航海当直(船舶運航責任者)としての業務詳細は一日…8時...(航海士の本音)

職業 航海士
投稿者名 某3等航海士        投稿日時:2009/01/09 12:43:56
年齢 22歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 4 [4点]
やりがい 5 [5点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 5 [5点]
安定性 4 [4点]
航海士に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 航海当直(船舶運航責任者)としての業務
詳細は一日…8時間(朝と夜に4時間ずつ)で当直を行う。

基本的には、一人の部下を伴い船を4時間責任者として運行し、航行させる。
万が一事故を起こすと、年齢階級のいかんに関わらず、担当当直航海士の責任となる。

また、近年は船上の書類整理などデスクワークも多い。

さらに、船体のペンキ塗装や、さび剥がしなどの整備作業も重ねて行う。

賞味、一日8時間以上働いているといえる。
この職業のここが良い 長期の勤務は、大変ですがまとまった休みがもらえる(大体、内航船で一か月、外航船で三か月程度)が魅力的です。

乗船中は、食事等の福利厚生は船社が負担してくれるため、タバコ、酒などの嗜好品等のお金以外はかかりません。

外航船員の場合、約八か月の乗船勤務を終えて下船すると手元に約400万円のお金があるわけです。
※休暇中も基本給(25万円前後)は必ずもらえます。

また、航海士の資格(海技士という)は、終身資格なので一度取得してしまえば、一生ものの資格となります。

最後になりましたが、大海原と戦い、海を航る士(海をわたるサムライ)として、航海士という仕事は、まさに男のロマン、やりがいに満ちた仕事です。
この職業のここが悪い 長期乗船のため体調に十分注意しなければならず、体調を崩した場合細かなアクションが取りにくい。

女性との出会いが少ない職場であるといえる。

慢性的な日本人船員不足、日本船社の外国人船員の採用が著しい。(日本人外航船員は、女性自衛官の総数より少ない)

外航船社に多いが、ある程度のお金を稼ぐと若い船員は、勤務の過酷さを理由に転職してしまうことが多いため、経験の豊富な船長などの幹部職員の育成が大変難しい。
この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:47人中42人

honne.bizでは、航海士の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。航海士の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。