気象関連の仕事を永くやっていました。(気象電計のネット...(自衛官の本音)

職業 自衛官
投稿者名 元航空自衛官        投稿日時:2014/11/03 12:15:08
年齢 77歳
年収 700万円以上800万円未満
給料 5 [5点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 4 [4点]
安定性 4 [4点]
自衛官に対する評価者の属性 過去にこの職種で働いていた
仕事内容の詳細 気象関連の仕事を永くやっていました。
(気象電計のネットワークに携わったのが一番の想い出)
デスクワークを最後に勤めて退官致しました。
この職業のここが良い 何といっても公務員です。国家に対しては損害を与えることがあるかも知れませんが、会社じゃないのでそんなに責められることはありません。定年が早いのでそこが少々難点でしょうが、体力がある程度必要なので止むを得ないでしょう。(この体力に含まれるのは、視力・聴力・機敏性・持久力etc)給料面では私が退官して20年も経っているので、現在はもっと良くなっていることでしょう。
やりがいは最後までもっていました。労働時間は24時間拘束されても当たり前と認識していましたのでね。
将来性云々については、個々人の考え方の問題でしょう。
この組織の中では自分の職務を全うするだけですから。
安定性はあるのではと考えますが、これも、人それぞれでしょう。
どうぞ航空自衛隊に入隊して自分の能力を十分に発揮して下さい。
この職業のここが悪い ここに投稿している人達のコメントを拝読しますと、殆ど陸上自衛隊の隊員の繰りごとのようです。声を大にして申しますが航空自衛隊では、まず考えられないことが殆どです。
航自では、能力が優れて人格的にも文句なしの人が大多数でした。勿論中には?の人が上官にも一般隊員にもいました。
皆さん自衛隊は特殊な社会・組織であることを忘れないでください。
あまりにも自衛隊を否定する様な投稿が多いので、投稿しました。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:11人中4人

honne.bizでは、自衛官の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。自衛官の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。