【職種】作業療法士が明かす仕事の本音

  1. ツイートする

作業療法士の基本情報

仕事内容 さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”
平均年齢※ 33.7歳
平均年収※ 400万円以上500万円未満
作業療法士に関連する資格 【資格】作業療法士<国> 理学療法士<国>
※あくまで、当サイトの投稿者の統計数値です。

みんなの平均満足度

総合平均 (76件) 2.8000 [2.8点]
給料 2.5000 [2.5点]
やりがい 3.0000 [3点]
労働時間の短さ 2.9000 [2.9点]
将来性 2.4000 [2.4点]
安定性 3.2000 [3.2点]

その他のリハビリを支える仕事

作業療法士の仕事の本音一覧

全部で76件の投稿があります。(1~10件を表示)
1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>
投稿者名 ここの投稿…やばいね。        投稿日時:2020/01/17 17:47:01
年齢・性別 35歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 100人規模の総合病院リハ科管理職
この職業・職種のここが良い 自分の考え方次第で素晴らしい職業だと思うよ。心がすさんでる人には良いところが見えないらしい。ここの書き込みのほとんどの方はそのようですね。
この職業・職種のここが悪い 給料!給料!言うやつほど、何も努力してない。ここの書き込みのように不平不満ばかり。待遇を改善したいなら認めてもらうしかない。もしくは待遇を変える立場まで出世すりゃいい。OTを目指した段階でずれてるやつが不満をたれる。ストイックに患者と向き合っていれば、自ずと評価はあがるよ。
それができない人は辞めればいい。こちらの希少価値が上がるだけだからOK。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:2人中0人
投稿者名 どなてろ        投稿日時:2020/01/17 17:13:27
年齢・性別 36歳(男性)
年収 600万円以上700万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 4 [4点]
安定性 5 [5点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 総合病院リハ科で科長としてマネジメント業務が主。
この職業・職種のここが良い 患者・利用者を第一に考えて仕事している人が多いと感じる。関東圏はPTと比べてOTは非常に希少。まだまだ売り手市場となっている。
この職業・職種のここが悪い 役職につかなければ給与は高くはならない。それでも暮らしていくのに困るわけではないが。「やりがい」や資格的アイデンティティ、キャリアビジョンに悩み、深い闇を抱えるOTが多い気がする。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:1人中0人
投稿者名 でる        投稿日時:2019/12/10 22:24:44
年齢・性別 45歳(女性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 3 [3点]
安定性 4 [4点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 回復期リハビリテーションの作業療法
管理業務
この職業・職種のここが良い 患者さん~人との出会いがあり
頑張った分感謝されて遣り甲斐がある

向上心を持ち 前向きに生きる 人を大切にする人との出会いがあり 考え方が豊かになる
職場によるかもですが
人を大切にする職業なので人間関係がいい
この職業・職種のここが悪い 給料はあまり高くはない

努力して学び 学会や研修会に足を運んでいると人として尊敬できる人とも出会えて 豊かになるが
国家資格なので資格さえあれば仕事ができるから学ばずに不平不満ばかりという人もいて 職能の発展を妨げているーとここの数々のコメントを読んで思いました
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中0人
投稿者名 やん        投稿日時:2019/10/22 00:24:53
年齢・性別 34歳(男性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 3 [3点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 病院内で入院患者に対するリハ。
訪問リハ。
この職業・職種のここが良い 病院勤務なので休みは取りやすい。
緊急の呼び出しなどがない。
強いて言うなら人から感謝されやすい。
この職業・職種のここが悪い 将来性がない。
給料が上がらない。
個人のスキル等が給料に反映されない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中1人
投稿者名 無理無理        投稿日時:2019/08/23 00:33:48
年齢・性別 32歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 外来、入院(急性期から維持期)、通所、透析、でのリハビリ業務
この職業・職種のここが良い 患者さまとの交流は楽しい。少しでも良くなると嬉しい。
この職業・職種のここが悪い しても意味ない様なことをリハビリとして行っている。PTもどき。STもどき。パワハラとセクハラの常習化。PTからの蔑みと医師からの使い勝手の悪さ指摘に精神を病む。1日の取得単位ノルマがある。有休は使えない。残業は多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中7人
投稿者名 bucketehead        投稿日時:2019/06/25 23:24:19
年齢・性別 40歳(男性)
年収 700万円以上800万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 2 [2点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・病院にて身体障害に対するリハビリ
・訪問リハビリ
この職業・職種のここが良い 思い当たるところはありません。
強いて言うなら、患者さんや利用者さんから感謝されることがある。
この職業・職種のここが悪い ・エビデンスが希薄。
・専門知識や技術の習得が所得に反映されない。
・社会的に職能団体としての立場が極めて低い。
 →看護師は認定資格により診療報酬向上に繋が
  るシステムがあるがOTにはない。
 →社会的認知度が低いため、福祉施設で働いてい
  ると、医療資格に明るくない職員からしばしば
  軽んじられた扱いを受けることもある。
・給与と昇給幅が低いのでダブルインカムでなと、
 結婚や出産がままならない。また、老後に向けた
 資産形成も困難。
・知識が医療(作業療法)に偏っており、政治経済
 科学、社会情勢等々に疎い人が多い。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中7人
投稿者名 いっち        投稿日時:2019/06/16 21:34:45
年齢・性別 41歳(男性)
年収 500万円以上600万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 管理職
8割は事務的な管理業務
リハビリ業務は1日2人以内
他職種との会議が多い
時間外が多いが管理職のため時間外手当がない
この職業・職種のここが良い 勤務時間が短く、決まった時間だけ働けばよい。有休はほとんど使い切れる。ボーナスは4ヶ月分。あまり頭の良いスタッフがいないため、評価制度が整った病院であれば、仕事が出来れば昇進しやすい。身体ストレスも他の医療職からみたら楽。精神的ストレスは結構ある。コミュニケーション能力が絶対的に必要になる。
この職業・職種のここが悪い 医療職で安定した給料を貰えるが、勤務であればどんなに頑張っても年収1000は超えることはない。置かれた立場の低い職場が多く、他職種に専門性が認められていないところが多いと思われる。対象者の個別性に合わせて柔軟に対応する必要があるが、やる事は決められておりストレスが多い。多くの病院では業務がルーチン化されているため、機械的になりやすく、やり甲斐を見つけにくい環境と思われる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:15人中8人
投稿者名 なんちゃってOT        投稿日時:2019/05/06 11:08:54
年齢・性別 40歳(女性)
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ずっと急性期
この職業・職種のここが良い 治療してる気になれる
年数重ねれば、なにしても自由
スタッフが少人数なら、休みやすい
この職業・職種のここが悪い 薄給で、昇給も0〜数百円。
就職してからほぼ15年給料変わらない(都内)
転職したくても、経験加算うたってるが、微々たるもので、現状維持での転職すら難しい。
介護分野は給料アップだが、老人の暇つぶしに自転車で駆けずりまわるだけ。
病院は、新人のやりがい搾取をしていて、残業プラス勉強会を強制し、対外的に「自己研鑽している我が病院のスタッフ」広告に使えればよく、ワークライフバランスとか言い始める年齢になれば辞めてほしいと思っている
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中7人
投稿者名 ハテナ        投稿日時:2019/02/14 23:31:17
年齢・性別 35歳(女性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神科病院における集団リハ
季節ごとのイベント
記録、リハ前、後のミーティング
使用物品の維持、管理
他職種とのカンファレンス
各種勉強会
この職業・職種のここが良い 患者さんが楽しんだり、変わる瞬間に立ち会える。
人のために役に立っているかもしれない。
どんな経験も生きる可能性がある。
未発達な部分が多いため、発展する可能性がある。
自分が成長できる。
この職業・職種のここが悪い 徒弟制度そのままの実習(PTで自死した方が出たので変わるかもですが、、)。
個人の技量に頼った治療。
この職種に限らず、医療、福祉の専門家が持つ患者への偏見(しかし、自分は正しい、良い人間だと心から信じて疑わない人たち)。
現場から乖離した教育。
OT学会以外で学会発表しない、論文書かない、英語できない→厚労省へのアピール下手、世界の医療、福祉レベルからの遅れ。
賃金格差。
教育とセラピストの質が維持できていない。
知名度ない。
女性が多い職業だが、育休、産休が保証されていない現実。
一見おとなしいが、裏でごちゃごちゃ言う人多すぎ。
ある程度の年齢になると奢るのが普通になる。いや、5年目くらいから怪しい。
口には出さないが結局、みんな自分が一番正しいという暗黙の共通認識。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:18人中11人
投稿者名 777        投稿日時:2019/01/29 13:52:54
年齢・性別 40歳(男性)
年収 300万円以上400万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 2 [2点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
作業療法士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 精神科病院の作業療法部門
この職業・職種のここが良い 幸い今の職場は(ほとんど)残業なし。
他部門との関係もまずまず良好。
この職業・職種のここが悪い エビデンスないし、作業内容の目的なんて「目的を言ったもん勝ち」みたいなもんだと思う。
目的、やりがい、役割、作業分析だのなんだの言っても実施している内容がしょせん創作やレクでしょ。こんな職種が世間に認知されるわけない。遊んでるだけとしか思われない。実際に社会的地位も低い。

作業療法業界で頑張っても、診療報酬制度の縛りもあって作業療法の市場価値が低いから、今後の将来性も危うい。同年代の中人とあうと年収の話しなんか恥ずかしくてできない。
今は次のステップに向けて別の道を模索している。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:30人中25人
1  2  3  4  5  6  7  8     次へ>>

作業療法士の仕事の本音を投稿する

※すべて必須項目です。
※信憑性のない情報、公序良俗に反する投稿、同一人物による重複投稿・自作自演等は、削除させていただく場合がございます。

※作業療法士として現在仕事をしている方、もしくは過去に作業療法士をされていた方のみご入力ください。

投稿者名(ニックネーム)
性別      
年齢
この職業時の年収
給料 ←不満 1点    2点    3点    4点    5点    満足→
やりがい ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
労働時間の短さ ←長い 1点    2点    3点    4点    5点    短い→
将来性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
安定性 ←ない 1点    2点    3点    4点    5点    ある→
作業療法士のここが良い
作業療法士のここが悪い
仕事内容の詳細
作業療法士に対するあなたの状況

作業療法士とは

作業療法士(さぎょうりょうほうし、英語: Occupational therapist、略称:OT)は、医療従事者の一員である。理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるもののうちの一つ。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。 世界作業療法士連盟、2004 「作業療法」とは、作業を通して人々の健康と安寧を促進する方法である。 作業療法は、人々が日常生活を構成する作業に参加できるようにすることである。 作業療法の効果は、人々が意味を見いだした作業に参加できる程度によって判断される。 作業療法士は、個人や集団、あるいは心身に障害を持つ人々が、作業への参加が制約される問題を解決できる知識と技術を幅広く教育されている。 作業療法士は、人々の作業への参加が環境によって促進されることもあれば、制約されることもあると考えているため、作業をできるようにするために人間に加えてその環境も改変していく。

『出典:Wikipedia』


honne.bizでは、作業療法士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。作業療法士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。