施設職(電気)で働いています。町の電気工事屋さんの様な簡...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 曹で退職した(笑)        投稿日時:2019/01/07 01:11:16
年齢 34歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 1 [1点]
労働時間の短さ 2 [2点]
将来性 1 [1点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 施設職(電気)で働いています。
町の電気工事屋さんの様な簡単な電気工事から、高電圧の電気工事、その他電気に関するあらゆる仕事をしています。
私は電気主任技術者の資格持ちですので、それに係る業務も行っています。
この職業のここが良い 腐っても公務員なので安定はしてます。
電気を含めた施設職域(他に土木、消防、設備機械、給気)に関して言えば、業務遂行において資格が必要な仕事の為、資格の取得や実務経験を積むことができます。他の隊と違い、手に職をつけることができます。終業後の時間を有効に使い、資格の勉強に励んでいる隊員も見かけます。向上心のある人間にはもってこいな仕事です。
この職業のここが悪い ①努力が報われない所です。良い点で書かせていただかましたが、向上心のある人間にはもってこいな職場である一方、資格取得を果たしても、利益を感じられる評価はされません。クソみたいな賞状をもらい、終礼等で紹介され拍手されるくらいでしょうか(笑)
民間企業なら資格手当や選任手当などが支給されますが、自衛隊ではそんなものはありません。当たり前ですが、それでも責任の重さは同じです。やってられますか?

②現場で無資格のバカに指図されることです。施設職とは言ってもやはり自衛隊です。たとえ上位資格を持っていてその職種においては立場が上であっても、自衛官としての序列が下であれば、施設業務の現場では無資格のバカの指揮下に入り、言うことを聞かねばなりません。自衛隊の『資格軽視』の実態がよく分かりました(笑)

③怠惰な人間が得をする点です。資格取得などの成果に対する報酬がない為、目的意識を持たずその日暮らし的な毎日を送る方が得に感じます。その為、高い意識を持つ人程、辞めていく傾向にあると感じます。これは全ての職域に共通する話ですね。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:5人中4人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。