一般撮影、X線CT、MRI、ポータブル撮影、オペ室透視等現在...(診療放射線技師の本音)

職業 診療放射線技師
投稿者名 鬱になりそう        投稿日時:2012/07/24 21:51:40
年齢 38歳
年収 400万円以上500万円未満
給料 2 [2点]
やりがい 4 [4点]
労働時間の短さ 3 [3点]
将来性 2 [2点]
安定性 3 [3点]
診療放射線技師に対する評価者の属性 現在この職種で働いている
仕事内容の詳細 一般撮影、X線CT、MRI、ポータブル撮影、オペ室透視等
現在、技師6名、整形外科中心の病院です。
以前は当直ありましたが、現在は待機制です。
技師長クラスは書類整理等の雑業務。
地下に放射線室があるため他部署から、モグラと言われています。
この職業のここが良い やる気があれば色々な専門分野を勉強する事が出来る。
撮影技術が良ければ医師に頼りにされる。
職場により学会発表や研究が出来る。
職場にもよるが比較的、有給、代休が取りやすい。
病院や診療所等、就職さえ出来ればそこそこ食べてはいける。
この職業のここが悪い 待機や当直等で拘束される。自分の自由時間が少ない。
国家資格なのに准看護師より資格手当、待機手当等が安い。
医師や看護師のイライラや不満のはけ口にされる。
仕事に遅れが出るといつも暇にしている、さぼっていると思われ、他部署になめられているとしか思えない。
チーム医療と言われているが格付けは一番下か立場は非常に弱い。
がんばった所で認められる事は少ない、感謝もされない。
重大事故(MRIの吸引事故)等を起こすと即解雇。
職場の不満等を言っても相手にされない。
就職、転職は難しい。

この評価が参考になりましたか? 
参考になった人の数:19人中17人

honne.bizでは、診療放射線技師の職種に対する本音や、年収・給料などの賃金に関する満足度を集計している情報サイトです。診療放射線技師の、就職活動や転職活動、それに関連する資格試験や資格取得などに当サイトをお役立てください。