが地方。(今はもう無理かな)
・他の資格業と同じく、粗利が高い。(仕入れはパソコン、コピー、A4用紙くらい)
・繁忙期と閑散期が比較的はっきりしているので予定が立てやすい。
この職業・職種のここが悪い ・公的な仕事は先細りほぼ確定
・仕入れが限りなくゼロに近いので、アホ鑑定士ほど入札で廉価販売する
・監督官庁が上から目線で圧力かけてくる。
・分科会の幹事や鑑定官が嫌な奴だと腹立つ。
・異常に会議や打ち合わせが多い。
・仕事は細かくなり、責任は重たくなるのに、報酬は下がる一方。
・「競争=報酬下げる」ことだと思っている鑑定士や役人が多すぎる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中5人
投稿者名 けん        投稿日時:2012/07/07 22:55:53
年齢・性別 35歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
不動産鑑定士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 各種法人,公的機関からの依頼による鑑定評価業務。
この職業・職種のここが良い 色々な所にいけるところ。
この職業・職種のここが悪い 業界自体が閉塞,右方下がりにも関わらず、開拓しようとしない。先が見えない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中5人
<<前へ   1  2  

不動産鑑定士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。

※不動産鑑定士として現在仕事をしている方、もしくは過去に不動産鑑定士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
不動産鑑定士のここが良い
不動産鑑定士のここが悪い
仕事内容の詳細
不動産鑑定士に対するあなたの状況

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士(ふどうさんかんていし)は、不動産の鑑定評価に関する法律に基づき制定された国家資格であり、不動産の経済価値に関する高度専門家である。 不動産鑑定士試験に合格し、定められた手順を経た後に国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録される。 不動産鑑定士の独占業務は不動産の鑑定評価であり、不動産鑑定士以外の者が不動産の鑑定評価を行えば、刑事罰の対象となる。 不動産鑑定士の役割とその性質 不動産鑑定士に対する一般的な認知度は低いものの、その資格制度が土地等の適正な価格の形成に資すること目的として創設され、様々な不動産関連法においても、国土全体における均衡の取れた地価形成を保つという理念に基づく役割を付与されているため、その社会的責任は非常に重いものである。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、不動産鑑定士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。不動産鑑定士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。