体力錬成。事務仕事。各種整備。教育計画作成。服務指導。演習、...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 曹候#81        投稿日時:2018/09/30 08:00:56
年齢 56歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 体力錬成。事務仕事。各種整備。教育計画作成。服務指導。演習、射撃、武装走、格闘などの訓練。
この職業のここが良い 福利厚生が良い。
ゴールデンウィーク、盆休暇、年末年始休暇は10日以上ある。しかし、たまった代休の消化の為なのでむやみに多い訳ではない。年次休暇は年度末50日近く残るが、3月末日で30日に再設定される。
ボーナスが多い(これがないと貯金できない)
病気で仕事を長期間休んでも退職を強いられない。
人間関係に悩んだら職場を変えてもらえる。
この職業のここが悪い ここの書き込みで「寝てても給料がもらえる」と書いている人がかなり居るが誤解を生むので止めて欲しい。ただ、普通科連隊の日毎の業務割り当てで一般訓練になると午前16km走ってその後「身体の手入れ」で1時間ほど横になって休んだりする。午後は午後で1kmのレペテーションを10本やると準備体操と整理体操を入れても2時間ほどで終わってしまうので後は終礼まで「身体の手入れ」となるが、これは寝てても給料を・・のたぐいじゃないと思う。実際疲れ果てて身体が動かない。他の作業支援等あればもちろんやるが、休憩取ってもとやかく言われるものじゃないと思う。
自衛隊はその特殊性から基本的に24時間勤務を強いられる事も想定しているので、いつ何時命令指示があっても文句を言うつもりはないが、休日も気を抜けないのでニュース等は常にチェックしなければならない。
犯罪を犯した者は懲戒処分を受ける事は殆ど無く、口頭注意で終わる事が多い。外では前科一犯が付くが「服務事故」の一言で片付けられる。上層部が犯罪者の犯罪を一度見逃すと次の犯罪を犯した時も目をつぶる。なぜなら余罪が出て来た時に目をつぶった事が露見する事になり、何かとまずいからだ。
基本被害者が批判を受けたり、泣き寝入りして辞めていく。
訓練に創意工夫を入れたくても中々受け入れてもらえない。何を目的に訓練しているのか考えずやっている人が多いのではないか?
口が達者な人が多く、なぜかそういう人が評価される。本当に出来る奴はむやみに喋らない。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:10人中7人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。