成年後見:コネなし開業組のメインとなる仕事。他士業及び...(司法書士の本音)

職業 司法書士
投稿者名 ranma        投稿日時:2015/05/03 12:09:40
年齢 36歳
年収 300万円未満
給料 1 [1点]
やりがい 3 [3点]
労働時間の短さ 1 [1点]
将来性 1 [1点]
安定性 1 [1点]
司法書士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 成年後見:コネなし開業組のメインとなる仕事。
他士業及び同業者との競争が激しいので、それほど仕事は回ってこない。当地では、リーガルから紹介される案件は1年に1件程度。1件受任して月2万円程度の収入は期待できる。たくさんの資産を保有している方の後見人に就任できれば、1件で月5万円以上の収入が期待できるが、そのようなおいしい案件はおおむね弁護士に独占されている。司法書士が担えるのは、あくまでも弁護士のおこぼれ案件、、そのおこぼれ案件の紹介すら食えない弁護士の増加により、減少傾向にある。

登記業務:古参、特認、二世はこれで食ってるね。
新規開業者には、なにそれっていう感覚。決済立会いなんて遠い遠い世界のおとぎ話のよう。それくらい現実感はないし仕事は回ってこない。

裁判・訴訟:弁護士になりたくてなりたくてしょうがなかったけど、なれなかった司法試験挫折組が、弁護士気分を味わうためにする仕事、てか趣味
この職業のここが良い マイペースに仕事ができる
この職業のここが悪い 収入が少ない
結婚ができない
孤独
収入がものすごく少ないわりに拘束時間は長い(コネなし開業組は当然一人事務所なので、営業・広告・総務・事務・会務等々すべて一人でしなければならず常に時間が足らない)
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:45人中31人

honne.bizでは、司法書士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。司法書士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。