・土地建物の鑑定・地代、家賃等の鑑定・地価公示、...(不動産鑑定士の本音)

職業 不動産鑑定士
投稿者名 ぼたもち        投稿日時:2012/07/24 08:49:24
年齢 39歳
年収 1000万円以上1200万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 2 [2点]
不動産鑑定士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 ・土地建物の鑑定
・地代、家賃等の鑑定
・地価公示、地価調査、国税、固定資産等
・競売
・訴訟鑑定、現物出資、売買、価格調査等
・資格で食える時代は終わった。
この職業のここが良い ・公的な仕事(競売、国税、固定、路線価等)をGETできれば毎年安定した仕事がある
・都会と地方では同じ資格でも仕事の内容が全く違う。
常に新しい仕事ができるのが都会。昔ながらの地方の名士で先生商売できるのが地方。(今はもう無理かな)
・他の資格業と同じく、粗利が高い。(仕入れはパソコン、コピー、A4用紙くらい)
・繁忙期と閑散期が比較的はっきりしているので予定が立てやすい。
この職業のここが悪い ・公的な仕事は先細りほぼ確定
・仕入れが限りなくゼロに近いので、アホ鑑定士ほど入札で廉価販売する
・監督官庁が上から目線で圧力かけてくる。
・分科会の幹事や鑑定官が嫌な奴だと腹立つ。
・異常に会議や打ち合わせが多い。
・仕事は細かくなり、責任は重たくなるのに、報酬は下がる一方。
・「競争=報酬下げる」ことだと思っている鑑定士や役人が多すぎる
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:17人中9人

honne.bizでは、不動産鑑定士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。不動産鑑定士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。