普段は所属中隊の係等の業務時間を作って体力...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 現役自衛官        投稿日時:2014/08/19 23:50:46
年齢 28歳
年収 300万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 3 [3点]
安定性 5 [5点]
自衛官に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 普段は所属中隊の係等の業務


時間を作って体力練成
演習場での訓練や検閲等をこなしながら、現在のような3ヶ月間の臨時の勤務等が仕事です。
教育に携わっていると、若い隊員の悩みや話をよく聞きます。
もうやめたい、入ったはいいが自分には合わない。と言ってすぐに音を上げる者も多くいますが、自衛官と言う仕事は、民間人が本当に苦しんでいるような状況で活躍しなくてはいけない仕事です。苦しいことに耐えられない人間が、その場面で役に立つはずがありません。
震災の時でも、苦しんでいる人に「大丈夫ですか?」と声をかけれないような人間が、人を助けられるわけがありませんから。もしも戦争になったとしても、死にたくなければ自分で生き抜く術を磨かないといけませんしね。そのために普段からきつい演習をしたり、厳しい規律を守ったりしているのです。
これから自衛官を志す人は、ほとんどの人は教育を受けるとは思いますが、たかが3ヶ月や6ヶ月で全てを悟ろうとしないで下さい。きっと自分が必要とされる時が来ます。その時に初めてやりがいというものを感じますから。
この職業のここが良い 現在、新入隊員の教育隊に臨時で3ヶ月間勤務中
新しい人材を育てることにやりがいを感じています。
震災時の災害派遣で、「ありがとう」と言われた時には素直にやりがいを感じました。
この職業のここが悪い ツルの一声に従うしかないところ、理不尽な命令も、受け入れることが必要。しかし、合理的ではないこともある為、それに耐えられないような人にはツライ仕事だと思う。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:13人中8人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。