「国家」にご奉公しなければ組織なのに給料が下がったと言う輩が...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 愛国有罪        投稿日時:2012/11/02 18:54:30
年齢 65歳
年収 300万円以上400万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 5 [5点]
将来性 5 [5点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 「国家」にご奉公しなければ組織なのに給料が下がったと言う輩が多い。有事になれば無給で奉公しなければならない。給与は中学生なみの小遣いで十分。それで予算の9割を占める人件費が大幅に削減でき、必要な装備の研究開発に予算がまわせる。衣食住及びその他必要な経費は、「国家」が負担
階級問わず1人当たり年間最大500万までの上限を設ける
この職業のここが良い 貯蓄・借財状況の報告
必要以上に「個人情報」を報告しなければならない
緊急に備えて、ケータイは必須となるが、持っていないとなると無理やりにでも加入させられる。勿論、自腹にて購入
通話料もね。
指揮官に単身者が多いので、土・日・祝日の前後に訓練日程を入れ込むのが日が続く
この職業のここが悪い 草刈、穴掘り、ペンキ塗り等単純な作業で高い給料が支払われる。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:8人中2人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。