主に公的評価。3年に一回程度、一般鑑定あり。以前は財...(不動産鑑定士の本音)

職業 不動産鑑定士
投稿者名 ゲロゲロオヤジ        投稿日時:2016/09/24 21:05:23
年齢 51歳
年収 500万円以上600万円未満
給料 3 [3点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 4 [4点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
不動産鑑定士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 主に公的評価。
3年に一回程度、一般鑑定あり。
以前は財務局の入札評価を荒らしていたが、荒らし過ぎて天罰を食らったため、5年前に撤退した。
この職業のここが良い 公的評価があるため、最低限の収入は保障されている。69歳までは地価公示に携われるので年金がなくても生活は可能。経済学と会計学が試験科目にあるため、金融資産への投資の素養が養われるし、青色申告程度は独力で対応可能。
この職業のここが悪い 最低収入があるため、仕事に対する問題意識や開拓意識が低い。事例の閲覧制度が確立されてしまったため、横の繋がりが薄くなった。県士協会の委員会活動にも携わってみたが意味がないと判断して10年以上前に撤退した。現在、所属する分科会メンバ-のみとの薄っぺらい人間関係が成立している。逆に煩わしさはないからいいかもしれないが。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:14人中9人

honne.bizでは、不動産鑑定士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。不動産鑑定士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。